デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
3節 外賓接待
14款 其他ノ外国人接待
■綱文

第25巻 p.693-694(DK250104k) ページ画像

明治41年5月10日(1908年)

是ヨリ先、フランス人アンドレ・ゴアン、株式会社第一銀行ニ入リテ銀行事務ヲ視察ス。同人近ク帰国セントスルニヨリ、是日栄一、飛鳥山邸ニ招ジテ送別午餐会ヲ開ク。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四一年(DK250104k-0001)
第25巻 p.693 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四一年    (渋沢子爵家所蔵)
四月二十七日 雨 暖
○上略 午前十時事務所ニ抵リ ○中略 仏人ゴアン氏ノ来訪ニ接ス ○下略
   ○中略。
五月十日 曇 暖
○上略 午前十一時仏国人ゴアン氏来ル、佐々木 ○勇之助・石井 ○健吾・篤二・八十島 ○親徳来会ス、蓋シゴアン氏ノ帰国ヲ送別ノ為メ催シタル小宴ナリ、ゴアン氏ト経済上ノ談話ヲ為シ、畢テ庭園ヲ散歩シ、茶席ニ於テ午飧ス、午後三時帰ル ○下略
   ○中略。
五月十三日 晴 暖
○上略 午後、日本銀行ノ集会所ニ抵リコアン氏送別会招宴ニ陪席ス ○下略


(八十島親徳) 日録 明治四一年(DK250104k-0002)
第25巻 p.693-694 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治四一年    (八十島親義氏所蔵)
五月十日 日曜 雨
今日昼、王子ニ於テ仏国人ゴアン氏(巴里銀行頭取ノ孫ニシテ日本ノ財政経済視察ノ為、昨年以来滞在、第一銀行ヘモ入行セシ人也)ノ送別会ヲ被開、洋館ニテ談話ノ後、茶室ニテ懐石ノ御馳走アリ、男爵父子・佐々木氏・石井健吾氏・ゴアン氏・書記   氏及予モ《(欠字)》同席セリ○下略
 - 第25巻 p.694 -ページ画像 
五月十三日 晴
○上略 昼、ゴアン氏ノ送別宴ニ日本銀行舎宅ニ招カル、旧銀行跡ノ裏手ニ新築セラレタル善美ナル日本式建物ニシテ、食卓ノ洋食・洋酒何レモ善美ヲ尽セリ、手厚キ饗応ナリキ
勝田理財局長・飯田参事官・渋沢男・豊川・早川・池田・清水・渋沢篤二・佐々木勇之助氏等ニシテ、主人側ハ高橋・渡辺・井上・桜田諸氏ナリキ ○下略


竜門雑誌 第二四〇号・第三一頁 明治四一年五月 ○ゴアン氏送別会(DK250104k-0003)
第25巻 p.694 ページ画像

竜門雑誌  第二四〇号・第三一頁 明治四一年五月
○ゴアン氏送別会 昨年仏国巴里和蘭銀行副支配役フィナリー氏と同道して本邦に来遊し、後一行に分れ東京に残留して第一銀行に入り、本邦銀行事務の実地視察をせられたるアンドレ・ゴアン氏は此程其用務を了へ本月十四日帰国の途に上られたるが、青淵先生には同氏の為め同月十日正午飛鳥山邸に於て送別会を催ふされ、当日は第一銀行総支配人佐々木勇之助・同行横浜支店支配人石井健吾の両氏及渋沢本社長並に八十島幹事も出席せられたり