デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.701-704(DK210123k) ページ画像

明治34年11月7日(1901年)

是日栄一当会議所会頭トシテ、去ル二月六日経済整理ニ付建議セル条項ヲ速ニ遂行センコトヲ内閣総理大臣子爵桂太郎・逓信大臣子爵芳川顕正・農商務大臣平田東助・大蔵大臣曾禰荒助・外務大臣小村寿太郎ニ建議シ、十二月二日大倉喜八郎・雨宮敬次郎等ト共ニ大蔵大臣ヲ官邸ニ訪ヒ其旨ヲ陳情ス。


■資料

東京商業会議所報告 第一〇二号・第七頁 明治三四年一二月刊(DK210123k-0001)
第21巻 p.701 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇二号・第七頁 明治三四年一二月刊
○第百九回臨時会議 十一月六日開
 出席者
  大木口哲君 ○外二十二名氏名略
午後五時開議
会頭渋沢栄一君議長席ニ就キ、先ツ左ノ件々ヲ報告ス
○中略
次ニ議長ハ左ノ件々ヲ議事ニ附ス
○中略
○第二号
 第十回商業会議所聯合会決議事項中、商業会議所条例改正ノ件外七件ハ之ヲ左ノ如ク取扱フ事
○中略
一経済整理ニ関スル件
 本件ハ聯合会決議ノ趣旨ニ依リ別記丙号案ノ如ク内閣総理・外務・大蔵・農商務・逓信各大臣ヘ建議スル事
○中略
午後七時三十分閉会
   ○別記丙号案ハ後掲事務報告所載ノモノト同一ニツキ略ス。


東京商業会議所報告 第一〇二号・第一七頁 明治三四年一二月刊(DK210123k-0002)
第21巻 p.701 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇二号・第一七頁 明治三四年一二月刊
○同月 ○一一月八日経済整理ノ義ニ付、内閣総理・逓信・農商務・大蔵・外務五大臣ヘ建議書ヲ進達ス


第十一回東京商業会議所事務報告 第一〇―一一頁 明治三五年四月刊(DK210123k-0003)
第21巻 p.701-702 ページ画像

第十一回東京商業会議所事務報告  第一〇―一一頁 明治三五年四月刊
一経済整理ニ関スル義ニ付、再応内閣総理・逓信・農商務・大蔵・外
 - 第21巻 p.702 -ページ画像 
務五大臣ニ建議ノ件
 本件ハ本会議所ヨリ第十回商業会議所聯合会ニ提出シテ其可決ヲ得タルモノニ係リ、其要旨ハ経済整理ノ義ニ付本年一月臨時商業会議所聯合会ノ決議ニ基キ、各地商業会議所ニ於テ建議・請願スル所アリシモ、未タ実行ヲ見ルニ至ラサルヲ以テ、再応政府ニ建議シテ其実行ヲ促カスヘシト云フニ在リ、仍テ明治三十四年十一月六日第百九回ノ臨時会議ニ附シ其可決ヲ得タルニ付、同月七日附ヲ以テ左ノ如ク内閣総理・逓信・農商務・大蔵・外務五大臣ニ建議シタリ、尚ホ本件ニ関シテハ同上ノ臨時会議ニ於テ陳情委員八名ヲ選挙シ、十二月二日附ヲ以テ曾禰大蔵大臣ニ陳情セシメタリ
    経済整理ノ義ニ付建議
比年我カ経済界ノ萎靡衰憊シタルコトハ蔽フヘカラサルノ事実ニシテ曩ニ本年一月臨時商業会議所聯合会ニ於テハ審議ノ末、之カ根治策トシテ、先ツ内国公債ヲ償還シ、私設鉄道ヲ買収スルカ為メ外資ヲ輸入シ、由テ以テ同時ニ幣制ヲ改良スヘシト云フノ意見ヲ定メ、次テ各商業会議所ハ経済整理ノ題目ヲ以テ之ヲ帝国議会ニ請願シ、且ツ政府ニ建議スル所アリシカ、不幸ニシテ未タ其実行ヲ見ルニ至ラサルハ各商業会議所ノ深ク遺憾トスル所ナリ、蓋シ爾来我カ経済界ノ趨勢ヲ按スルニ、民間ノ金融ハ前時ニ比シテ稍ヤ緩和ヲ得タルノ観ナキニアラスト雖トモ、翻テ一般民業ノ実相ヲ察スルニ資本猶充実ヲ得スシテ其種類ニヨリテ或ハ持久ニ堪ヘサラントスルモノナキニアラス、是豈一時ノ小康ヲ以テ安ンスヘキ秋ナランヤ、是ヲ以テ政府ハ此際相当ノ手続ヲ尽シ、前記経済整理策ノ遂行ニ尽力セラレンコトヲ望ム
右本会議所ノ決議ニ依リ建議仕候也
  明治三十四年十一月七日
          東京商業会議所会頭 男爵 渋沢栄一
    内閣総理大臣 子爵 桂太郎殿
    逓信大臣   子爵 芳川顕正殿
    農商務大臣     平田東助殿 (各通)
    大蔵大臣      曾禰荒助殿
    外務大臣      小村寿太郎殿


