デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

1章 社会事業
2節 中央社会事業協会其他
11款 其他ノ関係諸事業 2. 社団法人東京市特殊小学校後援会玉姫長屋落成式
■綱文

第30巻 p.796-803(DK300097k) ページ画像

 --


■資料

竜門雑誌 第二八八号・第四九頁 明治四五年五月 ○玉姫長家落成式と祝文(DK300097k-0001)
第30巻 p.796-797 ページ画像

竜門雑誌  第二八八号・第四九頁 明治四五年五月
○玉姫長家落成式と祝文 四月廿二日午後二時玉姫小学校に於て挙行せられたる玉姫長屋落成式に際し、青淵先生が特に寄せられたる祝文左の如し。
 東京市特殊小学校後援会は創立以来漸次目的の事業を施行し、玆に又浅草区玉姫小学校児童保護者中罹災者収容所の建築落成の式を挙ぐ、惟ふに博施弘済の事業は一にして足らずと雖も、其の倚るなきの細民を水災疾病に於て救ふより大なるは無し、則此収容所は本市
 - 第30巻 p.797 -ページ画像 
有志者仁術の現象にして、其倚るなき細民の天国と云も憚らず、冀くば益貴会の規模を拡張して、以て市内到る処細民歎嗟の声無からしめんことを、謹で祝詞を呈す。


中央新聞 第九七八二号 明治四五年四月二二日 玉姫学校新築落成式 明日同校にて挙行(DK300097k-0002)
第30巻 p.797 ページ画像

中央新聞  第九七八二号 明治四五年四月二二日
    ○玉姫学校新築落成式
      明日同校にて挙行
浅草玉姫町玉姫学校罹災生徒保護者収容所落成式は、廿二日午後二時より同校内雨中体操場にて挙行の筈なるが、次第は特殊小学校後援会理事戸野周次郎氏が開会の辞に次ぎ、尾崎市長の演説、理事の建設事務報告あり、次に来賓板垣伯は社会教育と救貧事業に関する一条の講話を為し、渋沢男爵も慈善事業に関する講話を為す筈なるが、余興としては伊藤痴遊氏が立志講談あり、尚翌廿三日午前八時より午後四時迄収容所の一部を開放し、細民子弟の教育に関する参考品、特殊小学校児童成績品を陳列し、一般の参覧に供する由、後援会にては義捐金寄贈者諸氏千六百名へ宛て廿日悉く招待状を発したれば、当日は定めし盛会なるべし


中央新聞 第九七八三号 明治四五年四月二三日 玉姫長屋落成式 同情ある来会者悉く設備の完全を賞揚す(DK300097k-0003)
第30巻 p.797-799 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕中央新聞 第九七八二号 明治四五年四月二二日 教育史上の新記録 本日の玉姫学校長家落成式 活用されし本社募集義捐金(DK300097k-0004)
第30巻 p.799-801 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕日本社会事業名鑑 中央慈善協会編 第二輯・第一〇一頁 大正九年五月刊(DK300097k-0005)
第30巻 p.801-802 ページ画像

日本社会事業名鑑 中央慈善協会編  第二輯・第一〇一頁 大正九年五月刊
    社団法人東京市特殊小学校後援会
                 東京市役所内
                 (会長 男爵 阪谷芳郎)
 事業 特殊小学校後援(其他貸長屋・保育等)
 組織 社団法人、基金利子・事業収入・臨時寄附金・補助金等を以て維持経営し、職員として会長以下、副会長一名・監事二名・書記一名を置く。
 沿革 明治四十三年七月、東京市特殊小学校児童水難救護会の事業を継承して之を設立し、同年八月社団法人の認可を得たり。大正七年一月大森皇后宮大夫会の事業を巡視し、皇后陛下より特に金三千円を下賜せらる。
 現況 大正七年度に於ては衣服・食料・治療等に関する給与額金二
 - 第30巻 p.802 -ページ画像 
七四〇円、奨励及職業周旋資金一、四二一円、慰藉費一〇〇円、表彰費八三円(六十四名)、修学補助費二九二円(八名)を支出せり。託児場・貸長屋事業は各其項に記す。現在敷地九百五坪、建物十五棟三百九十二坪、資産の総額三一、三八三円、大正七年度の収入金一六、一五八円、支出金一二、四七〇円なり。
      資産及収支(会計年度自一月一日至十二月末日)

