デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.673-676(DK210117k) ページ画像

明治34年5月5日(1901年)

皇太孫御降誕ニ付、是日栄一当会議所会頭トシテ、宮城ヘ参内シテ賀表ヲ上リ、夫ヨリ東宮御所ヘ参内シテ賀牋ヲ上ル。


■資料

東京商業会議所報告 第一〇二号・第一〇頁 明治三四年一二月刊(DK210117k-0001)
第21巻 p.673 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇二号・第一〇頁 明治三四年一二月刊
○第百八十三回役員会議 五月三日開
 出席者
  渋沢喜作君   加藤正義君
午前十時三十分開議、左ノ事項ヲ協議セリ
 一 親王(○裕仁親王 四月二九日)御降誕ニ付、明四日特ニ臨時会議ヲ開キ賀表奉呈ノ件ヲ議事ニ附スル事
午前十一時閉会


東京商業会議所報告 第一〇二号・第一〇頁 明治三四年一二月刊(DK210117k-0002)
第21巻 p.673-674 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇二号・第一〇頁 明治三四年一二月刊
○第百八十四回役員会議 五月四日開
 出席者
  渋沢喜作君    長尾三十郎君
 - 第21巻 p.674 -ページ画像 
  雨宮敬次郎君   加藤正義君
  中村清蔵君
午後三時三十分開議、左ノ事項ヲ協議セリ
 一 親王御降誕ニ付宮城並ニ東宮御所ヘ上ルヘキ賀表・賀牋ハ左ノ如ク定案シ、本日ノ臨時会議ニ提出スル事
   (賀表・賀牋文案ハ会議ノ部ニ掲ケタルヲ以テ之ヲ略ス)
   御命名式ノ当日(明五日)祝意ヲ表スル為メ左ノ設備ヲ為スモノトシ、本日ノ臨時会議ニ之ヲ報告スル事
   (一) 正面入口ニ大国旗ヲ交叉ス
   (二) 往来ニ面シタル一階及二階ノ窓口八十余ケ所ニ各小国旗ヲ交叉ス
   (三) 夜ニ入リ正面入口ニ『奉祝』ノ文字ヲ表出シタル花瓦斯ヲ点ス
○中略
午後四時閉会
   ○栄一、此頃長野・新潟・福島三県下巡遊中ニシテ、五月四日夜帰京ス。


東京商業会議所報告 第一〇二号・第一―二頁 明治三四年一二月刊(DK210117k-0003)
第21巻 p.674-675 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇二号・第一―二頁 明治三四年一二月刊
○第百六回臨時会議 明治三十四年五月四日開
 出席者
  森清右衛門君 ○外十九名氏名略
午後四時三十分開議
会頭渋沢栄一君欠席ノ為メ、副会頭渋沢喜作君議長席ニ就キ、先ツ左ノ件ヲ報告ス
 一 今般 親王御降誕ニ付、渋沢副会頭ハ会頭代理トシテ、去二日午前十一時宮城並ニ東宮御所ニ参賀シタリ
 一 御命名式ノ当日祝意ヲ表スル為メ、左ノ設備ヲ為ス筈ナリ
   一 正面入口ニ大国旗ヲ交叉ス
   二 往来ニ面シタル一階及二階ノ窓口八十余ケ所ニ各小国旗ヲ交叉ス
   三 夜ニ入リ正面入口ニ『奉祝』ノ文字ヲ表出シタル花瓦斯ヲ点ス
次ニ議長ハ 親王御降誕ニ付賀表奉呈ノ件ヲ議事ニ附シタルニ、満場一致ヲ以テ之ヲ可決シ、宮城並ニ東宮御所ヘ左ノ賀表及賀牋ヲ奉呈スルニ決ス
 (宮城ヘ上ル分)

図表を画像で表示--

  謹奉賀  皇孫殿下御降誕  右御執奏被成下度候   明治三十四年五月五日    東京商業会議所会頭     正四位勲四等 男爵 渋沢栄一   宮内大臣 子爵 田中光顕殿 



 - 第21巻 p.675 -ページ画像 
 (東宮御所ヘ上ル分)

図表を画像で表示--

  謹奉賀  親王殿下御降誕  右言上被成下度候   明治三十四年五月五日    東京商業会議所会頭     正四位勲四等 男爵 渋沢栄一   東宮太夫《(マヽ)》 侯爵 中山孝麿殿 



午後四時四十五分閉会


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK210117k-0004)
第21巻 p.675 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三四年     (渋沢子爵家所蔵)
四月五日《(五月)》 曇
○上略 二時宮内省及青山東宮御所ニ抵リ 皇孫降誕ノ御慶事ヲ拝賀シ賀表ヲ上ル ○下略


東京商業会議所報告 第一〇二号・第二頁 明治三四年一二月刊(DK210117k-0005)
第21巻 p.675 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇二号・第二頁 明治三四年一二月刊
○第百七回臨時会議 八月二十日開
 出席者
  森清右衛門君 ○外二十名氏名略
午前九時五分開議
会頭渋沢栄一君議長席ニ就キ、先ツ左ノ件々ヲ報告ス
○中略
 一 皇孫御降誕ニ付賀表奉呈ノ件
   明治三十四年五月四日臨時会議ノ決議ニ基キ、渋沢会頭ハ翌五日午後一時宮城ヘ参上シ賀表ヲ上リ、夫ヨリ東宮御所ヘ参上シ賀牋ヲ上リタリ
○中略
午前十時十分閉会


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK210117k-0006)
第21巻 p.675 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三四年     (渋沢子爵家所蔵)
八月廿日 晴
午前八時東京商業会議所臨時会ヲ開ク ○下略
   ○尚翌三十五年六月二十五日、雍仁親王、後チノ秩父宮御降誕ニ際シテノ当会議所ノ記録次項ノ如シ。



〔参考〕東京商業会議所報告 第一〇三号・第一二―一三頁 明治三五年一二月刊(DK210117k-0007)
第21巻 p.675-676 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇三号・第一二―一三頁 明治三五年一二月刊
○第百十六回臨時会議 七月二十三日開
 出席者
  大木口哲君 ○外十六名氏名略
午後六時開議
会頭渋沢栄一君欠席ノ為メ、副会頭大倉喜八郎君議長席ニ就キ、先ツ左ノ件々ヲ報告ス
 一 皇孫(○雍仁親王、後チノ秩父宮、六月二五日)御降誕ニ付祝詞言上ノ件
 - 第21巻 p.676 -ページ画像 
    六月二十七日午前九時大倉副会頭ハ本会議所ヲ代表シテ 宮城並ニ東宮御所ニ参内シ 皇孫御降誕ニ付祝詞ヲ言上シタリ
○中略
午後六時四十五分閉会
   ○栄一明治三十五年五月十五日欧米巡遊ニ出発、同年十月三十日神戸ニ帰着ス。