東京商業会議所報告 第一〇二号・第一二―一三頁 明治三四年一二月刊(DK210123k-0004)
第21巻 p.702-703 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇二号・第一二―一三頁 明治三四年一二月刊
○第一回経済整理ノ件陳情委員会議 十一月十四日開
 出席者
  渋沢栄一君   雨宮敬次郎君
  藤山雷太君   木村粂市君
  大倉喜八郎君
午後五時二十分開議、渋沢栄一君ヲ委員長ニ選挙シ、経済整理ノ件ニ関スル実行方法ニ就テ種々審議ノ末、近日中今一回委員会議ヲ開テ之ヲ協議スルコトニ決ス
午後八時閉会
○中略
○第二回経済整理ノ件陳情委員会議 同月二十六日開
 - 第21巻 p.703 -ページ画像 
 出席者
  渋沢栄一君   雨宮敬次郎君
  朝吹英二君   木村粂市君
  大倉喜八郎君
午後三時開議、左ノ事項ヲ決議セリ
 一 近日中委員ノモノ相携ヘテ大蔵大臣ヲ官邸ニ訪問シ、財政計画ニ就テ詳細ノ説明ヲ請ヒ、且ツ経済整理ニ関スル本会議所ノ意見ヲ陳情スル事
午後四時閉会


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK210123k-0005)
第21巻 p.703 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三四年     (渋沢子爵家所蔵)
十二月廿一日
東京商業会議所ノ臨時会ヲ開ク
   ○中略。
十二月二日
商業会議所委員等ト共ニ曾禰大蔵大臣ヲ官邸ニ訪フ
   ○日附錯綜セルモ訂正ヲ加エズ。


