デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
4款 商業会議所聯合会
■綱文

第22巻 p.365-370(DK220027k) ページ画像

明治32年10月11日(1899年)

是日ヨリ十八日迄、第八回定期会東京商業会議所ニ於テ開カル。栄一、中野武営ト共ニ東京商業会議所ヲ代表シテ之ニ参会シ、会長ニ推薦サル。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三二年(DK220027k-0001)
第22巻 p.365 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治三二年     (渋沢子爵家所蔵)
十月四日 曇
○上略 五時商業会議所役員会ヲ開ク、畢テ臨時会議ヲ開キテ数件ヲ議決ス ○下略


東京商業会議所月報 第八七号・第一頁 明治三二年一一月 【○明治三十二年十月四日、本会議…】(DK220027k-0002)
第22巻 p.365-366 ページ画像

東京商業会議所月報  第八七号・第一頁 明治三二年一一月
 - 第22巻 p.366 -ページ画像 
○明治三十二年十月四日、本会議所ニ於テ第八十六回臨時会議ヲ開ク当日ノ出席者左ノ如シ
 末延道成君 ○外二十七名氏名略
午後六時開議、会頭渋沢栄一君議長席ニ着キ、左ノ件々ヲ議事ニ附シ午後七時閉会ス
○中略
 一第八回商業会議所聯合会参会委員二名選挙ノ件
                      (同上 ○役員会議提出)
本件ハ会員吉田幸作君ノ発議ニ依リ、委員二名ノ内一名ハ会頭ヲ加ヘ他ノ一名ハ会頭ノ指名ニ一任スルニ決シ、其結果左ノ両君当選セリ
                    渋沢栄一君
                    中野武営君


