デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
2節 国際団体及ビ親善事業
1款 喜賓会
■綱文

第25巻 p.465-466(DK250018k) ページ画像

明治33年6月5日(1900年)

是日栄一、喜賓会幹事会ニ出席シ、規則修正及ビ会員増募ノ事ヲ議ス。翌三十四年ニ亘リ会員募集ノタメニ尽力ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三三年(DK250018k-0001)
第25巻 p.465 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三三年     (渋沢子爵家所蔵)
六月五日 晴
○上略 帝国ホテルニ抵リ ○午前喜賓会幹事会ヲ開ク、蜂須賀侯爵・益田孝横山孫一郎諸氏来会ス、規則修正、会員増募ノ事ヲ談ス ○下略


弘岡幸作手記(DK250018k-0002)
第25巻 p.465 ページ画像

弘岡幸作手記               (財団法人竜門社所蔵)
非律賓駐在米国軍人満期交替帰国の際、長崎より横浜港までは軍艦によらず内地鉄道旅行希望のため、長崎に喜賓会支部を置くことにつき青淵先生本年 ○明治三三年三月五日以来同地松田源五郎氏に尽力を乞はれしが、いよいよ支部設立のため款待帖を同地に発送して之を軍人に分配することを取扱方協議し、従て喜賓会規則の一部を改正せり、次に神戸にも関西支部を設置し会員の募集に大に努力することゝなれり


竜門雑誌 第一五三号・第四〇―四一頁 明治三四年二月 ○喜賓会の拡張(DK250018k-0003)
第25巻 p.465 ページ画像

竜門雑誌  第一五三号・第四〇―四一頁 明治三四年二月
    ○喜賓会の拡張
喜賓会は紳士紳商の発起に成り、我邦へ来遊する外賓を歓迎し、旅行及び視察上諸般の便宜を供して彼我交際の親密を謀り、間接に我通商の発達に勗むること既に八年、明治三十年以来歓待帖と題し英文日本案内地図・国勢一斑及び本会の主趣を摘載せる小冊子数万部を調製し内外各地に於ける百八十八箇所の取次所を経て之を配付し、海外士女の来遊を誘招すると共に内地旅行の便に供し、尚ほ曩に在フヰリツピン米国軍人歓迎の為め幹線鉄道の連絡二割引の遊覧切符を発送し、今又在清欧米軍人に対し全国各鉄道二割引切符を発送するの準備中なりと云ふ、然るに何分会員の数予定に達せず、会務を拡張するの必要あるを以て、今度会長たる蜂須賀侯、幹事長たる青淵先生及幹事総代益田孝氏、各地の有志に向け入会誘勧中なりと云
   ○明治三十三年八月十五日聯合軍隊北京ニ進撃シテ各国公使館ヲ救援保護スル北清事変後ニ於テ右外国軍人ガ我国ニ来航ノ場合ニ於テハ、曩ニ在『フイリツピン』米国軍人歓待ノタメ幹線鉄道二割引ノ例ニヨリ切符発行ノ準備ニカカリタルコトアリ、此記事ハ其頃会員募集中ニツキ利用ノタメ掲載セラレタルモノナルベシ。(「弘岡幸作手記」ニヨル)
 - 第25巻 p.466 -ページ画像 


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK250018k-0004)
第25巻 p.466 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三四年     (渋沢子爵家所蔵)
三月三十日 雨
○上略 午後二時帝国ホテルニ抵リ、喜賓会総会ニ列ス ○下略