デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

3部 身辺

1章 家庭生活
2節 健康
■綱文

第29巻 p.113-119(DK290038k) ページ画像

明治33年(1900年)

渋沢栄一日記及ビ八十島親徳日録ニ記載セラレタル、栄一是年ニ於ケル健康ニ関スル事項。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三三年(DK290038k-0001)
第29巻 p.113-117 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三三年     (渋沢子爵家所蔵)
一月九日 晴
○上略
昨夜来少シク感冒ノ気味ナルヲ以テ入浴スルヲ得ス、夜ニ入リテ稍快ヲ覚フ
   ○栄一、一月六日大磯ニ転地、同月十八日帰京ス。
一月十日 朝曇午後大雨且風強シ
○上略 午後ノ汽車ニテ帰京ノ筈ナリシモ、二時頃ヨリ腹痛アリテ下痢シタレハ、已ムヲ得ス電報ヲ以テ浅野総一郎氏ノ宴会ニ断リノ旨ヲ通知シ、且留守宅ノ集会ノ約ヲモ謝絶ノ事ヲ申遣ス
一月十一日 曇又雨
午前堀越善重郎来ル、本年度計算報告ノ事ヲ協議ス、午後福島甲子三来ル、瓦斯会社株主総会ノ順序ヲ談ス、明十二日重役会ヲ催ス旨ナルヲ以テ、不参ノ事ヲ托シ遣ス
一月十二日 晴
東京留守宅ヨリ来状数通ヲ送リ来ル、日下義雄氏ノ催ニ係ル林公使送別ノ午飧ハ、不快ノ故ヲ以テ断リノ電報ヲ発ス、此日ハ清水満之助ヨリ招宴セラレシモ同シク断リ遣ス
   ○中略。
一月二十日 曇
○上略 夜ニ入リテ風邪気ナルヲ以テ、医師ヲ招テ診察セシム、熱度稍加ルヲ以テ、頻リニ薬用ヲ勉ム
一月二十一日 大雪
此日ハ第一銀行株主総会ノ当日ナルモ、病ノ為メ出席スルヲ得ス、因
 - 第29巻 p.114 -ページ画像 
テ書ヲ以テ之ヲ謝絶ス、終日褥中ニ在テ静養ス
一月二十二日 晴
此日モ病全愈セサルヲ以テ、帝国ホテルニ催シタル京釜鉄道会社委員会ニ出席スルヲ得ス、書状ヲ八十島親徳ニ添ヘテ前島・竹内二氏ヘ申遣ス、午後病大ニ愈ルヲ以テ褥中諸方ヘ書状ヲ認ム、夕方尾崎・竹内前島・大三輪ノ諸氏来ル、鉄道ノ事ヲ談ス、夜大川・尾高婦人来ル
一月二十三日 曇
○上略 此夕堀越善重郎氏ヨリ常盤屋ニ招宴セラレシモ、病ノ為メ行ヲ果サス、書ヲ送リテ之ヲ謝ス ○下略
   ○中略。
二月四日 曇
此日ハ休日ナルヲ以テ終日家ニ在テ病ヲ静養ス、蓋シ昨日来風邪気ナルニヨレルナリ
二月五日 曇
此日モ風邪愈ヘサルヲ以テ、医師ヲ招キ診察セシメ、服薬シテ治療ヲ勉ム ○下略
二月六日 晴
病未タ愈ヘサルヲ以テ平臥療用ス、諸方ヨリノ来状モ回答ヲ発スル能ハス、終日褥中ニ在テ薬餌ニ勉ム
二月七日 曇
病尚未タ快方セス、午後三時兜町ニ帰宅ス、此夜青山博士来診ス、并テ尾高惇忠ノ病状ヲ問フ
二月八日 晴
此日ハ日本鉄道会社株主総会ノ日ナレトモ、病ヲ以テ出席ヲ謝絶ス、病少シク快ナルニヨリ諸方ニ書状ヲ発ス、旧里ノ縁戚来リテ病ヲ訪フ午後親族数名来リ会ス、終日褥中ニ於テ事務ヲ弁ス、釜山ヨリ尾高次郎来ル、蓋シ五日ニ発セシ電報アルニ依ルナリ、夜穂積歌子カ著述セシはゝその落葉ヲ読ム
二月九日 晴
○上略 午後三時鼻口専門医師賀古氏来ル、其治術ヲ受ク
二月十日 晴
○上略 三時医師三名来ル、内外部ノ治療ヲ受ク、病漸ク愈ルヲ覚フルモ未タ外出ヲ為スニ至ラス
