デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.12.19

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

3部 身辺

1章 家庭生活
2節 健康
■綱文

第29巻 p.154-160(DK290047k) ページ画像

明治38年(1905年)

渋沢栄一日記及ビ八十島親徳日録ニ記載セラレタル、栄一是年ニ於ケル健康ニ関スル事項。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三八年(DK290047k-0001)
第29巻 p.154-159 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三八年       (渋沢子爵家所蔵)
一月三日 曇 軽暖
○上略
穂積陳重夫妻・土屋医師、其他来客多シ
昨日旅順陥落ノ報アリシヨリ、東京ハ戸々国旗ヲ掲ケ、夜ハ点灯シテ頗ル雑沓セシ由ナリ
朝来腹部ノ工合常ナラサリシモ、午後ニ至リテ少ク軽快ス夜ニ入リテ稍本復ヲ覚フ
   ○中略。
一月九日 晴 風寒シ
○上略
 - 第29巻 p.155 -ページ画像 
此日腹部ノ工合悪ク、為メテ《(ニ)》粥ヲ食シテ他食ヲ禁ス
   ○中略。
一月二十九日 曇 寒
○上略 午後一時半兜町事務所ニ抵リ高木博士ノ来診ヲ受ク ○下略
   ○中略。
二月三日 晴 寒強シ
午前七時半起床、室内運動ヲ為シ八時半朝飧ヲ畢ル、食後新聞ヲ閲シ来状ヲ検ス、昨夜ヨリ腹部工合宜シカラサルニヨリ、本日ハ出勤ヲ見合ハセ、家ニ在テ書状ヲ裁スル事トシ、其趣ヲ事務所及銀行ニ電話ニテ申遣ス
○下略
   ○中略。
二月九日 晴 風ナシ
午前八時過起床、室内運動ヲ為シ、九時朝飧ヲ畢ル
昨日来少シク感冒ノ気味ナルヲ以テ、室内ニ在テ新聞ヲ読ミ、且書類ヲ整理ス、午前十一時堀井医師来診ス
井上伯ヨリ電話アリテ午後面会ノ事ヲ告ケ来リシモ、風邪気ナルヲ以テ謝絶ス
午後ヨリ書斎ニ病褥ヲ設ケ、褥中ニ在テ読書ス
堀井医師来診ス
此日第一銀行重役会日ナリシモ、病ヲ以テ出席ヲ断リ遣ス
二月十日 晴 風ナシ
午前七時起床セシモ、風邪尚愈ヘサルヲ以テ褥中ニ在テ食事ス
○中略
堀井医師来診ス
終日褥中ニ於テ読書又ハ家人ヲシテ小説ヲ読マシム
二月十一日 快晴 軽暖
午前八時起床セシモ、風邪快方ニ至ラサルヲ以テ尚褥中ニ起臥ス
此日ハ埼玉県学友会総会アリシモ、病ヲ以テ出席ヲ謝絶ス
諸方ヨリ来状アリ、午後堀井医師来診ス
○下略
二月十二日 晴 軽暖
午前八時起床、病稍快方セシモ褥中ニ在テ保養ス、甲子夜話ヲ読ミ、又ハ家人ヲシテ読書セシム
夜高木博士・堀井医師来診ス
   ○中略。
二月十五日 曇 風寒シ
○上略
午後六時過王子別荘ニ帰宿シテ、堀井医師ノ診察ヲ受ク
   ○中略。
三月九日 晴 風ナシ
