デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

1章 社会事業
4節 災害救恤
5款 防疫救恤
■綱文

第24巻 p.611-612(DK240081k) ページ画像

明治15年7月(1882年)

是月ヨリ明治二十二年六月ニ至ル間、栄一、有志者ト協力シ、深川区貧民患者施療費トシテ、金二百八十四円ヲ寄附ス。


■資料

東京日日新聞 第四〇七九号乙 明治一八年七月四日午前 ○施療(DK240081k-0001)
第24巻 p.611 ページ画像

東京日日新聞  第四〇七九号乙 明治一八年七月四日午前
○施療 深川区にて渋沢栄一君を初め有志の人々協議して、去る十五年七月より三ケ年を期として同愛社の施療券を買取り、同区内の貧困患者へ頒ち与へしが、本年六月満期となりたれども、尚ほ協議の上本月より来る廿一年六月まで満三ケ年間従前の如く施療する旨深川区役所へ届出られたり


青淵先生六十年史 竜門社編 第二巻・第七一〇頁 明治三三年六月再版刊(DK240081k-0002)
第24巻 p.611 ページ画像

青淵先生六十年史 竜門社編  第二巻・第七一〇頁 明治三三年六月再版刊
 ○第五十八章 公共及公益事業
    第二十四節 深川区公共事業
○上略 明治二十五年三月、明治十五年七月ヨリ二十二年六月マテ深川貧民患者施療費寄付ノ賞トシテ木杯一組ヲ賜フ、此ノ施療法ハ先生カ有志者ト協力シテ設ケシ所ナリ ○下略


(芝崎確次郎) 日記簿 明治一七年(DK240081k-0003)
第24巻 p.611 ページ画像

(芝崎確次郎) 日記簿  明治一七年  (芝崎猪根吉氏所蔵)
十五日 ○二月 雲
○上略 又有志共立病院へ出金三拾円一時操替相渡、施療券拾五枚受取、右之分も尾高氏へ相渡申候


(芝崎確次郎) 日記簿 明治一八年(DK240081k-0004)
第24巻 p.611 ページ画像

(芝崎確次郎) 日記簿  明治一八年  (芝崎猪根吉氏所蔵)
廿五日 ○六月 晴
○上略
今夕区内施療券継続願之件ニ付、書類主人方ヘ相廻リ、右ヲ比田源吉殿ヘ持参方被申付持参ノ事


(芝崎確次郎) 日記 明治二〇年(DK240081k-0005)
第24巻 p.611-612 ページ画像

(芝崎確次郎) 日記  明治二〇年   (芝崎猪根吉氏所蔵)
五日 ○七月 晴
○上略
帰途名子新七殿ヘ使ニ参リ、区内施療券言々ノ事頼置候事
八日 ○七月 晴
今朝、名子新七殿来宅、兼テ渋沢君ヨリ御依托之区内施療券言々之件廉書出来致候ニ付御面語ヲ致し度、昨夜已来両度相伺候得共、御不在無滞ニ付、書類進達方依頼ニ付落手仕候、而しテ
例刻出頭、午後二時頃御出頭相成候ニ付、多忙㝡中ニ付御机上ヘ差置候迄ニテ、終ニ外出相成巨細上申ニ不能仕舞候事
 - 第24巻 p.612 -ページ画像 
○下略


青淵先生公私履歴台帳(DK240081k-0006)
第24巻 p.612 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳         (渋沢子爵家所蔵)
    賞典
同 ○明治廿五年三月十一日 明治十五年七月ヨリ廿二年六月迄ニ於テ、東京市深川区貧民患者施療費トシテ金弐百八拾四円寄附候段奇特ニ付、為其賞木杯一組下賜候事         同 ○賞勲局