二月十一日 曇
病尚全愈セサルヲ以テ、宅ニ在テ来人ニ接ス、此日ハ紅葉館ニ於テ清国人ヨリ招宴セラレシモ、外出ヲ得サルヲ以テ書ヲ以テ之ヲ謝絶ス、埼玉学友会ハ、神田開花楼ニ於テ開会スルヲ以テ出席ヲ促シ来リシモ同シク之ヲ謝絶セリ
二月十二日 曇
○上略 此夜モ医師来リテ内外部ノ治療ヲ受ク
二月十三日 曇
此日ハ病稍快方ナレトモ、外出ヲ見合セ家ニ在テ事務ヲ処理ス ○下略
二月十四日 晴
此日病稍愈タレトモ尚外出ヲ見合ス、終日宅ニ在テ来人ニ接シ、且書
 - 第29巻 p.115 -ページ画像 
類ヲ調査ス、午後四時帝国ホテルニ抵リ、女子大学設立ニ関スル寄附金募集ノ事ヲ協議ス、大隈伯・近衛公・児島・内海・土倉・住友・広岡、其他ノ諸氏ト会ス、夜兜町ニ帰宿ス、此日郵船会社重役会ニハ電話ヲ以テ断リ遣ス
   ○中略。
三月四日 晴
午前茅町岩崎邸ニ抵リ老母ノ病ヲ訪フ、後阪谷氏ヲ訪フ午餐後牛込穂積氏ヲ訪フ、四時猿楽町ニ抵リ皆川氏ヲ訪フ、此夜同邸ニ一泊ス
三月五日 晴
少シク風邪気ナルヲ以テ、同氏ノ家ニ在テ休養ス
三月六日 晴
不快全愈セサルヲ以テ、外出スル能ハス
三月七日 晴
此日ハ商業会議所臨時会当日ナルモ、風邪ノ為出席ヲ謝絶ス
三月八日 晴
此日ハ稍愈タレトモ、第一銀行重役会当日ナレトモ、緊急ノ事ナキヲ以テ出席ヲ謝ス、夜十時兜町ニ帰宅ス
三月九日 曇
午前数多ノ来人ニ接ス、午後第一銀行ニ出勤ス、二時日本鉄道会社重役会ニ列ス、夕方兜町ニ帰宅ス、此夜又発熱煩悶甚シ
三月十日 晴
此日ハ東京市ニ会同ノ事アリシモ、病ノ為ニ之ヲ謝ス、医師ヲ招テ治療ヲ勉ム、植村澄三郎・萩原源太郎諸氏来ル、褥中要務ヲ協議ス
三月十一日 晴
此日養育院ニ於テ委員会ヲ開キ、且午後ニハ本願寺ヨリ院内ノ窮民ニ説教アル筈ナルニ付、出席ノ事ヲ約セシモ、病ノ為ニ之ヲ謝シ、書状ヲ送テ要務ヲ弁ス ○下略
   ○中略。
四月十五日 曇
此日ハ大倉氏ノ向島別荘ニ観桜会アリテ招宴セラレシモ、痛所アルヲ以テ謝絶ス、終日家ニ在テ韓国行其他ノ書信ヲ裁ス
四月十六日 曇
此日モ腹部ノ腫物痛疼甚キヲ以テ、終日家ニ在テ治療ヲ加フ、医師来リテ診察ス、夕方銀行集会所ノ例会アリシモ、病ノ為メニ出席スル事ヲ得サリキ
四月十七日 曇
腫物ノ痛疼昨日ト同シクシテ、外出スルヲ得ス、依テ褥中ニ於テ書類ヲ調査ス、且緊急ノ要務ヲ以テ来ル者アレハ褥中面接ス、此夜伊藤登喜蔵婚儀ノ披露会ヲ、帝国ホテルニ催セシヲ以テ臨席ヲ乞ハレシモ、病ヲ以テ之ヲ謝絶ス
四月十八日 曇
腫物ノ痛稍減スレトモ、尚屈伸自由ナラサルヲ以テ、外出シテ事務ニ就ク事能ハス、終日家ニ在テ書類ヲ調査ス
四月十九日 雨
 - 第29巻 p.116 -ページ画像 
腫物稍快方ニ向フ、午前佐々木勇之助氏来リ行務ヲ談ス、午後第一銀行重役会例日ナルモ、要件ハ既ニ佐々木支配人ニ陳述セシヲ以テ、出席ヲ謝絶ス
   ○中略。
六月十八日 晴
此日風邪気ナルヲ以テ外出スル能ハス、依テ書ヲ以テ兜町ニ申遣ス、諸方ノ来書ヲ調査シ演説筆記ノ字句ヲ修正ス、夕方飯倉ナル竹内氏ニ於テ韓国公使ノ招宴アリシモ、病ヲ以テ出席ヲ謝絶ス
六月十九日 晴
病未タ愈ヘス、終日書類ヲ調査ス、此日モ日本倶楽部ヨリ招宴セラレシモ、病ノ為出席シ能ハサル旨ヲ書状ニテ通告ス
六月廿日 晴
病同シク快方セス、午後医師ヲ招テ診察ヲ乞ヒ、且服薬ス、終日書類ヲ閲了調査ス
六月廿一日 晴
