デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
3節 外賓接待
14款 其他ノ外国人接待
■綱文

第25巻 p.686-687(DK250099k) ページ画像

明治40年10月24日(1907年)

是ヨリ先本月十八日、インド豪商アール・ディ・タタ栄一ヲ兜町ノ事務所ニ訪フ。是日栄一、同夫妻ヲ飛鳥山邸ニ招イテ晩餐会ヲ開ク。次イデ十一月二日、同人ノ催セル帝国ホテルニ於ケル晩餐会ニ出席ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK250099k-0001)
第25巻 p.686 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四〇年    (渋沢子爵家所蔵)
十月十八日 晴 冷             起床八時 就蓐十二時
○上略 午前 ○中略 兜町事務所ニ抵リ、印度人タタ氏ノ来訪ニ接ス ○下略
   ○中略。
十月二十四日 曇 冷            起床七時 就蓐十二時
○上略 午後四時王子ニ帰宿シ、此日招宴セシ印度人タタ夫妻及近藤・加藤・岩永・浅野諸氏夫妻、及朝吹・佐々木・斎藤氏等会合シ、各歓ヲ尽シ夜十時過散会ス
   ○中略。
十一月二日 晴 冷             起床七時 就蓐十二時
○上略 午後七時帝国ホテルニ抵リ印度人タタ氏招宴ニ出席ス、食卓ニ於テ一場ノ挨拶ヲ述ヘ、夜九時散会、十時過王子ニ帰宿ス、兼子同伴ス


(八十島親徳) 日録 明治四〇年(DK250099k-0002)
第25巻 p.686-687 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治四〇年    (八十島親義氏所蔵)
十月廿四日 曇
例刻出勤、本日午後ハ飛鳥山邸ヘ出頭、午後四時ヨリゼー・エン《(マヽ)》・タタ氏夫妻ヲ被招、近藤廉平・加藤正義・浅野総一郎・朝吹英二・岩永省一等各夫妻、佐々木勇之助・斎藤精一等相客也、予モ席末ニ列ス、
 - 第25巻 p.687 -ページ画像 
庭散歩ノ後広間ニテ日本料理ノ饗応ニシテ、新橋政弥・実子等其他連中ノ踊二マクヲ余興トス、タタ氏始其夫人(仏人)ハ日本風ニ慣ルヽヲ勉メ、且夫人モ至テオトナシヤカノ美人ナリ、帰宅セシハ十二時 ○下略
   ○タタハ大正七年ニモ渡来セリ。第三編第一部第三章国際親善中「外賓接待」同年四月二十二日ノ条参照。
   ○タタハ明治三十三年ニモ渡来セリ。本款同年九月九日ノ条(本巻第六五〇頁)参照。