デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
4款 商業会議所聯合会
■綱文

第22巻 p.919-922(DK220079k) ページ画像

明治41年6月16日(1908年)

是日栄一、東京商業会議所ニ於テ開催セラレタル臨時会ニ出席シ、日清戦争以後是年ニ至ル経済界ヲ回顧シ、為政者ト実業界トノ意見ノ疎隔ヲ疏通セシムベキ旨ヲ演説ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四一年(DK220079k-0001)
第22巻 p.919 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四一年     (渋沢子爵家所蔵)
六月十六日 曇夕雷雨 暑
○上略 午後一時帝国ホテルニ於テ午飧シ、二時過商業会議所ニ抵リテ、聯合会員ノ企望ニ応シテ一場ノ経済界ニ関スル演説ヲ為ス ○下略


明治四十一年六月開設 臨時商業会議所聯合会報告 第一一頁 刊(DK220079k-0002)
第22巻 p.919 ページ画像

明治四十一年六月開設
臨時商業会議所聯合会報告  第一一頁 刊
六月十六日、伯爵大隈重信君・男爵渋沢栄一君出席、大隈伯爵ハ財政経済並関税改正ニ関スル意見ヲ述ヘ、渋沢男爵ハ経済財政ニ関スル意見ヲ述ベラレタリ