午前七時半起床、室内運動ヲ為シ、八時朝飧ヲ畢ル、昨夜ヨリ少シク風邪気ナルヲ以テ出勤ヲ謝絶ス
○中略
 - 第29巻 p.156 -ページ画像 
堀井医師来診ス
   ○中略。
三月十八日 曇 風寒シ
○上略
此夜ヨリ少シク感冒ノ気味ニテ、食後蚤ク寝ニ就ク
○下略
三月十九日 曇 風ナシ
午前七時起床スレトモ、昨夜来風邪気ニテ少シク熱気アルヲ以テ、褥中ニ在テ食事ヲ為ス
午前堀井医師来診ス ○下略
三月二十日 曇 風ナシ
昨日来ノ風邪気快方ニ至ラス、且喘息ノ気アルヲ以テ種々ノ手当ヲ為シ、褥中ニ於テ書類ヲ覧閲ス
堀井医師来診ス
三月二十一日 晴 風ナシ
午前七時起床、病尚愈ヘサルヲ以テ、褥中ニ在テ食事ヲ為ス、午後堀井医師・内藤医師来診ス
○下略
三月二十二日 雨 風寒シ
昨日ヨリ熱気少シク加ハリテ、気分頗ル煩悶ス、褥中ニ在テ食事ヲ為シ、僅ニ新聞又ハ雑書ヲ覧閲ス、時々家人ニ小説ヲ読マシメテ無聊ヲ慰ス
堀井医師来診ス
三月二十三日 雨 風寒シ
午前七時半起床スルモ病未タ愈ヘサルヲ以テ褥中ニ在テ食事ヲ為シ新聞又ハ雑書ヲ覧閲ス、第一銀行ヘ電話ヲ以テ病気欠勤ノ事ヲ通知ス
堀井医師・高木博士来診ス
三月二十四日 曇 風ナシ
午前七時半起床スト云トモ、病尚愈ヘサルヲ以テ、褥中ニ於テ、食事ヲ為シ、新聞紙ヲ閲ス
時々雑書ヲ一覧シ、来書ヲ点検ス
堀井医師来診ス
三月二十五日 曇 風ナシ
午前七時半起床、風邪気少シク愈フルモ快方ニ至ラス、褥中ニ在テ食事ヲ為シ、且来書ヲ検閲ス
時々家人ニ小説ヲ読マシメ、又ハ自ラ新聞紙其他ノ雑書ヲ覧閲ス
皆川四郎氏来話ス
堀井医師来診ス
三月二十六日 曇 風ナシ
午前七時半起床、病少シク快方ニ赴クト云トモ尚ホ全快ニ至ラス、褥中ニ在テ食事ヲ為シ、書類ヲ検閲ス
家人ニ小説ヲ読マシメテ無聊ヲ慰ム
○中略
夕方医師堀井宗一来診ス
 - 第29巻 p.157 -ページ画像 
○下略
三月二十七日 晴 風ナシ
午前七時半起床、風邪気尚未タ全愈セサルヲ以テ、終日褥中ニ在リ新聞紙其他ノ書類ヲ一覧ス
此日大川平三郎ノ家ニ仏事アリテ会同ヲ乞ハレシモ、病ヲ以テ之ヲ謝シ、兼子ノミ臨席ス
○下略
三月二十八日 美晴 風ナシ
午前七時起床、病稍愈ルヲ以テ今朝ヨリ室内ノ運動ヲ為ス、八時朝飧ヲ畢ル ○中略 堀井医師来診ス
此日瓦斯会社重役会ト大倉商業学校卒業式トニ、電話ヲ以テ欠席ノ事ヲ通ス
   ○中略。
三月三十一日 曇 風ナシ軽暖
○上略
此日ヨリ看護婦帰院セシニヨリ、薬餌ノ事及験温ノ事ヲ、自ラ注意スル事トス
   ○中略。
四月四日 雨 風ナシ
午前七時起床、室内運動ヲ為シ八時朝飧ヲ畢ル、此日ハ海上保険会社ノ株主総会アリシモ、風邪気ナルヲ以テ欠席ス
麦酒会社ノ事ニ関シ、帝国ホテルニ会同ノ約アリシモ、同シク電話ニテ断リ遣ス
   ○中略。
四月二十六日 曇 風ナシ
○上略
此日モ気分快然タラサリシヲ以テ、出勤ヲ見合ハセ家ニ在テ書類ヲ整理ス
   ○中略。
五月十六日 曇 風ナシ
