デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.530-531(DK210093k) ページ画像

明治33年5月7日(1900年)

是日栄一当会議所会頭トシテ、フイラデルフイア商品陳列館、同館長ウヰリアム・ピー・ウヰルソン、同館外国部長ウヰルフレツド・エーチ・スコツフヲ当会議所名誉通信員ニ推薦ス。


■資料

東京商業会議所月報 第九〇号・第一頁 明治三三年二月 【○同月同日 ○一月六…】(DK210093k-0001)
第21巻 p.530 ページ画像

東京商業会議所月報  第九〇号・第一頁 明治三三年二月
○同月同日 ○一月六日 本会議所名誉会員若クハ通信員タルノ特典請求ノ義ニ付、費府商品陳列館ヨリ照会書ヲ接受ス(照会書ノ全文ハ参照ノ部第二号ニ掲載ス)


東京商業会議所月報 第九〇号・第三頁 明治三三年二月 【○参照 第二号 明治三十三年一…】(DK210093k-0002)
第21巻 p.530 ページ画像

東京商業会議所月報  第九〇号・第三頁 明治三三年二月
 ○参照
第二号
 明治三十三年一月六日、費府商品陳列館ヨリ接受セシ本会議所名誉会員若クハ通信員ニ推薦ニ関スル照会書ノ全文ハ左ノ如シ
(訳文)
拝啓陳者国際商業ノ伸張ヲ期図セントスル希望ニ依リ、先般貴会議所ヲ我国際商議局ノ会員ニ推薦仕リ、弊館ニ関スル総テノ便宜ヲ御付与申置候処、弊館ノ業務ニ関シ幸ニ御尽力被成下奉謝候、就テハ尚ホ一層相互ノ関係ヲ密接ナラシメンガ為メ、貴会議所ニ於テモ費府商品陳列館、同館長「ドクトル、ウヰリアム、ピー、ウヰルソン」並同館外国部長「ウヰルフレツド、ヱーチ、スコツフ」ニ貴所ノ名誉会員若クハ通信会員タルノ特典ヲ許与セラレ度、右御許与被成下候ニ於テハ推薦状御送附有之度、此段得貴意候也
  一千八百九十九年十一月廿九日
                    費府商品陳列館
    東京商業会議所書記長殿


渋沢栄一 日記 明治三三年(DK210093k-0003)
第21巻 p.530-531 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三三年     (渋沢子爵家所蔵)
三月七日 晴
 - 第21巻 p.531 -ページ画像 
此日ハ商業会議所臨時会当日ナルモ風邪ノ為出席ヲ謝絶ス


東京商業会議所月報 第九二号・第六〇―六一頁 明治三三年四月 【明治三十三年三月七日…】(DK210093k-0004)
第21巻 p.531 ページ画像

東京商業会議所月報  第九二号・第六〇―六一頁 明治三三年四月
明治三十三年三月七日、本会議所ニ於テ第八十九回臨時会議ヲ開ク、当日ノ出席者左ノ如シ
 末延道成君 ○外二十四名氏名略
午後五時四十五分開議、渋沢会頭事故アリ欠席ニ付、副会頭大倉喜八郎君議長席ニ着キ、左記ノ件々ヲ議事ニ附シ、午後七時二十五分閉会ス
○中略
 一費府商品陳列館ヨリ照会ニ係ル本会議所名誉会員若クハ通信会員タルノ特典請求ノ件 (役員会議提出)
本件ハ役員会議ノ提出ニ係リ、其要旨ハ費府商品陳列館ヨリ、同館・同館長・同館外国部長ニ東京商業会議所ノ名誉会員若クハ通信会員タルノ特典ヲ許与セラレタキ旨請求シ来リタルニ依リ、之ヲ諾シテ本会議所名誉通信員ニ推薦スル事トセント云フニ在リ、審議ノ末全会一致ヲ以テ之ヲ可決ス


東京商業会議所月報 第九四号・第三頁 明治三三年六月 【○同月 ○五月八日、…】(DK210093k-0005)
第21巻 p.531 ページ画像

東京商業会議所月報  第九四号・第三頁 明治三三年六月
○同月 ○五月八日、費府商品陳列館・同館長・同外国部長ヘ本会議所名誉通信員推薦状ヲ発送ス(推薦状ノ全文ハ参照ノ部第一号ニ掲載ス)


東京商業会議所月報 第九四号・第三頁 明治三三年六月 【参照 第一号 明治三十三年…】(DK210093k-0006)
第21巻 p.531 ページ画像

東京商業会議所月報  第九四号・第三頁 明治三三年六月
    参照
○第一号
 明治三十三年五月八日、費府商品陳列館・同館長・同館外国部長ヘ発送セシ推薦状ノ全文ハ左ノ如シ
    推薦状 (用紙大高檀紙)
東京商業会議所ハ其決議ヲ以テ(費府商品陳列館、同館長ドクトル、ウヰリアム、ピー、ウヰルソン君、同外国部長ウヰルフレツド、エーチ、スコツフ君)ヲ同商業会議所ノ名誉通信員ニ推薦ス(此推薦状ハ各通トシ別ニ英訳文一通ヅヽヲ添附ス)
  明治三十三年五月七日
                東京商業会議所
                   会頭 渋沢栄一
   ○本巻明治三十一年六月二十三日、同三十二年七月二十二日ノ両条参照。