デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

3部 身辺

5章 交遊
節 [--]
款 [--] 15. 梅浦精一
■綱文

第29巻 p.395-396(DK290116k) ページ画像

 --


■資料

渋沢栄一 日記 明治三二年(DK290116k-0001)
第29巻 p.395 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三二年     (渋沢子爵家所蔵)
三月十日 雨
○上略 午後五時木挽町梅浦精一氏邸ノ招宴ニ会ス、夜十時兜町ニ帰宿ス
   ○中略。
四月八日 曇
○上略
午後五時木挽町花屋ニ於テ、梅浦氏ト共ニ左宗石黒氏ヲ招宴ス ○下略
   ○中略。
七月十九日 曇
○上略 午後王子別荘ニ於テ抹茶ノ宴ヲ開ク、大倉喜八郎・近藤廉平・梅浦精一・皆川四郎・高橋義雄ノ五氏来会ス、昨日ト同シク饗応度ニ適シ、来賓頗ル快ヲ唱フ、夜九時過散会ス
   ○中略。
八月一日 曇
○上略 此夜梅浦氏木挽町ノ宅ニ訪フテ一宿ス
八月二日 晴
此日ハ梅浦氏宅ニテ雑話シ、夕方兜町ニ帰宿ス


渋沢栄一 日記 明治三三年(DK290116k-0002)
第29巻 p.395 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三三年     (渋沢子爵家所蔵)
十月十九日 曇
○上略 五時梅浦精一氏ノ招宴ニ出席ス、夜十二時帰宿ス


渋沢栄一 日記 明治三六年(DK290116k-0003)
第29巻 p.395 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三六年     (渋沢子爵家所蔵)
五月十八日 曇夕方ヨリ雨
○上略 午後六時兼子ト共ニ梅浦精一氏ノ招宴ニ応シテ、木挽町ノ同氏宅ニ抵ル、石黒男爵・大倉氏、其他昨年欧米同行ノ諸氏来会、種々ノ余興アリテ一同歓ヲ尽ス、夜十二時王子別荘ニ帰宿ス


(八十島親徳) 日録 明治三六年(DK290116k-0004)
第29巻 p.395 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治三六年   (八十島親義氏所蔵)
五月十八日 晴夕雨
○上略 午後六時ヨリ梅浦氏方ヘ招待セラル、渋沢男夫婦・大倉夫婦・大倉久米馬夫婦・矢の次郎・石黒男・根岸練次郎夫婦・市原・萩原・清水及予等ナリ、立派ナル日本料理、余興ハ林中ノ常磐津、十一時帰宅
 - 第29巻 p.396 -ページ画像 


(八十島親徳) 日録 明治三七年(DK290116k-0005)
第29巻 p.396 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治三七年   (八十島親義氏所蔵)
十一月二日 晴 今日ハ稍暖
今日昼松本清助氏上京ニ際シ、同氏ト梅浦氏夫妻トヲ王子ヘ被招ニ付予モ陪席被命、十時半同邸ニ至ル、御茶会席ニテ茶室ニテ饗応アリ、予ハ初メテニテ甚当惑セリ ○下略
   ○是日ノ栄一ノ日記ヲ欠ク。


渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK290116k-0006)
第29巻 p.396 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四〇年     (渋沢子爵家所蔵)
九月二十二日 曇 冷            起床六時三十分 就蓐二時
○上略 午後五時品川発ノ汽車ニテ大磯ニ抵リ、梅浦氏別荘ヲ訪ヒ、兼子ト共ニ同別荘ニ一泊ス
此夜中秋ナルモ月ハ雲霧ノ中ニアリ、梅浦氏ノ別荘ハ大磯ナル小邱ノ上ニアリテ、四望尤モ佳絶ナリ、時ニ明月ヲ見ルヲ得サルモ、秋意殊ニ清涼ヲ覚フ
九月二十三日 晴 冷            起床八時三十分 就蓐二時
起床後入浴シ、畢テ新聞紙ヲ一覧ス、朝飧後梅浦・皆川諸氏ト談話ス午前後庭園ヲ散歩シ、夜ニ入リテ明月ヲ観ル
   ○爾後栄一、是月二十六日マデ同宅ニ滞在セリ。


渋沢栄一 日記 明治四一年(DK290116k-0007)
第29巻 p.396 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四一年     (渋沢子爵家所蔵)
六月二十七日 曇雷雨 暑
○上略 午後二時過ノ汽車ニテ大磯ニ抵リ、梅浦氏ノ別荘ヲ訪フ、此夜別荘ニ一泊ス
六月二十八日 晴 冷
午前七時起床、入浴シ畢テ朝飧ヲ食ス、食後庭園中ヲ散歩ス、此日ハ梅浦氏曾テ欧洲漫遊中ノ同行者ヲ会シテ懐旧談ヲ為ス筈ニテ、午前ヨリ小室・八十島・萩原・元治等会同シ、種々ノ談話ヲ為ス、又園中ヲ散歩ス、終日雑話ニ歓ヲ尽シ、夜十時散会ス、後梅浦氏別荘ニ一泊ス
   ○爾後栄一、是月三十日マデ同宅ニ滞在セリ。


(八十島親徳) 日録 明治四一年(DK290116k-0008)
第29巻 p.396 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治四一年   (八十島親義氏所蔵)
六月二十八日 日曜 晴 涼シ
梅浦氏ニ招カレ、朝ノ汽車ニテ同氏ノ大磯別荘ニ至ル、小室三吉氏夫妻倫敦ヨリ帰朝ニツキ、先年ノ挨拶トシテ招カルヽニ際シ、渋沢男爵夫婦(昨夜ヨリ)萩原・渋沢元治両氏及予等ヲ招キタルナリ、同氏ノ別荘ハ初メテ往訪セシガ、丘上ノ好位置ナレハ四辺ノ眺望良ク、家ノ構造モ美ヲ尽シ、人ヲモテナスニ立派ナモノナリ、昼ハ茶会席、夕ハ洋食ノ饗応アリ、其間談旧話新、真ニ終日ノ清会ナリキ、夜帰宅セシハ十二時ナリキ