明治四十一年六月開設 臨時商業会議所聯合会議事速記録 第一四六―一五三頁 刊(DK220079k-0003)
第22巻 p.919-922 ページ画像

明治四十一年六月開設
臨時商業会議所聯合会議事速記録  第一四六―一五三頁 刊
明治四十一年六月十六日(第六日)午後二時十分開議
○上略
○会長(東京、中野武営君) 渋沢男爵閣下ヲ御紹介致シマス
   (男爵渋沢栄一君演壇ニ上ル)
久々ニテ皆様ニ御目ニ掛リマス、私ハ一昨日西村君ガ御尊来デ、何カ意見ヲ申上ルヨウニト云フコトデゴザイマシタカラ、別ニ意見ハゴザイマセンガ、斯ノ如ク数回聯合会ヲ御開キナサツテ経済界ノ事ニ御勤労ナサル諸君ニ一言ノ御礼ヲ申上ゲネバ相済マヌト考ヘマシテ、唯参上致シタノデゴザイマス、況ンヤ唯今大隈伯爵ノ御演説ヲ拝聴致シマシタガ、所謂至レリ尽セリデ殊ニ此ノ関税ノコトナドニ至リマシテハ昨年来諸君ガ御取調ベノ趣モ印刷物ニ依ツテ拝見致シマシタシ、又私共モ工業ニ関係ヲ有ツテ居リマスカラ多少之ニ付テハ斯クアレカシ、斯様ニシテ欲シイト云フ考ヘヲ有タヌノデモ無カツタノデスガ、強記博識誠ニ雄大ナ御演説ガゴザイマシタノデ、猶更私ヨリ申上ゲルコトハ何ンニモ無クナリマシタ、唯今伯爵ノ委ハシイ御示諭ガゴザイマシタガ、詰リソレト似タヤウナコトシカ申上ゲラレマセヌ、矢張時事ノ問題トスレバ此ノ経済界ノ事ヲ申ス外ナク、其レヲ申セバ唯誠ニ結構デゴザイマス、トハドウシテモ申サレマセヌ、而シテ現今ノ困難ハドウシテ来タカト云フト、矢張三十七・八年ニ遡リテ感想ヲ下サヾルヲ
 - 第22巻 p.920 -ページ画像 
得ヌト思ヒマス、今伯爵カラモ戦後ニ世間モ政治家モ戦捷ノ祝杯ニ三鞭ニ浮カレテ、少シ時機ヲ忘レタヤウナ嫌ヒガアルト仰セラレタガ、其三鞭ヲ飲マヌ前カラ少シ忘レ掛ケタヤウニ私ハ想像シマス、自分等ノ経験カラ考ヘマスト丁度二十七・八年ノ戦争ノ時ニ、事業ノ進マヌ日本ガ未来ドウナルカト酷ク懸念シマシタガ、幸ニ満足ナル戦捷ノ結果ヲ得、相当ナル償金ヲ取ツテ種々ナル方面ニ、実業界モ発展シマシタガ、其発展ヨリ尚ホ強ク軍事社会ガ一層発展スル有様ガ見エマシタ故ニ其時分ニ御互ニ実業界ノ人々ハ戦捷ノ余勢唯軍備拡張ノミニ力ヲ入レ、政費膨脹ト云フ方ニ傾イテ行ツタナラバ、国家ハ為メニ実力ヲ損耗スルデアラウ、之ヲ防グハ実業家ノ力デアルト云フノデ、其頃私モ商業会議所ニ居リマシタガ、多分名古屋ノ聯合会デ其議ガ起ツテ、各会議所ノ諸君ト共ニ議シタコトガアルヤウニ思ヒマス、ソコデ各地皆其方針ヲ以テ、政費ヲ節約サセ軍備ヲ緊縮サセタイト云フコトヲ努メマシタ、私共モ帰京後ニ会議所デ屡々会議ヲ開イテ、我ガ国富ニ照シテドレ位シカ金ヲ使ヘヌナドト云ツテ、国ノ富ガ百数億シカナカラウカラ、ソレカラ勘定スルト一億五千万円以上ノ国費ハ過ギルト云フ論マデ出シタノデアツタ、多分明治二十九年ノ予算ニ対シテ会議所ノ意見ヲ云フタヤウニ思ヒマス、併シ其時ノ軍備縮少論ハ却ツテ軍事界政治界ノ御方ニ、悪ク申スト押付ケラレタヤウナ有様デアル、其後三十一年ニ軍備ト財政ノ膨脹シタ為メニ金融界ニ大ナル緊縮ヲ起シタ、丁度忘レモ致シマセヌ井上侯爵ガ大蔵大臣デ伊藤内閣ノ時デアツタ、甚ダ金融ガ逼迫スル、公債ヲ買ツテ下サイト云フテ、所謂空砲的嘆願ヲシタ、併シソレハ空砲デナクテ三千何百万円カ公債ノ買上ヲセラレタ、又一方ニハ支那貿易ノ困難ニツイテ政府ノ持ツテ居ル銀貨ヲ正金銀行ニ預ケテ、支那ニ行ツタ綿布・綿糸ニハソレヲ以テ為替ヲ貸スト云フヤウナ一種ノ補助方法ヲ立テラレタ、左様ニ金融ガ逼迫シマシタカラ財政ガ甚ダ膨脹シタト云フ事ヲ実業界ノ吾々ガ始終唱ヘタガ、政治界・軍事界デハサウデハナイト言フテ居ツタ、其議論ハ闘ヒハシナイガ所謂始終互ニ暗