明治三十二年十月開設 第八回商業会議所聯合会報告 第一―一五頁 刊(DK220027k-0003)
第22巻 p.366-369 ページ画像

明治三十二年十月開設
第八回商業会議所聯合会報告  第一―一五頁 刊
    ○開設地ニ於ケル準備
本会ハ明治三十二年五月ヲ以テ東京ニ開クヘキ筈ナリシモ、幹事タル東京商業会議所ノ建築未タ其工ヲ竣ヘサリシヲ以テ、各地商業会議所ノ同意ヲ得タル上、同年十月開会ノ事ニ決シ、東京商業会議所専ラ準備ノ労ヲ執レリ
幹事会議所ハ明治三十二年八月二十八日附ヲ以テ全国商業会議所ヘ左ノ通知書ヲ発シタリ
 拝啓陳者来十月第八回商業会議所聯合会ヲ東京ニ開設スルニ付、其期日・会場等左ノ如ク決定致候
  一聯合会ハ来十月十日ヨリ東京市麹町区有楽町一丁目一番地新築東京商業会議所ニ於テ開設スル事
  一十月九日午後四時東京市芝公園紅葉館ニ於テ来会員ノ懇親会ヲ開ク事、但会費ハ一人ニ付金三円ト定ム
  一来会員ノ氏名ハ来九月二十五日迄ニ東京商業会議所ヘ通知スル事
  一来会員到着ノ上ハ直ニ東京商業会議所ニ報告スル事
  一会員及事務員中ニテ別ニ説明員ヲ定メ出席セシムルハ規則第十三条ニ依リ固ヨリ差支ナキモ、尚他ノ会員ニシテ意見アルトキハ、有志会員トシテ出席シ、其意見ヲ述ブルヲ得ル事
  一提出議案ハ来九月二十五日迄ニ東京商業会議所ヘ廻附スル事
 右及御通知候也
  明治三十二年八月二十八日
           東京商業会議所会頭 渋沢栄一
    各商業会議所宛
(参照)
    商業会議所聯合会規則
 第一条 本会ハ商業会議所聯合会ト称ス
 第二条 本会ハ聯合各商業会議所ノ代表委員ヲ以テ組織ス
 第三条 本会ノ目的ハ商業会議所ノ任務ニ関スル事項ヲ討論審議シ及其可決事件ノ実行ヲ図ルモノトス
 - 第22巻 p.367 -ページ画像 
   但本会議決ノ効力ハ聯合各会議所ヲ覊束セス、尤モ本会ノ組織及経費ニ関スルコトハ此限ニアラズ
 第四条 各会議所ハ会員中ヨリ委員二名ヲ選挙シ、其会議所ノ代表者ト為シ本会ニ出席セシム
   但会議所ノ都合ニヨリ委員ヲ一名トスルモ妨ケナシ
 第五条 会議ハ定期・臨時ノ二種ニ分ツ、定期会ハ毎年五月ニ之ヲ開キ臨時会ハ聯合各会議所中五ケ所以上ノ発起ニヨリ開会スベシ
 第六条 本会ハ開会毎ニ会員中ヨリ正副会長各一名ヲ互選シ、議事ノ整理ヲ委任ス
 第七条 本会ハ其事務ヲ開会地商業会議所ニ委任ス
 第八条 定期会開設ノ場所ハ毎会東京トシ、臨時会開設ノ場所ハ発起者之ヲ定ム
 第九条 定期会ニ提出セントスル議案ハ、理由書又ハ参考書ヲ添ヘ四月二十日迄ニ開会地商業会議所ヘ送致スヘシ、開会地商業会議所ハ、開会時日ヲ定メ、三週間以前ニ之ヲ聯合各会議所ヘ送付スベシ
   但臨時会ノ場合ニ於テハ開会二週間以前ニ通知スルモ妨ゲナシ
 第十条 前条ノ規定ニ依ラサル議案ハ、聯合各会議所三ケ所以上ノ委員ノ賛成アルニアラサレハ、議場ニ提出スルヲ得ス
 第十一条 本会ハ聯合各会議所中四分ノ三以上出席アルニアラサレハ開会スルヲ得ス、議事ハ出席員過半数ノ同意ヲ以テ決ス、可否同数ナルトキハ会長ノ所決ニ依ルヘシ
 第十二条 議事ノ方法ハ別ニ細則ヲ以テ規定スヘシ
 第十三条 議案提出ノ会議所ハ、会員及事務員中ニ於テ別ニ説明委員ヲ定メ本会ニ出場セシムル事ヲ得ヘシ
 第十四条 本会ニ要スル経費ハ聯合各会議所ノ負担トス、其負担方法ハ毎会会計委員五名ヲ選挙シ其議決ニ依ルヘシ
 第十五条 本規則ノ改正加除ハ本会ノ決議ヲ以テ之ヲ定ムヘシ
此通知書ニ対シ初メヨリ参会ヲ断リ来リシハ、和歌山・高知・岡崎・石岡・大津・福井・松山・久留米・上田ノ九会議所、又一旦委員派遣ノ通知アリ後ニ事故ノ為メ参会ヲ断リシハ、赤間関・大垣・直江津ノ三会議所ニシテ、其他ノ四十四会議所ハ孰レモ賛同ヲ表シ、委員又ハ事務員ヲ派遣セラレタリ
    ○参会員氏名
各商業会議所ヨリ参会セラレタル委員ノ氏名ハ左ノ如シ(氏名ハ通知順)
 津  (会頭)  川喜田四郎兵衛君
 知多 (会頭)  天野伊左衛門君 (常議員) 天木嘉祐君
 水戸 (常議委員)塙七平君
 仙台 (会頭)  遠藤敬止君   (常議委員)清野喜平治君
 金沢 (副会頭) 山田清三君   (常議員) 阿部太右衛門君
 名古屋(会頭)  奥田正香君   (副会頭) 鈴木摠兵衛君
 神戸 (会頭)  坪野平太郎君  (会員)  横田孝史君
 前橋 (副会頭) 鷲田迅雄君   (会員)  藤井新兵衛君
 - 第22巻 p.368 -ページ画像 
 桑名  (副会頭) 平野美純君
 阿波  (会員)  根本民治君
