デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.555-557(DK210101k) ページ画像

明治33年7月28日(1900年)

是ヨリ先、東京市長ヨリ東京湾築港ニ関スル意見ヲ求メラレシニヨリ、是日ノ会議ニ於テ委員ヲ挙
 - 第21巻 p.556 -ページ画像 
ゲテ調査ヲ附託スルニ決ス。栄一調査委員長タリ。


■資料

第十回東京商業会議所事務報告 第一八―一九頁 明治三四年四月刊(DK210101k-0001)
第21巻 p.556 ページ画像

第十回東京商業会議所事務報告  第一八―一九頁 明治三四年四月刊
一東京築港ノ義ニ付東京市長ヨリ照会ノ件
 本件ハ明治三十三年六月十八日附ヲ以テ、東京市長ヨリノ照会ニ係リ、其要旨ハ東京ノ築港ハ本市商工業ト密接ノ関係アルヲ以テ、審査ノ上意見ヲ回示アリタシト云フニ在リ、仍テ之ヲ七月二十八日第九十五回ノ臨時会議ニ附シタルニ、審議ノ末委員十五名ヲ設ケテ調査ヲ附託スルニ決シ、且ツ委員中一名ハ会頭之ニ任シ、其他ハ議長之ヲ指名スヘシト決シタルニ付、議長ハ左ノ諸君ヲ委員ニ指名シタリ
               委員長 渋沢栄一君
                   加藤正義君
                   井上角五郎君
                   池田謙三君
                   上田安三郎君
                   説田彦助君
                   松本忠次郎君
                   岩出惣兵衛君
                   森清右衛門君
                   中沢彦吉君
                   岩田作兵衛君
                   野中万助君
                   中村清蔵君
                   渡辺洪基君
                   田口卯吉君
 其後委員ニ於テ調査中ニ付、追テ報告ヲ得タル上更ニ会議ニ附スル見込ナリ


渋沢栄一 日記 明治三三年(DK210101k-0002)
第21巻 p.556 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三三年     (渋沢子爵家所蔵)
七月廿八日 曇
○上略 午後四時前東京商業会議所ニ抵ル、五時東京湾築港問題ニ関スル議事ヲ開ク、調査委員長星亨氏出席シテ沿革及企望ヲ述フ ○下略


第十一回東京商業会議所事務報告 第六五頁 明治三五年四月刊(DK210101k-0003)
第21巻 p.556-557 ページ画像

第十一回東京商業会議所事務報告  第六五頁 明治三五年四月刊
一調査委員補欠選挙ノ件
 明治三十四年二月二十八日、第百三回臨時会議ニ於テ東京築港ノ件調査委員ノ補欠選挙ヲ行ヒシニ、全会一致ヲ以テ其指名ヲ会頭ニ委託スルニ決シ、其後会頭ハ左ノ如ク指定シタリ
  委員長 渋沢栄一君
   欠  加藤正義君   補 加藤正義君
   欠  井上角五郎君  補 井上角五郎君
   欠  池田謙三君   補 池田謙三君
   欠  上田安三郎君  補 朝吹英二君
 - 第21巻 p.557 -ページ画像 
      説田彦助君
   欠  松本忠次郎君  補 松本忠次郎君
      岩出惣兵衛君
      森清右衛門君
   欠  中沢彦吉君   補 中沢彦吉君
   欠  岩田作兵衛君  補 梅浦精一君
      野中万助君
      中村清蔵君
      渡辺洪基君
   欠  田口卯吉君   補 田口卯吉君


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK210101k-0004)
第21巻 p.557 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三四年     (渋沢子爵家所蔵)
二月廿八日 晴
○上略 午後二時商業会議所臨時会ニ出席ス ○下略
   ○東京市長ヨリノ照会按及ビ当会議所ノ調査書ハ欠除シテ不明ナリ。明治三十三年六月八日東京市会ハ継続十二年事業トシテ東京湾築港ヲ施行スルニ決シテ築港調査常設委員ヲ設置シ、同月十六日以降栄一外九名ニ築港調査協議委員ヲ嘱託シ、十八日築港準備調査事項ヲ定メタリ。(東京市史稿港湾篇第四)当会議所ノ調査モ之ト関係アリシモノナラン。
   ○東京湾築港ノ沿革ニ就イテハ第二編第二部第六章政治・自治行政中「東京市区改正及ビ東京湾築港」ノ条参照。
   ○本資料第十八巻所収「東京商工会」明治二十年十月二十日、第十九巻所収「東京商工会」明治二十一年一月二十七日ノ条、並ニ第二十巻所収「東京商業会議所」明治二十八年八月十二日ノ条参照。