闘シテ居ツタノデス、十年ヲ過ギテ日露ノ騒動ガ起ツタ、其時ニ実業界ト軍事界ノ意見ガ丁度右ト左ノ二ツニ岐レタ、吾々ハ斯ウ云フコトガアルカラ実力ヲ拡張セネバ往カヌ、政府ノ生産的経営ガ少ナカツタカラ往カヌト観念シタノデアル、然ルニ反対ニ軍人界ノ人ハモウ少シ此軍備ヲ拡張シ、設備ヲ整ヘテ居ツタナラバト云フ念慮ヲ有ツタニ相違ナイ、是モ相争ヒハシナイガ、双方サウ云フ情実ヲ以テ偖大国難ニ遭遇シタ、其頃私ハ大病デサツパリ存ジマセンケレドモ、後デ承ハリマスト、三十七年ノ始メ公債募集ニツイテ銀行者ナドニ相談ガ始マリ、第一回ノ国庫債券募集ナドハ官民共ニ困難シテ殆ド涙ヲ振ツテ評議シタ、其証拠ニハ丁度一月ノ二十三日デアツタ、私ハ病気デ余程弱ツテ居リマシタガ、井上侯爵ガ私ノ家ニ何カ突然ヤツテ来タ、医者ハ面会ヲ禁ジテ居タケレドモ、唯兎ニ角世間ガ物騒ダカラソンナ事デ御出デナサツタカモ知レヌト思ツテ短イ時間御目ニ掛カツタトキニ、公債募集デ第一銀行ナドモ相当ノ力ヲ入レネバ往カヌガ、偖渋沢ガ引込ンデ居ルカラ困ルト云フノデ、其事ニ付テ御相談ナサルノダト云フコトデ、細カイ事ハ言ハナイデ、ドウゾ一日カ二日オ
 - 第22巻 p.921 -ページ画像 
前ノ代リヲ私ニサセテ呉レト云フ一言ガ、即チ公債ニ応ズル高ヲ私ガ相談相手ニナツテ極メルカラドウゾオ前ハヤカマシク言フテ呉レルナト云フ意味ト私ハ察シタカラ、宜シウゴザイマス、多分何カ一時ノ相談ニ応ズルコトガアツテ其事デ御出デナスツタノデアラウト思ヒマスルデ、委細アナタニ御依頼致シマシタ、直グ様事務ヲ執ツテ居ル人ニ申シテヤリマスト申シマシタ、是ハ私ト井上侯爵トノ間柄ノ話デアルガ、此事ニ付テ如何ニモ心配サレタコトハ分ル、ソレデアルカラ初メハナカナカ一億ノ内国債ヲ起スノニモ当局者ハ如何ニモ危ブナカツタノデアリマス、所ガ第一回ハ数倍ノ応募ヲ以テ成立シ、モウ一遍ヤツテ見ルト、今度ハ尚威勢宜ク進ンダ、ソコデ段々ト慣レテ勢ヒガ付イテ来タ、殊ニ鴨緑江ヲ渡ル頃カラ戦況甚ダ我レニ可ナリノ有様デ、外国ニ居タ財務委員モ倫敦ニ於テ外国債ノ相談ガ出来タト報ラセテ来タ二回・三回・四回・五回ト重ネテ行ク間ニ金融界モ一般ニ力アルモノト思ヒ、其金融ニ依ツテ諸方ニ散布サレ、購買力進ミ、商業ノ景況ガ好クナリ、生産ニ力ヲ入レルコトニナツタ、紡績・織物或ハ「セメント」・煉瓦、総テノ方面ニ大景気トナリ、一方ニハ軍人ノ見送リヤ歓迎デ、寧ロ百年モ戦争ガ継続シタナラバ国ガドレ程富ムカモ知レヌト云フマデニ誤解ヲシタノハ強チ吾々バカリガ悪ルイノデハナイ、時ガサウ見エタノデアル、現ニ私共ハ、ハテナ先ニハ無暗ニ節約ヲ唱ヘタガ、十年間ニ実力ガ増シタモノカ、併シ是レハ真ノ力デアルヤ否ヤト云フ疑ヲ持チツヽ其間ヲ経過シマシタ、誠ニ智慧ノ無イ次第デアリマス、戦争ハ連戦連捷何時モ喜ブコトバカリデ遂ニ終局シタ、而シテ戦争後ノ有様ニツイテ、自分等ハ二十八年ニ名古屋デ申シタコトヲ想起シ、財政界ノ当局者ニ今後ノ経済ト財政ハ甚ダ注意スベキモノデアルト云フ愚意ヲ漏シマシタ、固ク十分ナル考案ヲ立テヽ之ヲ論ズルト云フコトハ其位地モナク智慧モ無イノデ為シ得ナカツタノデスガ、私ハ実業ノ方モ斯ル機会ニ相当ナル進歩ヲ図ラナケレバナラヌト云フ観念ハ有ツテ居ツタガ、三十八年ノ「ポーツマウス」条約ノ後ニ暫クノ間事業ノ進歩ハ如何ニモ遅々タルヤウニ私ハ考ヘタ、然ルニ三十九年ノ南満洲鉄道ノ創立ガ経済界ヲ浮カレサシタ急先鋒ノヤウニ思フ、アノ取扱振リハ――確実ナル方カラ見ルト大禁物ノ所作デアツタ、コレガ三十九年ノ秋頃ト記憶シマスガ、引ツヅイテ其下半期カラ有価証券ノ暴騰ガ何処マデ進ムカト疑ハシムルヤウデアツタガ、併シ心アル人ハ是ハ殆ド三鞭ノ酔デアル、一ツノ夢騒ギデアルト云フコトハ分ツテ居リマシタケレドモ、何時ガ此景況ノ行キ止リデアルト云フ時日ヲ指示シタ人ハ無カツタガ、昨年ノ一月カラ自然ノ気付カラ遂ニ一・二ノ事物ニ大恐慌ヲ現ハシ、急転直下デ暴騰シタ有価証券ガ、元ノ杢阿弥ト下ガルヤウニ相成ツテ、遂ニ新会社或ハ増設ヲ計画シタモノ右モ左モ苦情困難ノ声ガ囂々トナツタ為メニ挫折シタモノガ多イヤウデゴサイマス、而シテ今日ニ及ブマデ引続キ一般ノ不景気ト相成リマシタ、何故昔日ノ気配ト斯クマデ違フカト云フニ、即チ昔日ハ無イ力ガ大ニアルガ如ク見エタノダト云フコトハ争フベカラザル事実デアリマス、然ルニ私ガ此処ニ甚ダ心苦シク感ジマスノハ、ドウモ政治ノ局ニ当ツテ居ル治者ノ人々ノ観察ト、被治者ノ位置ニ居ルモノヽ観察トガ一致セ
 - 第22巻 p.922 -ページ画像 
ヌコトデアル、凡ソ物事ノ道理ガ明カニ分ツテ居レバ、今日ハ困難デアルト言ハネバナラヌノデアリマセウケレドモ、日本全体ノ力ガ是程ノ困難ニ打勝ツコトガ出来ヌト云フモノデハナカラウト――少シ自分ハ思フノデアリマス、併シ若シ其実体ガ或方面ハ楽ニ見、或方面ハ困難ニ見テ、始終此間ノ意志ガ貫徹シナカツタナラバ、仮令国ハ文明デ政治ト法治デアツテモ、謂ハバ其念慮ハ全ク別デアルト言ハナケレバナラヌ、ソレデ経済界ニ対シテハ伯モ御述ベデアツタガドウシテモ根本カラ改革セネバ往カヌ、言葉ヲ換ヘテ言ヘバ、今ハ実ハ困難ナル時代ト言ハナケレバナラヌ、併シ政治界ノ御方ニハ或ハ虚飾カ実ヲ示サヌノカ、如何ニモ悲観所デナイ、財政ハ鞏固デアル、経済ハ健全デアルト真実思フテゴザルヤウニ私共ノ耳ヘハ這入ル、併シ局ニ当ツテル御方ガサウ思ツテ居ルバカリデナイ、治者ノ位置ニ居ツテ立法部ニ立ツ重モナル大党派ガ、此困難ト云フコトハ所謂素町人ノ泣言ト云フ感ジヲ有ツテ居ラレルノデハナイカト思ハレマス、若シ果シテ意見ガサウ違フモノデアツタナラバ、是ハ余程憂フベキモノデハナイカ、今日吾々実業界ノ人々ノ努ムベキ所ハ、此意志ヲ十分ニ一致セシムルコトガ第一ノ務メデハナイカト愚考致シマス、幸ニ此商業会議所ニ於カレテハ何レノ方面ニモ汎ク力ヲ尽サレナサルコトモ出来、又一方ニハ事実ノ調査機関モ十分ニ有セラレ居ルカラ、今日ノ人気ヲシテ斯様ニ秦人ト越人ノヤウニ休戚ヲ等シクセヌヤウナ有様デナイヤウニ仕向ケルコトヲ希望致シマス、右ニ就テ先刻大隈伯ガ、実業界ノ人々ガ空弾主義ヲ止メテ、追々政治界ニ力ヲ進メルヤウニナツタノハ時勢ノ必要デアルト仰セラレマシタガ、御集リノ方々ニサウ云フ御境遇ノ諸君モ居ラツシヤイマセウガ、独リソレノミニ依頼シテ、吾々ハ議場ニ出ナイカラ其方々ニ然ルベクト云フコトデハ迚モ往ケマスマイト思ヒマス、近頃吾々共銀行集会所ニ於テモ、公債証書ノ有様ニ付テ各国ノ比例ナドヲ調ベ、斯カル有様デアルカラドウシテモ斯ウナサルガ相当デナカラウト論究シ、数字ヲ列ネテ論ジテ見タイト思フテ居リマス、詰リ上下ノ方針ガ一ツニナツタナラバ、斯様ニ心配ヲセヌデ宜カラウト思フガ、殆ド観察ガ西ト東程違ツテルト思ヒマス、現ニ其筋ノ人々ト相会シテ吾々ハ始終心配ノ意味ヲ以テ話ヲスルト、固鞏デアルカラ其様ニ悲観スベキモノデナイト云フ話デ蔽ハレテ居リマス、果シテ観察ヲ異ニスルノデアルカ、若クバ今更夢ガ覚メタトハ言ヒ悪イノカ知レマセヌガ、ドウシテモ是ハ事実ヲ明カニスル必要アリト思ヒマスカラ、既ニ業ニ多分ノ御骨折ヲ重ネテゴザル諸君ニ尚モウ一層力ヲ入レテ貰ヒタイノデアリマス、御礼ニ出テ御依頼スルヤウナ言葉ニナリマスケレドモ、是ハ御互ニ最モ力ヲ入レナケレバナラヌト考ヘラレマスノデ、特ニ此処ニ出マシテ諸君ニ御諮リ申上ゲ其事ヲ皆サンニ一言御願致シタノデアリマス
   (拍手起ル)
○会長(東京、中野武営君) 段々有難フゴザイマス