東京商業会議所報告 第一〇三号・第一―二頁 明治三五年一二月刊(DK210123k-0006)
第21巻 p.703-704 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇三号・第一―二頁 明治三五年一二月刊
○第百十回臨時会議 明治三十四年十二月二十一日開
 出席者
  栗生武右衛門君 ○外二十名氏名略
午後六時三十分開議
会頭渋沢栄一君議長席ニ就キ、先ツ左ノ件々ヲ報告ス
 一 経済整理ニ関スル件陳情委員ノ大臣訪問ノ件
   前回臨時会議ノ決議ニ基キ委員中渋沢栄一・大倉喜八郎・雨宮敬次郎・井上角五郎・朝吹英二・木村粂市ノ諸君ハ明治三十四年十二月二日午後四時曾禰大蔵大臣官邸ニ訪問シ、阪谷総務長官・長森官房長・松尾理財局長列席ノ所ニテ会見ヲ遂ケタリ、其顛末ハ左ノ如シ
    曾禰大蔵大臣会見ノ顛末
 明治三十四年十二月二日午後四時東京商業会議所経済整理ニ関スル件陳情委員中渋沢栄一・大倉喜八郎・雨宮敬次郎・井上角五郎・朝吹英二・木村粂市ノ諸氏ハ前日ノ約束ニ基キ曾禰大蔵大臣ヲ永田町ノ官邸ニ訪問ス、此日同大臣ハ阪谷総務長官・長森官房長・松尾理財局長等ヲ其官邸ニ招集シ一同列席ニテ委員ニ会見ス
  渋沢男爵ハ先ツ寒喧ヲ叙シ畢リ、今日委員ノ閣下ニ会見ヲ請フタル主旨ハ、先ツ政府財政ノ実況ヲ知ラントスルニ在ル旨ヲ告ク
  曾禰大臣ハ明治三十五年度歳計予算ノ数字ヲ臚列シテ曰ク、此予算ニ拠レハ同年度ニハ歳入ノ剰余ヲ生スヘク、此剰余ハ之ヲ台湾特別会計ノ補助ニ充ツル見込ニシテ、又同年度ニ於テ着手スヘキ新事業ノ重ナルモノハ、台湾兵営建築工事・海軍製鋼所新設・横浜神戸海陸連絡工事・医科大学増設・高等工業学校増設・日本酒醸造試検所新設等ノ各項ナリ、又同年度公債支弁事業費ハ清国賠
 - 第21巻 p.704 -ページ画像 
償金ヲ繰替ヘ、之ヲ以テ先ツ基金ヲ塡補シ、北清事件費ヲ支弁シタル後、猶増税ノ結果等ニヨリ余剰ヲ生スルトキハ之ニ充ツルノ見込ナリ
  朝吹英二氏ハ、明治三十四年度ニ於テ外債募集ノ不成功ニヨリテ生スル不足ハ如何ナル方法ニヨリ之ヲ補フノ考ナルヤヲ問ヒ、松尾理財局長ハ之ニ対シテ詳細ノ答弁ヲ為シタルカ、其要旨ハ、蓋シ同年度ノ予算ニ於テハ政府カ軍備其他既定ノ事業繰延ニヨリ凡参千万円ヲ得、能ク収支相償フタルノ計算ニシテ、唯明治三十三年度以前ニ償金部ヨリ繰替ヘタル千四百七拾万円ト三十四年度公債未募集高九百万円トハ、三十五年ニ至リ尚ホ継続事業ノ繰延ト預金部ノ作用トニヨリ之ヲ償ヒ、別ニ公債ヲ募ルヲ要セサル積ナリ、併シ此等ノ計画ニシテ若シ予期ノ如クナラサルニ於テハ、勢ヒ之ヲ公債募集ニ依ルノ外ナキモ、否ラサル以上ハ三十五年度ニ於テ民間ノ資本ヲ吸収スルノ必要ヲ見スト為スモノヽ如シ
  井上角五郎氏ハ、更ニ明治三十六年度ノ予算ニ関シテ質問スル所アリ、渋沢男爵モ亦同年度ノ予算ニ就キ其説明ヲ促シタルニ、曾禰大臣ハ之ヲ明言シ難キ旨ヲ述ヘラレタルカ、阪谷総務長官ハ新税ノ収入ハ公債支弁事業ヲ支弁スルヲ得ヘシト答ヘ、又松尾理財局長ハ朝吹英二氏ノ質問ニ答ヘテ、日本銀行借入金ハ本月ヲ最高トシ尚ホ幾何ノ増加ヲ見ルヘキモ、来年一月以後ハ漸次減少スヘキ旨ヲ説明ス
  時ニ午後六時、主客一同食堂ニ入リ更ニ種々ノ問答アリ、此時渋沢男爵ハ、財政ヲ整理セントスルニハ勢ヒ所謂十年計画ヲ変更スルノ必要アルヘキ旨ヲ述ヘタルニ、曾禰大臣ハ此計画ハ既定ニ属スルモノニシテ之ヲ動スコトハ請合ヒ難シト雖トモ、貴説ノ如ク之ヲ改正スルハ必要ナリト思フ旨ヲ答ヘ、雨宮敬次郎氏ハ貯蓄奨励及鉄道国有ノ件ニ付其懐抱セル意見ヲ陳述シタリ、猶井上角五郎氏ハ明治三十五年度予算ニ関スル数字、預金部其他一切ノ統計ニ関シ追テ委員ヨリ請求スルコトアラハ詳細開示セラレ度旨ヲ述ヘ阪谷総務長官・松尾理財局長ノ承諾ヲ得タリ、是ニ於テ会談終了ヲ告ケ、各自退散シタルハ午後九時ナリ
 一 経済整理ニ関スル件ノ内鉄道国有問題ニ付京都・大阪・神戸・東京四会議所委員協議ノ件
   経済整理ニ関スル件陳情委員ノ請求ニ基キ、明治三十四年十一月十九日午後三時本会議所ニ於テ、京都・大阪・神戸・東京四会議所委員ノ会同ヲ催シ、鉄道国有問題ニ付協議ヲ遂ケタリ
○中略
午後九時四十分閉会
   ○本巻明治三十年十二月二十八日、同三十三年六月五日、同年六月六日、同三十四年二月六日、同年二月二十一日ノ各条、並ニ本資料第二十二巻所収「商業会議所聯合会」明治三十三年五月十七日、同年五月二十五日、同三十四年一月二十三日ノ各条参照。