デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

8章 其他ノ公共事業
2節 祝賀会・歓迎会・送別会
5款 東宮御慶事奉祝会
■綱文

第28巻 p.723-729(DK280117k) ページ画像

明治41年10月10日(1908年)

是日、当会職員並ニ関係者ニ対スル当会ノ褒賞行ハレ、栄一ハ副会長トシテ、評議員会ノ決議ニヨリ、感謝状並ニ記念品ヲ受ク。


■資料

東宮御慶事奉祝会報告 同会残務事務所編 第三八〇―三八五頁 明治四二年四月刊(DK280117k-0001)
第28巻 p.723-725 ページ画像

東宮御慶事奉祝会報告 同会残務事務所編
                     第三八〇―三八五頁 明治四二年四月刊
  第十一 褒賞
    一 建築所有功者褒賞
奉献美術館建築工事一小部分の外略ほ落成せしを以て、建築所職員は四十一年七月其大半を解職すると共に、年来の勤労に対し夫夫慰労金を贈与せり ○中略
次て同年九月愈々献納の手続を為すの準備に著手し、建築監督並監督技師等に対し金品を贈り、左の謝状を発して其功労を表彰せり
      其一
 拝啓、去ル明治三十三年五月
 皇太子殿下御大婚ノ際、本会之カ祝意ヲ表センカ為メ上野公園内ニ美術館ヲ建築シ奉献セントスルニ当リ、該館建築ニ関スル一切ノ監督方御依頼致候処、今ヤ略ホ竣成ヲ告ケ不日献納ノ手続ヲ完了スルノ運ニ立至リ候、右ハ御尽瘁ノ結果ト深ク感謝ノ至リニ不堪候、依テ邇・j聊カ御礼ノ為メ左ノ記念品ヲ贈呈シ微意ヲ表シ度、如此ニ御
 - 第28巻 p.724 -ページ画像 
座候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    股野琢殿
 一記念章     壱個
 一花瓶料金若干円
      其二
 拝啓、去ル明治三十三年五月
 皇太子殿下御大婚ノ際、本会之カ祝意ヲ表センカ為メ上野公園内ニ美術館ヲ建築シ奉献セントスルニ当リ、該館建築ノ設計及監督等御依嘱致シ候処、今ヤ略ホ竣成ヲ告ケ不日献納ノ手続ヲ完了スル運ヒニ立至リ候、右ハ貴下御尽瘁ノ結果ト深ク感謝ノ至リニ不堪候、依テ邇・j御礼ノ為メ記念章壱個及若干円贈呈致シ微意ヲ表シ度、如此ニ御座候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    片山東熊殿
      其三
 拝啓
 皇太子殿下御結婚ヲ奉祝スルカ為メ、上野公園内ニ奉献美術館ヲ建築スルニ際シ、専ラ工事ヲ御担当被下候処、今ヤ該館略ホ竣成ヲ告ケ不日献納ノ手続ヲ完了スルノ運ヒニ立至リ候、右ハ是迄工事諸般ニ対シ御尽力不少儀ト感謝ノ至リニ不堪候、依テ此ニ御礼ノ為メ記念章壱個及金若干円贈呈致シ微意ヲ表シ度、如此ニ御座候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    新家孝正殿
又特に建築上に貢献せし浅野セメント合名会社・古河鉱業合名会社・日本煉瓦製造株式会社・鍋島彦七郎氏及遠藤君蔵氏に対し、記念品を贈りて左の謝状を発せり
 拝啓、本会ハ
 皇太子殿下御大婚奉祝ノ為メ奉献美術館ヲ建築スルニ当リ、該工事ニ関シ貢献セラルヽ所勘ナカラス、感謝ニ堪ヘス、今ヤ建築略ホ工ヲ竣ヘ不日献納ノ運ヒニ立至リ候条、邇・j聊カ左ノ記念品ヲ贈リ謝意ヲ表シ候 敬具
  明治四十一年十月十日  東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
 - 第28巻 p.725 -ページ画像 
    浅野セメント合名会社
    古河鉱業合名会社   御中
    日本煉瓦製造株式会社  各通
    鍋島彦七郎殿
    遠藤君蔵殿
一三ツ組銀盃     壱箱
○下略


