デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

1章 社会事業
4節 災害救恤
2款 水害救恤
■綱文

第24巻 p.573-574(DK240071k) ページ画像

明治18年6月(1885年)

是月及ビ同二十三年七月・同三十年夏、埼玉県大里郡八基村ニ利根川出水ニヨル水害アリ。栄一、各回トモ金品ヲ送リ之ガ救済ヲ為ス。


■資料

渋沢治太郎氏談話(DK240071k-0001)
第24巻 p.573 ページ画像

渋沢治太郎氏談話            (財団法人竜門社所蔵)
               昭和十二年十二月三日 於埼玉県血洗島諏訪神社 松平孝聴取
    青淵先生の血洗島に於ける公共事業関係
一、血洗島水害救済
 当地の水害は明治十八年六月十五、六日頃・同二十三年七月・同三十年八月頃・同四十三年八月十一日の四回ありましたが、其の中でも最後のは最も被害が大きかつたのです。先生はこのやうな時は被浸水家族に見舞として金品を頒たれました。又此の水害に就ては水場(被浸水地域)に治水計画を起して今後に於て水害から免れるやうにしなければならぬと早くから治水計画に指導精神を持たれ、当村の人々も之に依つて絶えず治水を怠らず遂に水害からはのがれるやうになりました。
○下略


青淵先生公私履歴台帳(DK240071k-0002)
第24巻 p.573 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳         (渋沢子爵家所蔵)
    賞典
同 ○明治廿四年十一月三十日 明治二十三年中、埼玉県下洪水ノ節罹災者救助トシテ金三百円施与候段、奇特ニ付為其賞木杯一組下賜候事  同 ○賞勲局



〔参考〕埼玉県誌 埼玉県編 下巻・第四三九―四四二頁 大正元年一一月刊(DK240071k-0003)
第24巻 p.573-574 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。