デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.590-591(DK210104k) ページ画像

明治33年10月26日(1900年)

是日栄一当会議所会頭トシテ、釜山居留地内ニ米豆取引所ヲ設置スルノ儀ニ就キ、外務省通商局長杉村濬ノ照会ニ対シ回報ス。十一月五日同局長ヨリ謝状ヲ受ク。


■資料

第十回東京商業会議所事務報告 第一三頁 明治三四年四月刊(DK210104k-0001)
第21巻 p.590 ページ画像

第十回東京商業会議所事務報告  第一三頁 明治三四年四月刊
一釜山居留地内ヘ米豆取引所設置ノ義ニ付外務省通商局長ヨリ照会ノ件
 本件ハ明治三十三年四月四日附ヲ以テ外務省通商局長ヨリノ照会ニ係リ、其要旨ハ、釜山港貿易商十数名ヨリ米豆取引所設立認可申請書ヲ同港領事ヘ提出シ、領事ハ該港ノ重ナル実業者ニ諮問ノ上多数ノ希望ナルヲ以テ許可スヘキ意見ナレトモ、同港ハ本邦ニ向テ米豆ノ輸出ニ密接ノ関係ヲ有スルニ付、参考ノ為メ貴会議所ノ意見ヲ承知シタシト云フニ在リ、仍テ市内ノ重モナル当業者ノ意向ト該港ニ於ケル実際ノ状況トヲ取調ノ末、十月二十三日第九十六回臨時会議ニ附シタルニ其ノ可決ヲ得タルニ付、同月二十六日附ヲ以テ左ノ如ク回報シタリ
  本年四月四日附ヲ以テ御照会有之候釜山港居留地内ニ米豆取引所ヲ設置スルノ件ハ其後種々遂調査候処、本会議所ノ意見ハ、元来取引所ハ商業上必要ノ機関ナルニ付、韓国釜山ノ如キ従来米豆ノ集散地ニシテ特ニ本邦トノ取引上ノ関係ヲ有スル土地ニ於テ、基礎極メテ鞏固ナル取引所ヲ設置シ得ルトキハ本邦当業者ノ便益尠少ナラザルヘシト雖トモ、若シ其取引所ノ基礎薄弱ニシテ、例ヘハ本邦当業者カ之ト売買取引ヲ為スニ当リ受渡ノ契約ヲ履行スルヲ得サルカ如キ事有之候テハ仮令之ヲ設置スルモ寸毫ノ便益無之寧ロ之ヲ設置セサルノ優レルニ若カサルヘシト云フニ帰着仕候間本件ノ許否ヲ決定セラルヽニハ、特ニ此点ニ就キ充分ノ詮議ヲ遂ケラレ度希望仕候、此段本会議所ノ決議ニ依リ御回報申上候也
   明治三十三年十月二十六日
          東京商業会議所会頭 男爵 渋沢栄一
    外務省通商局長 杉村濬殿


東京商業会議所報告 第九八号・第六頁 明治三三年一一月刊(DK210104k-0002)
第21巻 p.590 ページ画像

東京商業会議所報告  第九八号・第六頁 明治三三年一一月刊
○十一月五日韓国釜山ヘ米豆取引所設立ノ件ニ付外務省通商局長ヨリ謝状ヲ接受ス(謝状ノ全文ハ参照ノ部第四号ニ掲載ス)


東京商業会議所報告 第九八号・第一四―一五頁 明治三三年一一月刊(DK210104k-0003)
第21巻 p.590-591 ページ画像

東京商業会議所報告  第九八号・第一四―一五頁 明治三三年一一月刊
 - 第21巻 p.591 -ページ画像 
 ○参照
○第四号
 明治三十三年十一月五日、韓国釜山ヘ米豆取引所設立ノ件ニ付、外務省通商局長ヨリ接受セル謝状ノ全文ハ左ノ如シ
拝啓陳者釜山港帝国居留地ニ米豆取引所ヲ設立スル利害ニ関シ、去月二十六日付発第一三四号ヲ以テ貴会議所ノ御意見御回報ノ趣了悉致候本件ニ就テハ嚮ニ農商務省ノ意見モ有之、旁認可ノ義ハ被見合候事ニ取計置候ヘトモ、尚御回報ノ趣旨並ニ貴会議所カ本件ヲ調査セラレタル顛末ハ委細在同地帝国領事ヘ可及通知候、貴会議所ニ於テ右調査ノ労ヲ執ラレシハ本官ノ深ク感謝スル処ニ有之候、此段及回答候 敬具
  明治三十三年十一月二日
              外務省通商局長 杉村濬
   東京商業会議所会頭
    男爵 渋沢栄一殿