東宮御慶事奉祝会報告 同会残務事務所編 第三八六―三九一頁 明治四二年四月刊(DK280117k-0002)
第28巻 p.725-726 ページ画像

東宮御慶事奉祝会報告 同会残務事務所編
                     第三八六―三九一頁 明治四二年四月刊
 ○第十一 褒賞
    二 本会職員褒賞
評議員会の決議に基き、会長及ひ副会長に贈りし感謝状左の如し
      其一
 明治三十三年五月
 皇太子殿下御婚儀ノ大典ヲ挙ケサセラルヽヤ、我東京市民ハ欣喜雀躍赤誠以テ奉祝ノ意ヲ表セントス、当時閣下率先之カ首唱者ト為リ遂ニ本会ノ成立ヲ見ルニ至リ、又推サレテ会長ノ職ニ就キ会務ヲ統理セラレ会員ノ募集、有志ノ勧誘啻ニ予想以上ノ効果ヲ収ムルノミナラス、奉献美術館ノ規画経営皆其図ニ適シ、今ヤ工事ノ竣成ヲ告ケ、是ニ本会ノ初志ヲ貫キ将ニ献納ノ目的ヲ達セントス、蓋シ閣下終始渝ハラス指導尽瘁ノ致ス所、恂ニ感激ノ至リニ耐ヘス、特ニ評議員会ノ決議ニ基キ、記念トシテ菲薄ノ物品ヲ贈進シ、以テ聊カ邇・j謝意ヲ表彰ス
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会評議員総代
                      大倉喜八郎
                   子爵 曾我祐準
    会長 男爵 千家尊福殿
 一記念章     壱個
 一金屏風     壱双
      其二
 明治三十三年五月
 皇太子殿下御婚儀ノ大典ヲ挙ケサセラルヽヤ、我東京市民ハ欣喜雀躍赤誠以テ奉祝ノ意ヲ表セントス、当時閣下率先之カ首唱者ト為リ遂ニ本会ノ成立ヲ見ルニ至リ、又推サレテ副会長ノ職ニ就キ、爾来会長ヲ佐ケテ会務ヲ処理セラレ、会員ノ募集、有志ノ勧誘啻ニ予想以上ノ効果ヲ収ムルノミナラス、奉献美術館ノ規画経営皆其図ニ適シ、今ヤ工事ノ竣成ヲ告ケ、是ニ本会ノ初志ヲ貫キ将ニ献納ノ目的ヲ達セントス、蓋シ閣下終始渝ハラス指導尽瘁ノ致ス所、恂ニ感激ノ至リニ堪ヘス、特ニ評議員会ノ決議ニ基キ、記念トシテ菲薄ノ物品ヲ贈進シ、以テ聊カ邇・j謝意ヲ表彰ス
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会評議員総代
 - 第28巻 p.726 -ページ画像 
                      大倉喜八郎
                   子爵 曾我祐準
    副会長 男爵 渋沢栄一殿
 一記念章     壱個
 一金屏風     壱双
又本会成立当時評議員中より互選せられ常議員として会務に尽瘁ありし諸氏に対する謝状左の如し
 拝啓、去ル明治三十三年五月
 皇太子殿下御大婚奉祝ノ為メ、美術館ヲ建設シ之ヲ奉献スルノ目的ヲ以テ本会ヲ設立スルニ当リ、貴下ハ本会常議員トシテ会員ノ募集有志ノ勧誘等ニ御尽力被下候処、幸ニ好果ヲ奏シ今ヤ該館ノ建築略ホ竣成ヲ告ケ、不日献納ノ手続ヲ完了スルノ運ニ立至リ候、依テ邇・j左ノ記念品ヲ贈呈シ、併テ聊カ謝意ヲ表シ候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    岩出惣兵衛殿
    今井喜八殿
    伊東茂右衛門殿
    柿沼谷蔵殿
    吉田幸作殿
    中野武営殿
    中沢彦吉殿   各通
    中島又五郎殿
    野中万助殿
    益田孝殿
    福原有信殿
    雨宮敬次郎殿
    朝吹英二殿
 一三ツ組銀盃     壱箱
本会創立以来会務に従事せし書記に対する辞令左の如し
                   書記 堤和保
 本会創立以来此ニ九閲年、会務ニ従事シ其労少シトセス、今ヤ奉献美術館建築工ヲ竣ヘ本会其目的ヲ完了ス、仍テ記念章及金若干円ヲ給与ス
  明治四十一年十月十日
         東宮御慶事奉祝会会長 男爵 千家尊福印


