デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.509-510(DK210087k) ページ画像

明治32年12月21日(1899年)

是日栄一当会議所会頭トシテ、清国ヘ専門委員ヲ派シテ鉄道・鉱山ニ就キ技術的ノ調査ヲナサシメンコトヲ外務大臣子爵青木周蔵・農商務大臣曾禰荒助ニ建議ス。


■資料

第九回東京商業会議所事務報告 第一〇―一一頁 明治三三年四月刊(DK210087k-0001)
第21巻 p.509-510 ページ画像

第九回東京商業会議所事務報告  第一〇―一一頁 明治三三年四月刊
一清国ヘ技師派遣ノ義ニ付外務大臣・農商務大臣ニ建議ノ件
 本件ハ本会議所ヨリ第八回商業会議所聯合会ヘ提出シテ其可決ヲ得タルモノニ係リ、其要旨ハ清国ヘ専門技師ヲ派遣シ、其鉄道・鉱山ニ就キ技術的ノ調査ヲ為サシメンコトヲ、各商業会議所ハ其筋ニ建議スヘシト云フニ在リ、仍テ之ヲ明治三十二年十二月八日第八十八回ノ臨時会議ニ附シタルニ其可決ヲ得、建議案ノ起草並提出方ハ役員会議ニ一任スルコトヽナリ、其後役員会議ニ於テ起草ノ上、同月二十一日附ヲ以テ左ノ如ク外務・農商務両大臣ニ建議セリ
    清国ヘ技師派遣ノ義ニ付建議
従来政府カ清国ヘ視察員ヲ派遣セラレタルコト一再ニ止マラスト雖モ其調査ハ概ネ一時ノ概観的ニ属シ、鉄道・鉱山ノ如キ特種ノ事業ニ就キ技術的ノ調査ヲ為サシメタル例ハ絶無ト云フモ誣言ニ非ス、抑モ清国ニ於ケル鉄道及ヒ鉱山ハ欧洲列国ノ夙ニ属目スル所ニシテ、現時専ラ力ヲ其経営施設ニ致シツヽアルニ拘ハラス、利害ノ関係最モ密切ナル我国ニシテ却テ之ヲ等閑ニ附スルハ豈ニ遺憾ノ甚シキニアラスヤ、依テ政府ハ此際専門ノ技師ヲ清国ニ派遣シテ精細ニ是等ノ事業ヲ調査セシメ、以テ我国民企業上ノ参考ニ資セラレ、特ニ今後当業者カ右等実況ヲ視察スル為メ渡清スルカ如キ際ニハ可成調査ノ資料ヲ給シ、充分ノ便利ヲ与ヘラレンコトヲ望ム、果シテ然ルトキハ之カ為ニ国民ノ智見ヲ開発シ、我国実業ノ発達ニ裨補スル所少カラサルヲ信スルナリ蓋シ此事タル固ヨリ一時ノ成効ヲ期スヘキニアラス、故ニ先ツ調査期間ヲ少クモ二・三年トシ、其区域ノ如キハ土地ノ情況ヨリ数部ニ分チ各部ニ一人若クハ数人ノ技師ヲ派遣シ、各技師ヲシテ此期間中其担当区域内ニ属スル事業ニ就キ常ニ詳密ノ観察ヲ遂ケシメ、猶必要ノ場合ニ於テハ臨機其調査ノ結果ヲ報告セシメラレンコトヲ要ス、閣下請フ速ニ本建議ヲ採納セラレンコトヲ
右本会議所ノ決議ニ依リ建議仕候也
  明治三十二年十二月二十一日
 - 第21巻 p.510 -ページ画像 
           東京商業会議所会頭 渋沢栄一
    外務大臣 子爵 青木周蔵殿
                  (各通)
    農商務大臣   曾禰荒助殿
   ○本資料第二十二巻所収「商業会議所聯合会」明治三十二年十月十六日ノ条参照。