午前七時起床、少シク感冒ノ気味ナルヲ以テ、室内ノ運動ヲ為シ、朝飧後更ニ褥中ニ於テ新聞紙ヲ閲シ、書類ヲ整理ス
五月十七日 曇 風ナシ
午前七時起床、風邪平愈ニ至ラサルヲ以テ、出勤ヲ謝絶シ、褥中ニ在テ新聞紙ヲ閲シ、且書類ヲ整理ス
二・三ノ来人アリシモ、褥中之ニ接ス
堀井医師来診ス
五月十八日 雨 風強シ
午前六時起床、然レトモ風邪気ナルヲ以テ、更ニ褥中ニ在テ朝飧シ、各新聞紙ヲ一覧シ書類ヲ整理ス
此日第一銀行重役会当日ナリシモ、病ヲ以テ欠席ノ事ヲ電話シ遣ス
○下略
五月十九日 晴 風ナシ
夜来雷雨アリシモ、午前五時頃ヨリ快晴ス、六時起床室内ノ運動ヲ為
 - 第29巻 p.158 -ページ画像 
ス、然レトモ風邪気全快セサルヲ以テ、褥中ニテ朝飧ヲ畢リ新聞紙ヲ閲ス、又ハ来書ヲ整理ス、皆川四郎氏来話ス
○下略
五月二十日 曇 風ナシ
午前六時起床、室内運動ヲ為シ七時過朝飧ヲ畢ル、頃日来ノ風邪気尚未タ全愈ニ至ラス、依テ堀井医師ヲシテ診察セシム、午前新聞紙ヲ一覧ス、午後一時病ヲ勉メテ銀行集会所ニ抵リ、第一銀行臨時株主総会ニ出席シ、議長席ニ在テ議事ヲ整理ス ○下略
   ○中略。
七月六日 晴 軽暑
午前六時起床、昨夜ヨリ腹瀉アリテ朝来尚愈ヘサルニヨリ、入浴後女子大学ヘ電話ニテ毎月会ノ出席ヲ謝絶ス、九時過朝飧ヲ畢リ、褥中ニ在テ書類ヲ整理ス ○中略
堀井医師来診ス
○下略
   ○中略。
七月十四日 晴 清暑
○上略 午飧後感冒ノ気味ナルヲ以テ医師ヲ招キ服薬シ且臥床休息ス、夜ニ入テ軽快ニ赴ク
   ○長岡滞在中。
七月十五日 晴 午後軽雷
午前七時起床感冒ノ気稍愈ヘシモ未タ全快ニ至ラス、依テ此日ノ発途ヲ見合ハセ、休養スル事ト定ム、種々ノ来訪人アリシモ、多クハ病ヲ以テ謝絶シ、褥中ニ在テ摂養ス、午後ニ抵リ暑気強ク雷雨アリ、雨後涼気ヲ覚フ、病モ大ニ快方スルニ付、明日発足帰京ノ事ニ決ス
   ○中略。
七月二十四日 曇 冷気
午前七時起床、朝来歯痛強クシテ出務ヲ得ス、褥中ニ於テ治療ス、堀井医師来診ス ○下略
七月二十五日 曇 冷気
午前六時起床、歯痛ノ為メ外出ヲ得ス、褥中ニ在テ新聞紙ヲ一覧ス
○下略
七月二十六日 雨 冷気
午前七時起床、歯痛稍愈ユルニヨリ褥ヲ離レテ新聞紙ヲ一覧ス、朝飧後来書ヲ調査シ要務ヲ処理ス ○中略 此夜桂総理大臣ヨリ米国来賓招待ノ饗宴ヲ帝国ホテルニ開カレタレトモ病ノ為メ出席ヲ謝絶ス ○下略
   ○中略。
十月八日 晴 秋冷
昨日ヨリ少シク感冒ノ気味ニテ、今朝ハ午前七時起床、外出ヲ見合ハセ家ニ在テ書状ヲ裁ス ○中略
午後読書又ハ日記ノ整理ニ従事ス
十月九日 晴 秋冷
風邪気尚快方ニ至ラス、午前七時起床、褥中ニ在テ朝飧ヲ為ス、此日ハ歌舞伎座ノ演劇一覧ノ約アリシモ、病ノ為行ヲ果サス
 - 第29巻 p.159 -ページ画像 
○下略
十月十日 晴 冷
午前七時起床、風邪未タ全快セス、故ニ入浴スル能ハス ○下略
   ○十月十一日ヨリ十一月八日マデ渋沢栄一日記ニ記事ヲ欠ク。