東宮御慶事奉祝会報告 同会残務事務所編 第三九二―三九七頁 明治四二年四月刊(DK280117k-0003)
第28巻 p.726-729 ページ画像

東宮御慶事奉祝会報告 同会残務事務所編
                     第三九二―三九七頁 明治四二年四月刊
 ○第十一 褒賞
    三 東京市役所関係者褒賞
本会事務を東京市役所に委託したる為め、同市役所内に於ける関係者
 - 第28巻 p.727 -ページ画像 
に対し発せし謝状左の如し
      其一
 拝啓、本会ハ
 皇太子殿下御大婚奉祝ノ為メ、奉献美術館ヲ建築スルニ当リ、会務一切ヲ東京市役所ニ御委託致候処、終始御監督被成下、幸ニ無事該館ノ建築ヲ竣ユルノ運ニ相成、不日献納ノ手続ヲ完了可致候、右ハ御尽力不少儀ト感謝ニ不堪候、依テ邇・j聊カ左ノ記念品ヲ贈呈シ微意ヲ表シ度、如此ニ御座候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    東京市長 尾崎行雄殿
 一記念章       壱個
 一花瓶        壱対
      其二
 拝啓、本会ハ
 皇太子殿下御大婚奉祝ノ為メ、奉献美術館ヲ建築スルニ当リ、会務一切ヲ東京市役所ニ御委託致候処、該事務委員長トシテ終始御尽力被下拝謝致候、今ヤ建築略ホ工ヲ竣ヘ、不日献納ノ運ニ立至リ候条邇・j聊カ左ノ記念品ヲ贈リ謝意ヲ表シ候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東京御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    事務委員長 梅川忠兵衛殿
 一記念章     壱個
 一金若干円
      其三
 拝啓、本会ハ
 皇太子殿下御大婚奉祝ノ為メ、奉献美術館ヲ建築スルニ当リ、会務一切ヲ東京市役所ニ委託セシ際、当時貴下ハ委員長トシテ御尽力被下拝謝致シ候、今ヤ建築略ホ工ヲ竣ヘ、不日献納ノ運ニ立至リ候条邇・j聊カ左ノ記念品ヲ贈リ謝意ヲ表シ候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    浦田治平殿
            各通
    丸山名政殿
 一記念章     壱個
 一金若干円
      其四
 拝啓、本会ハ
 - 第28巻 p.728 -ページ画像 
 皇太子殿下御大婚奉祝ノ為メ、奉献美術館ヲ建築スルニ当リ、会務一切ヲ東京市役所ニ御委託致候処、該事務委員トシテ終始御尽力被下拝謝致候、今ヤ建築略ホ工ヲ竣ヘ、不日献納ノ運ニ立至リ候条、邇・j聊カ左ノ記念品ヲ贈リ謝意ヲ表シ候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    事務委員 玉井幸太殿
                各通
    事務委員 見山正賀殿
 一記念章       壱個
 一金若干円
      其五
 拝啓、本会ハ
 皇太子殿下御大婚奉祝ノ為メ、奉献美術館ヲ建築スルニ当リ、会務一切ヲ東京市役所ニ委託セシ際、該事務委員トシテ御尽力被下拝謝致シ候、今ヤ建築略ホ工ヲ竣ヘ、不日献納ノ運ニ立至リ候条、邇・j聊カ左ノ記念品ヲ贈リ謝意ヲ表シ候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    永沢慎吉殿
            各通
    末吉安久殿
 一記念章     壱個
     (辞令)
                 嘱託書記 熊野昇
 本会会計事務ヲ嘱託以来精励其労少シトセス、今ヤ奉献美術館建築工ヲ竣ヘ本会其目的完了ス、仍テ記念章及金若干円ヲ贈給ス
  明治四十一年十月十日
        東京御慶事奉祝会会長 男爵 千家尊福印
    四 関係者遺族褒賞
本会副会長にして且東京市長たりし故松田秀雄氏並本会常議員たりし故星亨氏、及故渡辺洪基氏は何れも本会の為め貢献せられしこと尠なからさりしに依り、これに報ひんか為め各遺族に対し左の書面に記念品を添付して、聊か謝意を表せり
      其一
 拝啓、去ル明治三十三年五月
 皇太子殿下御結婚ノ大典ヲ挙ケサセラルヽニ際シ、奉祝ノ誠意ヲ表センカ為メ本会ヲ設立スルニ当リ、故松田秀雄君ハ本会副会長トシテ、又本会事務ヲ東京市役所ニ委託スルヤ市長トシテ其間終始会務ヲ処理セラレ候処、今ヤ本会ノ目的タル奉献美術館ノ建設工ヲ竣ヘ不日献納ノ手続ヲ完了スルノ運ニ立至リ候、右ハ故松田君ノ御尽力不尠義ト感謝ニ不堪候、依テ邇・j聊カ左ノ記念品ヲ贈呈シ、其謝意
 - 第28巻 p.729 -ページ画像 
ヲ表シ候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    松田清殿
 一記念章     壱個
 一花瓶      壱対
      其二
 拝啓、去ル明治三十三年五月
 皇太子殿下御大婚奉祝ノ為メ、美術館ヲ建設シ之ヲ奉献スルノ目的ヲ以テ本会ヲ設立スルニ当リ、故星亨殿故渡辺洪基殿ハ本会常議員トシテ会員ノ募集、有志ノ勧誘等ニ御尽力被下候処、幸ニ好果ヲ奏シ今ヤ該館ノ建築略ホ竣成ヲ告ケ、不日献納ノ手続ヲ完了スルノ運ニ立至リ候依テ邇・j左ノ記念品ヲ贈呈シ聊カ謝意ヲ表シ候 敬具
  明治四十一年十月十日
              東宮御慶事奉祝会
                副会長 男爵 渋沢栄一
                会長  男爵 千家尊福
    星光殿
             各通
    渡辺貞子殿
 一三ツ組銀盃     壱箱