此日モ宿痾快方セス、且昨日来熱気加ハルヲ以テ午後兜町宅ニ帰ル、夕方医師来ル、諸方ヨリノ来書ヲ一覧シテ其処分ヲ指示ス
六月廿二日 曇
病昨日ノ如ク、熱気全ク解除セス、午前田中源太郎氏来織物会社ノ事ヲ談ス、夕四時高木国手来リテ病ヲ診ス、且三四日ノ加養ヲ要ストノ事ナリ、静岡商工会発会式ハ明後廿四日ナルヲ以テ、病ノ為出席ヲ辞スルノ電報ヲ発セシニ、平尾徳太郎・森理七二氏来リテ発会延日ノ都合ヲ話ス
六月廿三日 曇
病尚全愈セス、褥中ニ在テ韓国尾高・佐々木二氏及足立氏ヘノ書状ヲ発ス、午前浅野総一郎氏来ル、磐城炭坑会社専務取締役身上ニ付テ内話アリ、午後西園寺・佐久間二氏来リ、同シク其処分ノ事ヲ協議セラル、毎日新聞記者来リテ清国問題ノ意見ヲ問ハル、午後三時小栗倉三郎来ル、大坂紡績会社将来ノ金融ノ方向ヲ申述ヘル、但山辺社長ノ書翰ヲ携帯セラレタルナリ、森理七来ル、夕方堀井医師来ル
六月二十四日 晴
病稍愈ルモ未タ外出スルヲ得ス、家ニ在テ書類ヲ調査ス、此日ハ休日ナルヲ以テ来訪ノ人少シ
六月廿五日 晴
午前浅野総一郎来ル、磐城炭坑会社ノ事ヲ談ス、病尚未タ全愈セス、家ニ在テ摂養ニ勉ム
六月廿六日 晴
午前大橋新太郎・福島甲子三両氏来ル、瓦斯会社ノ事ヲ談ス、佐々木勇之助氏来リ会ス、蓋シ外国商館ヨリ購入物品ノ契約ニ関シ、第一銀行ノ保証ヲ要スルアルヲ以テナリ、午後久米良作氏来ル、医師高木兼寛氏来リテ病ヲ診ス、竹田政智来リ人造肥料会社ノ事ヲ談ス
   ○中略。
九月三日 晴
朝来腹部ヲ損シ、下痢数回ナルヲ以テ、書ヲ銀行ニ送リテ出勤ヲ断リ
 - 第29巻 p.117 -ページ画像 
遣ス、此日銀行倶楽部ニ於テ大坂外山氏会話ノ約アリシモ、病ヲ以テ之ヲ謝絶ス
九月四日 晴
今朝芳川逓信大臣ト面会ノ約アリシモ、病気ヲ以テ断リ遣ス、終日家ニ在テ病ヲ療ス、堀井医師来診
九月五日 晴
病稍愈ルヲ以テ午前十時兜町宅ニ帰ル、終日来客ニ接シ、且両三日来ノ書類ヲ整理ス、此日郵船会社重役会常日ナルモ、病ヲ以テ之ヲ断ル都築馨六氏来《(都筑馨六)》ル
   ○中略。
九月九日 晴
昨夜ヨリ風邪気ナルヲ以テ、堀井医師ニ診察ヲ乞フ ○下略
九月十日 晴
朝来風邪気ニテ熱気アリ、依テ臥床中ニ在テ事務ヲ処理ス ○下略
九月十一日 曇
感冒尚未タ全愈セス、終日褥中ニ在テ来書ヲ検閲ス、午後穂積歌子・阪谷琴子等来リ会ス、団欒事ヲ談シ書ヲ読ム
   ○中略。
十月二日 晴
此日ハ少シク風邪気ナルヲ以テ、皆川氏宅ニ在テ静養ス、午後秋田銀行ヨリノ招宴ノ約アリシモ、病ヲ以テ謝絶ス
十月三日 曇
此日モ皆川氏宅ニ於テ休養ス、午後三時菅公会ニ出席ノ事ヲ請求セラレシモ、病ヲ以テ之ヲ謝ス、夜十時兜町宅ニ帰宿ス、郵船会社ノ重役会ニモ病ノ為欠席ス
   ○中略。
十月廿一日 雨
此日ハ休日ナルヲ以テ、 ○中略 読書遊戯ニ消閑ス、深川鷗盟会秋季総会ニ出席ノ約アリシモ、微恙ノ為メ之ヲ辞ス
十月廿二日 曇
此日モ微恙アルヲ以テ ○中略 静養ス、深川区会・喜賓会幹事会等ハ電話ニテ之ヲ謝絶ス
十月廿三日 晴
此日モ ○中略 静養ス、午後商業会議所ノ集会アリシモ出席ヲ謝絶ス
   ○中略。
十二月三日 曇
○上略 此夜少シク風邪ノ気味ニテ熱気アルヲ覚フ
   ○中略。
十二月五日 曇
○上略 一昨夜来ノ風邪気尚未タ愈ヘス、夜ニ入リテ少シク発熱セリ
十二月六日 雨
○上略 頃日来ノ感冒全愈ニ至サラルヲ以テ、夕方ヨリ褥ニ就テ発汗ス
○下略

