デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
3節 外賓接待
14款 其他ノ外国人接待
■綱文

第25巻 p.647-648(DK250073k) ページ画像

明治32年2月2日(1899年)

是日栄一、清国天津在留フランス商人ヒリッポヲ新橋花月楼ニ招待シテ晩餐会ヲ開ク。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三二年(DK250073k-0001)
第25巻 p.648 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三二年     (渋沢子爵家所蔵)
二月二日 晴
○上略
午後四時花月楼ニ於テ、天津在留仏商ヒリポツト氏及林権助・木内重四郎・商業会議所役員萩原○源太郎・小崎数氏ヲ饗宴ス、席上ヒリホツト氏陳列館ノ事ヲ演説ス、夜十時散会


中外商業新報 第五〇九七号 明治三二年二月三日 ○渋沢氏の外賓招宴(DK250073k-0002)
第25巻 p.648 ページ画像

中外商業新報  第五〇九七号 明治三二年二月三日
○渋沢氏の外賓招宴  渋沢栄一氏は昨二日午後四時より新橋花月楼に於て、在清国天津の仏国商館ヒリツポ商会主ヒリツポ氏の為め饗宴を催し、林通商局長・木内商務局長並に東京商業会議所役員等も招待せられたる由なるが、ヒリツポ氏は従来天津に於て郵船会社の代理店を引受け居りて、今回同地に日本商品陳列館を設置せんとの希望にて渡来したる者なりと云ふ