デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
3節 外賓接待
14款 其他ノ外国人接待
■綱文

第25巻 p.684-685(DK250096k) ページ画像

明治40年5月12日(1907年)

是日、王子曖依村荘ニ開カレタル竜門社第三十八回春季総会ニ韓国宮内府参書官沈璋変以下二十九名ヲ招請シ、栄一午餐ヲ共ニシ挨拶ヲ述ブ。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK250096k-0001)
第25巻 p.684 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四〇年    (渋沢子爵家所蔵)
五月十二日 晴 暖             起床七時 就蓐十一時三十分
○上略 食後庭中ヲ散歩シテ、本日竜門社春季総会ニ関スル設備ヲ一覧ス午前十時ヨリ韓国ノ来客数十名先ツ来会ス、迎ヘテ庭園ヲ散歩ス、十一時ヨリ開会、坪井博士人類学ト博覧会ト云フ演題ニテ詳細ナル演説アリ、後余モ常識ノ修養ト云フ演題ニテ一場ノ演説ヲ為シ、夫ヨリ韓国及内国来客六十名余ト共ニ午飧ヲ為シ、食後余興ヲ一覧ス、午後四時頃散会 ○下略


竜門雑誌 第二二八号・第二七―二八頁 明治四〇年五月 ○本社第三十八回春季総集会(DK250096k-0002)
第25巻 p.684-685 ページ画像

竜門雑誌  第二二八号・第二七―二八頁 明治四〇年五月
○本社第三十八回春季総集会 本社第三十八回春季総集会は前号に記する如く本月十二日飛鳥山曖依村荘に於て開会せられたり ○中略
又爰に特記せざるべからざるは、当日韓国視察員の一行が来会せられたることにして、其食卓上に於ては青淵先生の挨拶、及之に対する韓相竜氏の謝辞ありたり、嘉賓の芳名左の如し
 韓国宮内府参書官             沈璋変
 侍従院侍従                趙南益
 同                    李載恒
 議政府参書官               高源植
 同                    金寧鎮
 中枢院参書官               権泰〓
 内部参書官                宋之憲
 学部参書官                李会九
 同                    閔健植
 官立法語学校教官             李能和
 陸軍歩兵参尉               李明秀
 従二品                  権直相
 赤十字事務官               朴永大
 通訳官(前検事)             李邦協
 同(農商工技手)             李鎮允
 同                    申昇均
 株式会社漢城農工銀行長、株式会社天一銀行取締役
                      白完爀
 株式会社漢城銀行総務長、漢城手形組合評議員
 - 第25巻 p.685 -ページ画像 
                      韓相竜
株式会社韓城農工銀行理事          李鴻謨
株式会社漢城農工銀行監事、漢城共同倉庫会社取締役
                      白寅基
京城商業会議所議員             金時鉉
通訳(共同倉庫会社事務員)         金鎮玉
同(手形組合事務員)            洪学均
韓国留学生監督               申海永
                      白縉圭
                      徐東権
                      金碩鎮
                      金允鎮
                      金鐘健
                      李晋九
猶右の外統監府財政監督官馬場鍈一・大蔵大臣秘書官森俊六郎氏も来会せられたり
○下略