デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.495-497(DK210085k) ページ画像

明治32年12月11日(1899年)

是ヨリ先、上海商業会議所ヨリ当会議所ニ対シテ、呉淞河口保護局設置ニ就キ尽力ヲ依頼シ来リタルガ、是日栄一当会議所会頭トシテ、同局ノ設置ニ関シ外務大臣子爵青木周蔵・農商務大臣曾禰荒助ニ建議ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三二年(DK210085k-0001)
第21巻 p.495-496 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三二年     (渋沢子爵家所蔵)
 - 第21巻 p.496 -ページ画像 
十二月八日 曇
○上略 午後四時商業会議所臨時会開ク ○下略

東京商業会議所月報 第八九号・第三―四頁 明治三三年一月 【○明治三十二年十二月…】(DK210085k-0002)
第21巻 p.496 ページ画像

東京商業会議所月報  第八九号・第三―四頁 明治三三年一月
○明治三十二年十二月八日、本会議所ニ於テ第八十八回臨時会議ヲ開ク、当日ノ出席者左ノ如シ
 星野錫君 ○外十九名氏名略
午後五時四十分開議、渋沢会頭意見アリテ議席ニ着キ、副会頭大倉喜八郎君議長トナリ、左ノ件々ヲ議事ニ附シ、午後六時閉会ス
○中略
 一呉淞河口保護局設置ノ義ニ付上海商業会議所ヨリ照会ノ件
                      (同上 ○役員会議提出)
本件ハ、役員会議ノ意見ノ如ク、外務・農商務両大臣ニ建議スルニ決ス


東京商業会議所月報 第八九号・第四頁 明治三三年一月 【○同月 ○明治三二年…】(DK210085k-0003)
第21巻 p.496 ページ画像

東京商業会議所月報  第八九号・第四頁 明治三三年一月
○同月 ○明治三二年一二月十二日、呉淞河口保護局設置ノ義ニ付、外務・農商務両大臣ヘ建議書ヲ進達ス(建議書ノ全文ハ参照ノ部第四号ニ掲載ス)


東京商業会議所月報 第八九号・第一一頁 明治三三年一月 【○参照 ○第四号 明治三十二年十…】(DK210085k-0004)
第21巻 p.496 ページ画像

東京商業会議所月報  第八九号・第一一頁 明治三三年一月
 ○参照
○第四号
 明治三十二年十二月十二日、呉淞河口保護局設置ノ義ニ付、外務・農商務両大臣ヘ進達セシ建議書ノ全文ハ左ノ如シ
    清国呉淞河口保護局設置ニ関スル義ニ付建議
清国呉淞河口ニ於ケル沙洲ガ其出入船舶ヲ障クル為メ上海貿易ニ不利ヲ与フル事少カラサルハ、本会議所ノ疾ニ聞ク所ナリ、上海商業会議所カ此ノ不利ヲ避クルノ一策トシテ、今回本会議所ヘ照会シ来レル別紙河口保護局設立ノ方案ハ、清国貿易ニ密接ノ関係ヲ有スル我国人ノ最モ注目スヘキモノニシテ、其方案ノ大体ハ本会議所ノ大ニ賛成スル所ナリ、想フニ該方案ニ関シテハ、既ニ清国駐在ノ我公使ヨリ閣下ニ稟議セラレタル所アルナルベシ、本会議所ハ閣下カ之ニ対シテ相当ノ訓令ヲ伝ヘラレ、速ニ其実行セラルヽニ至ラン事ヲ切望ス、但シ河口保護局ノ構成ニ至テハ、例ヘハ船舶運漕業者カ指名スル代表者ノ員数ノ如キ、原案ニ二名トアルヲ少クモ四名以上ト改ムルト云フカ如ク、十分ニ我国当業者ノ利害ヲ代表スルヲ得セシムルノ組織ト為スヲ必要トスルカ故ニ、併セテ閣下ノ此ニ留意セラレン事ヲ望ム
右本会議所ノ決議ニ依リ別紙写相添、此段建議仕候也
  明治三十二年十二月十一日
            東京商業会議所会頭 渋沢栄一
    外務大臣 子爵 青木周蔵殿
                  (各通)
    農商務大臣   曾禰荒助殿
   ○別紙ヲ欠ク。

 - 第21巻 p.497 -ページ画像 

第九回東京商業会議所事務報告 第一一頁 明治三三年四月刊(DK210085k-0005)
第21巻 p.497 ページ画像

第九回東京商業会議所事務報告  第一一頁 明治三三年四月刊
一呉淞河口保護局設置ノ義ニ付、外務大臣・農商務大臣ヘ建議ノ件
 本件ハ明治三十二年八月二十六日附ヲ以テ上海商業会議所ヨリノ照会ニ係リ、其要旨ハ呉淞河口改修ノ為メ、河口保護局ヲ設置シタキニ依リ、賛成ノ上同局設置ノ必要ナル所以ヲ日本政府ヘ開陳セラレタシト云フニ在リ、仍テ之ヲ明治三十二年十二月八日第八十八回ノ臨時会議ニ附シタルニ、其大体ヲ賛成シ、建議案ノ起草並提出方ハ役員会議ニ一任スルコトニ決シ、其後役員会議ニ於テ起草ノ上同月十一日附ヲ以テ左ノ如ク外務・農商務両大臣ニ建議セリ
   ○建議文ハ月報所載ノモノト同一ニツキ略ス。