デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
3節 外賓接待
14款 其他ノ外国人接待
■綱文

第25巻 p.670-675(DK250089k) ページ画像

明治39年4月10日(1906年)

是日栄一、アメリカクーン・ロープ商会社長ジェコブ・シフヲ飛鳥山邸ニ請ジテ午餐会ヲ開ク。此前後ニ亘リ各所ニ催サレタルシフノ招宴ニ出席ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三九年(DK250089k-0001)
第25巻 p.670-671 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三九年     (渋沢子爵家所蔵)
三月二十八日 晴 軽暖           起床七時 就蓐十二時
○上略 七時半 ○午後阪谷大蔵大臣官舎ニ抵リ、米国人シッフ氏一行ノ招宴ニ陪席ス、夜十時宴散シテ十一時王子別荘ニ帰宿ス
三月二十九日 曇 軽寒           起床七時 就蓐一時
○上略
午後七時半兼子ト共ニ華族会館ニ抵リ、日本銀行総裁ノ開催スル米国人シッフ氏ノ招宴ニ陪席ス、西園寺総理・田中宮内・阪谷大蔵等ノ大臣等来会ス、十時過宴散シ十二時帰宿ス
   ○中略。
四月七日 晴 風ナシ            起床七時 就蓐十二時
○上略 午飧後三時兼子ト共ニ小石川後楽園ニ抵リ、日本銀行ニ於テ催シタル米人シフ氏招待ノ園遊会ニ出席ス ○下略
四月八日 曇夕雨 軽暖           起床八時 就蓐十二時三十分
○上略 五時過 ○午後大倉氏別邸ニ抵リ、シフ氏招宴ノ会ニ出席ス、酒間種種ノ余興アリ、夜十二時王子ニ帰宿ス、此日大倉邸ノ宴会ニハ兼子モ同席シテ夜共ニ帰宿ス
四月九日 雨 微寒             起床七時 就蓐十一時三十分
○上略 午前十一時半ヨリ兼子ト共ニ馬車ヲ馳テ早稲田大隈伯邸ニ抵リ、
 - 第25巻 p.671 -ページ画像 
米人シフ氏招宴ニ陪席ス、午飧後室内ノ装飾ヲ一覧シ、更ニ温室ニ於テ休憩ス、種々ノ花卉アリテ頗ル美観ナリ、午後三時散会シ ○下略
四月十日 雨 微寒             起床六時三十分 就蓐十一時三十分
起床後本日ノ客来ニ関スル準備ヲ為シ、種々ノ指揮ニ忙シ、七時過朝飧ヲ畢リ、雨中数回庭園ヲ巡視ス、午前十一時頃ヨリ来客アリ、十一時半米国人シフ夫妻及一行来ル、来会スル者三十九名、十二時頃雨少シク歇ミタレハ庭中ヲ散歩シ、且庭中ノ余興ヲ演シ、午後一時食卓ヲ庭中ノ仮屋ニ開ク、食事中一場ノ演説ヲ為ス、主賓シフ氏ヨリモ挨拶演説アリ、食後花壇ヲ一巡シ更ニ書院ニ誘ヒ、芸妓ノ踊ヲ演セシム、数番ノ余興畢リテ午後五時頃一同散会ス
シフ氏夫妻及其一行悉ク歓ヲ尽シテ去ル
   ○中略。
四月十八日 晴 風             起床六時 就蓐十一時三十分
○上略 午後六時兼子ト共ニ紅葉館ニ抵リ、米人シフ氏招宴ニ出席ス、東京市長ノ催フ《(ス)》所ナリ、種々ノ余興アリ、夜十時散会、王子ニ帰宿ス
   ○中略。
五月十四日 晴 暖             起床六時三十分 就蓐一時
○上略 午後七時半兼子ト共ニ帝国ホテルニ抵リ、米人シッフ氏ノ夜飧会ニ出席ス、来会者九十名余、粧飾割烹頗ル美善ヲ尽サレリ、食卓上シッフ氏ノ演説、松方伯ノ答辞アリ、各歓ヲ尽シ夜十一時過散会ス
   ○中略。
五月十六日 半晴 暖            起床七時 就蓐十二時三十分
○上略 午後一時井上伯邸ニ抵リ、シッフ氏招宴ニ陪席ス ○下略
   ○中略。
五月十八日 曇 暖             起床六時三十分 就蓐十一時三十分
○上略 八時四十分 ○午前新橋発ノ汽車ニテ横浜ニ抵ル、杉田氏 ○第一銀行支店支配人停車場ニ来リ迎フ ○中略 十一時米国人シッフ氏ヲ本船ニ送別ス、井上伯高橋是清・添田寿一氏等来会ス ○下略


