デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.12.19

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

3部 身辺

6章 旅行
■綱文

第29巻 p.498(DK290168k) ページ画像

明治36年1月9日(1903年)

是日栄一、東京ヲ発シ国府津ノ国府津館ニ赴キ、二十日帰京ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三六年(DK290168k-0001)
第29巻 p.498 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三六年     (渋沢子爵家所蔵)
一月九日 晴 時候頗ル暖ナリ
○上略 夕六時ノ汽車ニテ新橋ヲ発シ、八時国府津ニ抵リ、国府津館ニ投宿ス、汽車中大川平三郎同行ス ○下略
   ○中略。
一月十五日 晴
○上略 午後帰京ノ筈ナリシモ、少シク感冒ノ気味アルヲ以テ、電報ヲ以テ延引ノ事ヲ東京ニ報知シ ○下略


(八十島親徳) 日録 明治三六年(DK290168k-0002)
第29巻 p.498 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治三六年   (八十島親義氏所蔵)
一月九日 晴夜雨
○上略 青淵先生本日出勤、夕六時ノ汽車ニテ国府津ノ国府津館ニ赴カル来十四日帰京ノ筈
○下略
   ○中略。
一月廿日 雨
○上略 男爵今朝国府津ヨリ帰京
○下略


竜門雑誌 第一七六号・第四九頁 明治三六年一月 ○青淵先生の帰京(DK290168k-0003)
第29巻 p.498 ページ画像

竜門雑誌  第一七六号・第四九頁 明治三六年一月
○青淵先生の帰京 同先生には ○中略 同九日 ○一月相州国府津の国府津館に転地避寒の所、去る二十日帰京せられたり