 - 第29巻 p.118 -ページ画像 

(八十島親徳) 日録 明治三三年(DK290038k-0002)
第29巻 p.118-119 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治三三年   (八十島親義氏所蔵)
一月十日 陰曇午後雪フリ夜雨トナル
○上略
青淵先生本日大磯ヨリ帰京セラルヽ筈ナリシモ、風邪ノ為延引ノ電報来ル
○下略
一月十二日 晴寒風強シ
○上略 青淵先生ハ寒サノ為、今日モ終ニ大磯ヨリ帰京ナシ ○下略
   ○中略。
一月廿二日 晴後曇大ニ寒シ
○上略
新橋着後、一寸宅ニヨル、留守中無異状、折柄深川ヨリ電話ニ付至リシ処、青淵公一昨夕ヨリ風邪ニテ深川ヘ引籠リ(昨日第一銀行惣会欠席)被居 ○下略
   ○中略。
二月九日 晴
十時兜町ヘ出勤、当務ハ欠勤後且主公風邪引籠中ニテ、訪問者ニ代理面会等頗多端
○下略
二月十日 晴 暖
○上略 青淵先生不相変病床ニ在リ ○下略
   ○中略。
三月十日 晴
○上略 青淵先生ニハ昨夜ヨリ又々風邪気ニテ本日引籠 ○下略
   ○中略。
四月十九日 曇夜雨
○上略 十時兜町ヘ出勤ス、青淵先生ハ四五日来下腹部ヘ腫物ヲ生シ引籠療養中也 ○下略
   ○中略。
六月十八日 曇
○上略 本日ハ青淵先生風気にて、終日 ○中略 療養外出ナシ ○下略
   ○中略。
六月廿一日 晴
○上略 青淵先生去十七日夜以来風邪、はま町ニテ静養中ノ処、今午後兜町ヘ帰ラレ臥床セラレ、少熱アリ
○下略
六月廿二日 晴
○上略 本日終日青淵先生就床 ○下略
六月二十四日 晴 日曜 蒸暑シ
○上略
午後兜町ニ至リ、青淵先生ノ病床ニ侍シテ一二ノ当用ヲ弁シ ○下略
   ○中略。
六月廿七日 晴
九時出勤、青淵先生快方本日ヨリ外出
 - 第29巻 p.119 -ページ画像 
○下略
   ○中略。
九月三日 晴 残暑甚シ九十度
○上略 本日ハ青淵翁風邪ニテ別宅ヨリ外出ナキニ付 ○下略
   ○中略。
九月六日 晴 暑シ但夜少雨稍涼シ
青淵翁ハ昨日ヨリ出勤(回復セラレシニ付) ○下略
   ○中略。
九月十日 晴 涼シ
○上略 青淵先生昨夜ヨリ寒冒ニテ今日ハ深川邸ヘ引籠 ○下略
九月十一日 曇
○上略 主人本日モ深川引籠 ○下略