竜門雑誌 第二〇九号・第四三頁 明治三八年一〇月 ○青淵先生快癒(DK290047k-0002)
第29巻 p.159 ページ画像

竜門雑誌  第二〇九号・第四三頁 明治三八年一〇月
○青淵先生快癒 青淵先生には先頃風邪に加ふるに喘息を悩まれたる所、十月二十一・二日来体温も平常に復し、引続き快方に向はれたれば、同二十六日より愈々平常の如く事務を執られつゝあり


渋沢栄一 日記 明治三八年(DK290047k-0003)
第29巻 p.159 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三八年     (渋沢子爵家所蔵)
十二月五日 雨 風寒シ
○上略 此日少シク風邪気ナルヲ以テ、出勤ヲ見合ハセ東京市役所其他ニ電話ニテ断リ遣シ、家ニ在テ休息ス
   ○中略。
十二月十四日 晴 風ナシ
午前七時起床、冷水摩擦ヲ為セシモ、風邪気ナルヲ以テ直ニ褥中ニ於テ摂養ス、堀井医師来診ス
○中略
終日臥牀発汗シテ切ニ治療ニ勉ム
十二月十五日 晴 風ナシ
午前七時起床セシモ、再ヒ臥牀シテ病ヲ療ス、堀井医師来診ス
此日ハ高木豊三氏ヨリ案内アリシモ、兼子ノミ出席シテ断リ遣ス
終日薬用治療ニ尽力ス
十二月十六日 曇 風ナシ
午前七時起床セシモ、再ヒ褥中ニ於テ摂養ニ勉ム、此日ハ正金銀行頭取及小田切氏ヲ案内シアリシモ、病ヲ以テ出席ヲ断リ遣ス
○中略
堀井医師来診ス
夜皆川四郎来話ス
十二月十七日 雨 風寒シ
午前七時起床、風邪全快セサルヲ以テ、褥中ニ在テ新聞紙及他ノ書類ヲ一覧ス
此日ハ凱旋陸軍大歓迎ヲ上野公園ニ開設スルニ付、頃日来主トシテ之ヲ担当シ来リシモ、病ノ為メ出席シ得サルニ付千家 ○知事・尾崎 ○市長氏等ヘ電話ニテ其由ヲ通ス、朝来風降出《(雨)》セシモ、軍人及市民共ニ群集シテ、歓迎会ハ都合能ク相済ミタル旨、夕方千家・尾崎其他ヨリ報告アリタリ
十二月十八日 曇 風ナシ
午前七時起床、風邪未タ全愈ニ至ラサルニ因リ、褥中ニ在テ新聞紙其他ノ書類ヲ閲ス、午後二時半高木博士・堀井医師来診ス、午後五時ヨリ病ヲ勉メテ帝国ホテルニ抵リ、伊藤侯爵韓国大使ノ任務ヲ遂ケ帰朝セラレタルニ付歓迎会ヲ開ク ○下略

 - 第29巻 p.160 -ページ画像 

(八十島親徳) 日録 明治三八年(DK290047k-0004)
第29巻 p.160 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治三八年   (八十島親義氏所蔵)
二月十日 晴
○上略 男爵ハ昨日ヨリ感冒ニテ王子ヘ引コモリニ付、午后見舞フ、体温七度三・四分、気管支カタルモ併発セラレ、床上ニ平臥セラル為支事ニテハナキ様子也 ○下略
二月十三日 曇
○上略 男爵今日ハ快方ニテ ○下略
   ○中略。
三月廿三日 曇
○上略 男爵ハ軽キインフルエンザニテ引寵中、但為差事ニハ非ズ ○下略
   ○中略。
十月九日 晴
○上略 男爵微恙出勤無シ ○下略
   ○中略。
十月十一日 半晴
王子ニテ男爵風邪引籠ニ付 ○下略
   ○中略。
十月十三日 快晴
○上略
青淵翁去八日以来風邪引籠リ、昨日ヨリハ発熱、昨夕三十九度アリシトノ事ニ付、今午后王子ニ拝訪、高木博士モ来診アリ、所謂インフルエンサニシテ、余症ヲ認メズトノ事、夕六時半帰宅ス
   ○中略。
十月十九日 少雨
○上略 午后王子邸ニ至ル、丁度高木博士来診ノ処、主人公大ニ軽快、殆平温ニ近シ、此分ナレバアト一週間モ静養アラバ、大丈夫平復サルヽナラントノ事、御病間ニテ夕飯ヲ賜リ、夜九時頃帰宅ス
   ○中略。
十月廿二日 晴 日曜
○上略 主人公二・三日前ヨリ平温ニ復サレ、大ニ快気ヲ覚ユトノ事
○下略
十月廿六日 曇
○上略
青淵先生風邪ノ為、去八日ヨリ引籠ノ処、全快ニ付今日ヨリ出勤セラル ○下略
   ○中略。
十二月十六日 晴
○上略 男爵床上ニハ在ラルヽモ熱モ無ク大ニ快方 ○下略