 京都  (副会頭) 大沢善助君   (会員)  児嶋定七君
 静岡  (会頭)  北村五郎兵衛君 (常議委員)大石清五郎君
 尾道  (副会頭) 豊田維徳君
 小樽  (常議委員)高橋直治君
 函館  (会員)  伊予田徳次郎君
 八王子 (会頭)  吉田忠右衛門君 (常議委員)鈴木信太郎君
 熊本  (常議委員)下田耕造君
 広島  (会頭)  桐原恒三郎君  (会員)  尾形作吉君
 博多  (会頭)  小河久四郎君
 鹿児島 (会頭)  宮里正静君
 伏見  (副会頭) 江崎権兵衛君
 堺   (常議員) 錦池千鶴之助君
 山形  (会頭)  斯波信太郎君
 高岡  (会員)  大場庄三郎君
 岡山  (会頭)  香川真一君
 大坂  (会頭)  土居通夫君   (常議委員)今西林三郎君
 松江  (会頭)  三島佐次右衛門君(特別会員)桑原羊次郎君
 浜松  (会頭)  鶴見信平君   (常議委員)中村藤吉君
 高崎  (会頭)  中島伊平君   (常議委員)反町慎哉君
 新潟  (常議委員)白勢春三君
 豊橋  (副会頭) 三浦碧水君
 岐阜  (常議委員)永井靖九郎君
 横浜  (会員)  若尾幾造君   (会員)  左右田金作君
 青森  (副会頭) 藤林忠兵衛君
 宇都宮 (常議委員)村上浜吉君
 富山  (常議委員)若林元四郎君  (会員)  岩田伊兵衛君
 四日市 (会員)  平野太七君
 栃木  (副会頭) 桜井源四郎君  (常議委員)清水安平君
 太田  (会員)  前島平君    (会員)  西野次郎兵衛君
 酒田  (会員)  鈴木喜八君
 湊   (会頭)  鹿志村亀吉君
 東京  (会頭)  渋沢栄一君   (副会頭)中野武営君
各商業会議所ヨリ参会セラレタル有志会員ノ氏名左ノ如シ(氏名ハ通知順)
 大坂(常議員) 佐伯勢一郎君 富山 (会員)  金山弥三郎君
 金沢(会員)  若林孫四郎君 東京 (副会頭) 大倉喜八郎君
 東京(常議委員)雨宮敬次郎君 同  (常議委員)井上角五郎君
 同 (常議委員)馬越恭平君  同  (常議委員)加東徳三君
 同 (常議委員)中沢彦吉君  同  (常議委員)渋沢喜作君
 同 (常議委員)小野金六君  仙台 (会員)  小原保固君
 仙台(会員)  田辺文索君  同  (会員)  菱伊新三郎君
 同 (会員)  高橋藤七君  同  (会員)  針生安次郎君
 - 第22巻 p.369 -ページ画像 
 堺 (会頭)  藤本荘太郎君
各商業会議所ヨリ参会セラレタル事務員ノ氏名左ノ如シ(氏名ハ通知順)
 佐賀 (書記) 嘉村彦四郎君 神戸 (書記) 松田卯三郎君
 長崎 (書記) 一野喜三郎君 桑名 (書記) 小山直養君
 阿波 (書記長)河野誠哉君  函館 (書記長)原田良八君
 八王子(書記長)林虎三郎君  熊本 (書記長)野々口永次郎君
 博多 (書記長)大熊浅次郎君 鹿児島(書記長)三木原正吉君
 伏見 (書記長)越山元之助君 堺  (書記長)小谷力造君
 岡山 (書記長)山羽協一君  大坂 (書記長)浜田健次郎君
 岐阜 (事務員)原真澄君   横浜 (書記長)岡田猛熊君
 青森 (書記長)長利友之助君 富山 (書記長)北村竹四郎君
 四日市(書記長)久納重吉君  金沢 (書記長)伊藤鏢三郎君
 高崎 (書記) 須藤定吉君  小樽 (書記長)多賀武次郎君
 四日市(書記) 鈴木由松君  東京 (書記長)萩原源太郎君
 京都 (嘱託員)岩村茂君
○中略
    ○懇親会
十月九日午後四時ヨリ芝公園紅葉館ニ於テ懇親会ヲ開ケリ、席上幹事商業会議所ヲ代表シテ東京商業会議所会頭渋沢栄一君挨拶ヲ為シ、之ニ対シ来会者一同ニ代リ横浜商業会議所委員若尾幾造君ノ挨拶アリ、午後九時歓ヲ尽シテ散会セリ
 因ニ記ス、同月七日暴風雨アリ東海道鉄道不通トナリシ為メ、各商業会議所参会員中此懇親会ニ臨ム能ハザリシモノ多カリシハ遺憾ナリキ
    ○正副会長ノ選挙
本会ノ正副会長ハ別ニ投票ヲ用ヒス、先例ニ依リ全会ノ請求ヲ以テ東京商業会議所会頭渋沢栄一君ヲ会長ニ、同副会頭中野武営君ヲ副会長ニ推選セリ
    ○会議ノ開閉
本会ハ明治三十二年十月十日ヲ以テ開会スヘキ予定ナリシモ、同月七日暴風雨アリ、東海道鉄道不通トナリシ為メ、九日迄ニ着京スル能ハザリシ参会員多キヲ以テ一日タケ延会シ、十一日開会、十八日閉会セリ
    ○農商務大臣並同省吏員ノ臨場
曾禰農商務大臣ハ十一月十三日午前本会ヘ臨場シテ一場ノ演説ヲ為シ木内商工局長以下属僚ハ随時臨場セリ