(八十島親徳) 日録 明治三九年(DK250089k-0002)
第25巻 p.671-672 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治三九年   (八十島親義氏所蔵)
四月五日 晴
朝王子邸ニ至ル、来十日米国ノ紳士シッフ氏ノ一行ヲ招待セラルヽニ付、西洋庭ヘ臨時的ニ食堂ヲ建築サルヽヲ以テ、尾高氏等ト共ニ其ヲ撿分スル為也 ○下略
   ○中略。
四月九日 終日雨
○上略
明日飛鳥山邸ニ於ケルシッフ一行招客ノ準備多忙ナリ ○下略
四月十日 終日雨
早起七時半出発、飛鳥山邸ニ至ル、今日ハ目下渡来中ノ米国資本家ニシテ我外債(戦時中)募集ニ効労アリシジエーコブ・エチ・シッフ氏夫妻一行ヲ午餐ニ招カルヽ次第ニシテ、態々西洋庭ニ堀建《(掘)》コケラ葺・杉葉飾・ゴー天井ノ食堂ナド建築シ用意セラレシニ、終ニ終日小ヤミモナク降リシキリシニハ大閉口ナリ、来客三十余名、予定ノ十一時半
 - 第25巻 p.672 -ページ画像 
ニ来着、一部ハ雨中庭園散歩、丸一太神楽ナド見物、一時ヨリ雨中食堂ニ至ル、食堂ハ今朝来急ニ寒キタメ瓦斯ストーブノ準備等種々ノ設備モ漸ク出来シ、先々無事決了、ホテル料理一人前十円也、予モ席末ニ列ス、男爵ノ食卓演述ハ深井英五氏ニ托シ反訳ス、男爵ノ巧妙ノ言辞ヲ亦工合ヨク反訳セリ、食後日本館広間ニ導キ、舞台ニテ新橋芸妓ノ千代田振ノ踏《(踊)》リ・潮汲、及杵屋連中ノ大薩摩等ヲ聞カセ、五時散会雨中トシテハ先ツ上出来ナリシ ○下略


大倉喜八郎和歌(DK250089k-0003)
第25巻 p.672 ページ画像

大倉喜八郎和歌              (渋沢子爵家所蔵)
  青淵大人の別墅に華の頃米人シーフ氏一行を招かれけるをり
    舞妓の踊りを見て
                       鶴彦
 飛鳥山けふの詠めは舞姫の花のたもとに雨のふり袖


竜門雑誌 第二一五号・第四二―四三頁 明治三九年四月 ○青淵先生のシツフ氏招待会(DK250089k-0004)
第25巻 p.672 ページ画像

竜門雑誌  第二一五号・第四二―四三頁 明治三九年四月
○青淵先生のシツフ氏招待会 青淵先生には目下来遊中の米国紳士シツフ氏一行を主賓とし、去る十日午前十一時卅分より飛鳥山曖依村荘に招待して午餐会を催ふされたるが、主賓はジエーコブ、ヱチ、シツフ氏・同令夫人・ヘンリー、ブツヂ氏・同令夫人・シグモンド、ノエスタツド氏・同令夫人・ヱルンスト、ヱチ、シツフ(シツフ氏の令甥)陪賓は米国大使館員・阪谷大蔵大臣・同令夫人・珍田外務次官・同令夫人・松尾臣善・高橋是清・同令夫人・園田孝吉・同令夫人・添田寿一・池田謙三・近藤廉平・大倉喜八郎・同令夫人・浅野総一郎・同令夫人・益田孝・佐々木勇之助・三井八郎次郎・安田善次郎・深井英五森賢吾の諸氏にて、主人側青淵先生・同令夫人・竜門社長・同令夫人穂積博士・同令夫人・八十島親徳氏等にして、当日は生憎前日来引続きたる降雨尚歇まざりしが、定刻に到れば主賓陪賓悉く同荘洋館に着し、談笑の下に庭内に催されたる丸一大神楽に興じつゝ時の移つるを知らざりし、軈て午後一時午餐会に移る、会場は一行招請の為め特に同庭内に新設したるものにて、清洒なる建築は能く園景に対照し一層の雅致を加へたり、宴漸く盛なるの頃、青淵先生より一場の挨拶を述べ、シツフ氏之が答辞をなし、已にして饗応を終れば主賓相連れ立ちて日本雨傘を擁しつゝ庭園を出て、或は花下に逍遥し、或は神楽に目を転し、特にシツフ氏一行は陪賓諸氏と合々傘にて喜色満面に溢れ時の移るを知らさりしが、間もなく日本座敷に於ては新橋芸妓の手踊等余興準備成りたれば、更に一同は玆に移り、十二分の歓を尽して散会せしは午後五時頃なりき


時事新報 第八〇七四号 明治三九年四月一一日 ○渋沢男のシツフ氏招待(DK250089k-0005)
第25巻 p.672-673 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕時事新報 第八〇五六号 明治三九年三月二四日 シツフ氏の来遊(DK250089k-0006)
第25巻 p.673 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕東京市養育院月報 第六三号・第一六頁 明治三九年五月 ○米人シツフ氏の寄附(DK250089k-0007)
第25巻 p.673-674 ページ画像

東京市養育院月報  第六三号・第一六頁 明治三九年五月
 - 第25巻 p.674 -ページ画像 
○米人シツフ氏の寄附 先頃本邦へ来遊せられし米国紳士ジエーコブエチ・シツフ氏は、本院基本財産中に編入せられたしとて、四月十三日金七千五百円を本院へ寄附せられたり。



〔参考〕時事パンフレット十三輯日露戦争を語る 時事新報社編 外交財政の巻・第四三―四七頁 昭和一〇年五月刊(DK250089k-0008)
第25巻 p.674-675 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。