デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

1章 社会事業
3節 保健団体及ビ医療施設
3款 社団法人同愛社
■綱文

第24巻 p.454-455(DK240055k) ページ画像

明治23年5月(1890年)

是月、栄一当社協議委員ト為リ、明治二十五年九月之ヲ辞ス。


■資料

日本救療事業資料同愛社五十年史 同愛社編 第一二七―一四一頁 昭和三年一一月再版刊(DK240055k-0001)
第24巻 p.454-455 ページ画像

日本救療事業資料同愛社五十年史 同愛社編  第一二七―一四一頁 昭和三年一一月再版刊
 ○第二編 第一章 第一期 創業及発達期
    明治二十三年
○上略
五月八日 例会ニ於テ、協議委員選挙ヲ確定セリ、社員加治氏社則修
 - 第24巻 p.455 -ページ画像 
正意見書ヲ提出ス、亦タ例会ノ聚散刻限ヲ、毎年四月ヨリ九月マデヲ午後五時ヨリ七時マデ、十月ヨリ三月マデハ、午後四時ヨリ六時マデト定ム。
協議員姓名左ニ記ス。
六月 例会ヲ開ク。
      協議委員姓名表
 渋沢栄一  小杉雅三  北村泰一  本山漸
 沢簡徳   川尻宝岑  森勘十郎  堀江小十郎
 峯尾勝春  原信謹    以上慈恵社員
 片山秀亭  山本安達  磐瀬玄策  峰千尋
 桐淵光斎  上田正胤  宇山道朔  森安信平
 佐藤保   多田真碩   以上救療社員
○中略
    明治二十四年
○中略
五月二十七日 天気清朗ニシテ、温暖ノ日和ナリ、此日ヲ以テ、本社第十回総会ヲ嬉ノ森八百松楼ニ開キ、朝野慈善ノ諸士、並ニ銀行員・新聞記者等ヲ招待シテ、午後四時ヨリ宴ヲ張ル、府知事・書記官等差閊アリテ欠席、武衛生課長・五区長ヲ始トシテ来会スルモノ六十五人幹事天野仙輔氏起テ、前年度ノ会計報告、次ニ高松凌雲氏、庶務及ヒ救療成績ヲ述ヘ、次ニ原履信氏来会者ニ向ヒ、謝意ヲ述ベ、次ニ赤坂発庵氏祝詞ヲ演ブ。武昌吉君ノ演説アリ、其ヨリ役員ノ撰挙ヲ行ヒ、右了テ余興トシテ、芸妓演芸三番アリ、来賓各歓ヲ尽シテ、散会シタルハ時正ニ午後八時ナリ。
当日、改選役員ノ報告シタリ、其選ニ当リタル者。
 幹事長 高松凌雲  幹事副長 天野仙輔
 幹事
 田中玄達  原履信    大槻修二  川崎八右衛門
 長谷川清  芦田順三郎  岸田吟香  峰千尋
 赤坂発庵  鈴木万次郎
 協議委員(慈恵社員)
 渋沢栄一  小杉雅三   北村泰一  本山漸
 沢簡徳   川尻宝岺   森勘十郎  堀江小十郎
 峰尾勝春  原信謹
 協議委員(救療社員)
 片山秀亭  山本安達   磐瀬玄策  村上伯栄
 桐淵光斎  上田正胤   宇山道朔  森安信平
 佐藤保   多田真碩
○下略


青淵先生職任年表(未定稿) 昭和六年十二月調 竜門社編 竜門雑誌第五一九号別刷・第三頁 昭和六年一二月刊(DK240055k-0002)
第24巻 p.455 ページ画像

青淵先生職任年表(未定稿) 昭和六年十二月調  竜門社編
                   竜門雑誌第五一九号別刷・第三頁 昭和六年一二月刊
    明治時代
 年  月
一七  三  ○中略― ○同愛社協議員―明、二五、九 ○下略