渋沢栄一 日記 明治三二年(DK220027k-0004)
第22巻 p.369-370 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三二年     (渋沢子爵家所蔵)
十月九日 雨
○上略 四時紅葉館ニ於テ各地商業会議所聯合会員ト懇親会ヲ開ク ○下略
   ○中略。
十月十一日 曇
午前十時商業会議所ニ於テ聯合会ヲ開ク、終日議長席ニ於テ議事ヲ整
 - 第22巻 p.370 -ページ画像 
理ス ○下略


明治三十二年十月開設 第八回商業会議所聯合会議事速記録 第一―五頁 刊(DK220027k-0005)
第22巻 p.370 ページ画像

明治三十二年十月開設
第八回商業会議所聯合会議事速記録  第一―五頁 刊
    ○第一日
明治三十二年十月十一日午前十時四十五分開議
  出席者
   委員     五十一名 ○氏名略
○上略
○東京、渋沢栄一君 諸君ニ申上ゲマスル、幹事商業会議所ト致シマシテ此席ヨリ失礼ヲ致シマスル、開会ニ先立チマシテ幹事タル東京商業会議所カ御報道致ス件カゴザイマスカラ、其御報道ヲ先ヅ致シマス第八回ノ商業会議所聯合会開会ニ付キ通知書ヲ発シマシタノガ五十五会議所デゴザイマス、其五十五会議所ノ数ヲ一々読上ゲマスコトハ略シマセフ、而シテ此通知書ニ対シテ参会ノナイト云フ事ヲ御断リニナリマシタノガ、左ノ九ツノ会議所デゴザイマス、ソレハ高知・岡崎・石岡・大津・福井・松山・和歌山・湊・久留米、此九会議所デゴザイマス、又何等ノ回報モゴザイマセヌノガ左ノ一会議所デ上田、即チ同意参同ヲセラレタ会議所カ当会議所ヲ加ヘマシテ都合四十六箇所ト相成ツタ次第デゴザイマス、此中ニ初メ委員派遣ノ御通知ガアツテ後事故ノタメニ委員派遣ヲ御見合セニナツテ、事務員ノミ出席ト云フコトニナリマシタノガ長崎ト佐賀ト小樽ノ三会議所、又委員派遣ノ通知ガアツテ未ダ其ノ氏名ノ御通知ノナイノガ直江津商業会議所、聯合会ニ御参会ニナリマシタ地名ハ今申上ゲマシタ通リデゴザイマスカラ左様御承知ヲ下サイマスルヤウニ願ヒマス、尚開会ニ付キマシテノ手順ヲ御協議申上ゲナケレバナリマセヌガ、第一此聯合ノ議長、副議長各一名ヲ選挙スルノガ此会ニ於テ第一ノ事務デゴザイマス、其選挙ノ仕方ニ付テドウゾ諸君ノ御議決ヲ乞ヒタウゴザイマス
○三十七番(大坂、土居通夫君) 甚ダ御迷惑デゴザイマセウガ、是迄ノ慣例モアリマスルデ、渋沢君ガ会長ニ、中野君ガ副会長ニ御就キ下サルヤウニ希望致シマス
   (「賛成」又「異議ナシ、異議ナシ」ト呼ブ者アリ)
○東京、渋沢栄一君 元来会長選挙ニ仮会長ヲ置キマスル手順デゴザイマスガ、幹事トシテ其儘全会ノ御意ヲ伺ヒマシタ次第デゴザイマス唯今三十七番カラ此当地ノ商業会議所ノ会頭タル渋沢ト、副会頭ノ中野ヲ推シテ正副議長ニ致シタ方ガ宜カラウト云フ御説カ出マシテ、大分是ニ御賛成ガゴザイマスガ此採決カ如何致シマセウ
   (「異議ナシ、異議ナシ」ノ声起ル)
○東京、渋沢栄一君 然ラバ此席ヲ汚スハ失礼千万ナコトデゴザイマスガ、私ニ於テ会長ヲ御引受致ス積デゴザイマス
   (渋沢栄一君会長席ニ就ク)