デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.690-692(DK210120k) ページ画像

明治34年9月18日(1901年)

是ヨリ先九月六日、アメリカ合衆国大統領マツキンレー遭難セシヲ以テ、十日栄一、当会議所会頭トシテ慰問ノ電報ヲ発セシガ、十四日遂ニ薨去セルニヨツテ、是日新大統領ルーズベルト宛弔電ヲ発スルト共ニ米国公使館ヲ訪問弔詞ヲ述ブ。


■資料

第十一回東京商業会議所事務報告 第四二頁 明治三五年四月刊(DK210120k-0001)
第21巻 p.690 ページ画像

第十一回東京商業会議所事務報告  第四二頁 明治三五年四月刊
一米国前大統領遭難ニ付慰問ノ電報発送ノ件
 明治三十四年九月十日、米国大統領遭難ニ付、左ノ如ク慰問ノ電報ヲ発達シタリ
  東京商業会議所ハ閣下ノ遭難ヲ慰問シ、御健康ノ回復ヲ祈ル
                 会頭 男爵 渋沢栄一
    米国大統領 マツキンレー殿 閣下


第十一回東京商業会議所事務報告 第四二頁 明治三五年四月刊(DK210120k-0002)
第21巻 p.690-691 ページ画像

第十一回東京商業会議所事務報告  第四二頁 明治三五年四月刊
一米国前大統領薨去ニ付弔電発送ノ件
 明治三十四年九月十八日、米国前大統領薨去ニ付、別記甲号ノ通リ弔電ヲ発送シタルニ、十月九日附ヲ以テ同国国務省次官ヨリ別記乙号ノ通リ答書ヲ接受シタリ
  (訳文)甲号
   東京商業会議所ハ謹テ前大統領マツキンレー閣下ノ薨去ヲ弔ス
                 会頭 男爵 渋沢栄一
    米国大統領 ルーズベルト殿 閣下
      乙号
 - 第21巻 p.691 -ページ画像 
   拝啓大統領マツキンレーノ逝去ニ際シ、先月十八日発ノ電報ニヨリ貴会議所ヲ代表シテ懇篤ナル弔辞ヲ寄セラレ、我政府ハ深ク其厚意ヲ感謝致候、玆ニ政府ノ命ニ依リ謹テ貴下ニ謝辞ヲ申述候 敬具
    一千九百一年十月九日
           北米合衆国政府
             国務省次官 アルヴイー、エ、エデー
    日本
     東京商業会議所会頭 男爵 渋沢栄一殿


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK210120k-0003)
第21巻 p.691 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三四年     (渋沢子爵家所蔵)
九月十四日 晴
○上略 午前 ○中略 米国公使館ヲ訪問シ、大統領危篤ノ事ヲ慰問ス ○下略
   ○中略。
九月十八日 晴
○上略 米国公使館ヲ訪フテ大統領逝去ノ弔詞ヲ述フ ○下略



〔参考〕新聞集成明治編年史 同史編纂会編 第一一巻・第三〇七頁 昭和一一年三月刊(DK210120k-0004)
第21巻 p.691 ページ画像

新聞集成明治編年史 同史編纂会編  第一一巻・第三〇七頁 昭和一一年三月刊
    米国大統領マツキンレー
        兇徒に狙撃さる
〔九・九 ○明治三四年 時事〕(九月七日倫敦発)昨夜米国大統領マツキンレー氏がバツフアローの亜米利加全国博覧会に於て、公衆接見の際、同氏を暗殺せんと企てたるものあり、兇徒の名はチヨルゴシーと呼び、ニーマーンと仮名せる者にて、直に捕縛されたり。兇徒は二回発銃し胸部の銃丸は抜き取られたれども、他の銃丸は尚ほ腹部に残れり。最新の病症誌に拠れば、負傷後の経過は良好にして、大統領は元気を回復しつゝ静穏に安臥し居れり。


〔参考〕新聞集成明治編年史 同史編纂会編 第一一巻・第三一一頁 昭和一一年三月刊(DK210120k-0005)
第21巻 p.691-692 ページ画像

新聞集成明治編年史 同史編纂会編  第一一巻・第三一一頁 昭和一一年三月刊
    マツキンレー逝く
      狙撃されて遂に落命
〔九・一六 ○明治三四年 時事〕(九月十四日倫敦発)大統領マツキンレー氏は今朝二時五十分死去したるものにして、其最後の四時間は人事不省に陥りたり。
    米国新大統領は
        ルーズヴエルト
〔九・一六 ○明治三四年 時事〕(九月十三日倫敦発《(五カ)》)米国大統領マツキンレー氏死去したるに付き、副統領セオドール・ルーズヴエルト氏は大統領と為れり。
   ○マツキンレー氏ハ一九〇一年九月六日遭難、十四日死去ス。「エンサイクロペデイア・アメリカーナ」ニハ左ノ如ク記セリ。
    Mckinley, William
     On the following day,Sept. 6,1901, a great reception was held for President Mckinley in one of the public building of the exposition. Advantage of this opportunity was taken by a young
 - 第21巻 p.692 -ページ画像 
man of Polish parentage, by name Leon Czolgosz to shoot bullets at the President with a revolver at close range. One of the two fired penetrated the abdomen.
     After the world had been assured that the patient was doing well and would recover, he Collapsed and died on the 14th.
                (Encyclopaedia Americana 1957.)