図表を画像で表示資産及収支

 資 産           収 入                    支 出          円 基本金 一五、二七二          大正七年度  累計             大正七年度   累計                         円       円              円       円 土地   二、〇〇〇   御下賜金   三、〇〇〇   三、〇〇〇   事業費    七、〇八五  三七、七六五 建物  一四、一一一   醵金       二三二   一、六〇二   事務費其他  一、八九七  二六、一七二 合計  三一、三八三   臨時寄附金  三、七六二  六二、〇八六   基金積立   三、四八八  一五、二七二              補助金      四六〇   五、〇六〇   合計    一二、四七〇  七九、二〇九              (内務省・東京府・東京市)              事業収入   六、四三三   五、二四八              (慈善演劇・絵画頒布会等)              雑収入      三六一      ――              合計    一六、一五八  八三、四三〇 





〔参考〕日本社会事業名鑑 中央慈善協会編 第二輯・第六八頁 大正九年五月刊(DK300097k-0006)
第30巻 p.802 ページ画像

日本社会事業名鑑 中央慈善協会編  第二輯・第六八頁 大正九年五月刊
   東京市特殊小学校後援会玉姫長屋       東京市浅草区浅草町
 事業 貸長屋
 沿革 明治四十五年四月、浅草の火災に際し、中央新聞社が罹災民救助の為募集したる義捐金九、四九五円より、東京市玉姫尋常小学校在学児童の保護者並其家族を収容する家屋建築費として指定寄附をなせしを以て、東京市特殊小学校後援会に於て、之を資金として該長屋を建築したるなり。
 現況 本長屋は二階建十四戸二棟、同十戸一棟より成り、合計三八戸(一六七名収容)あり、資産及経費は左の如し。
○下略



〔参考〕中央新聞 第九七九七号 明治四五年五月七日 成績益々良好なる玉姫小学校 目下の生徒六百七十名(DK300097k-0007)
第30巻 p.802-803 ページ画像

中央新聞  第九七九七号 明治四五年五月七日
    ○成績益々良好なる玉姫小学校
      目下の生徒六百七十名
浅草区玉姫町なる特殊小学校玉姫尋常小学校は、去る四月新学期開始と同時に仮校舎に引移りて授業を始め、生徒も急に劇増して、昨年末には三百七十余名なりしもの六百七十余名となり、校長以下教員一同励精可憐なる貧家の子弟を教養しつゝあり
△弁当は持参せしめず 他の特殊小学校に於ては、教場の都合に依りて生徒を午前と午後の二部に分ちて教授し居るも、同校にては全生徒を午前に教授し、午後は一年二年の生徒にして家事の手伝を為さゞるものを集め、一時間の練習教授を為しつゝあり、三年四年の生徒となれば大抵内職の手伝を為して、相当の収入を挙げ得るが故に、大抵午後は家庭に在れど、尚ほ何等の仕事もせず、徒らに遊び居るものも少なからざるを以て、此等の生徒を毎日午後三時乃至四時間学校に集めて手工の練習を為さしめんが為めに、目下は鼻緒の前ツボを作らしめ
 - 第30巻 p.803 -ページ画像 
材料は全部依託者より提供して、百足に付金四銭の賃銭なり、此等の生徒の中には遠方より通ふものもあれど、決して弁当を持参せしめず午前の授業と《(マヽ)》なりては後は、必ず帰家食事の上出校せしむる由
△親子共に小学生 細民の子弟にて五年生以上の年齢ともなれば、昼間は相当の手内職其他の仕事ありて、一日二十銭以上の賃金を得るより、同校にては五年・六年の生徒は昼間の教授を為さず、特に夜間部を設けて此等の生徒に夜間教授を為し、又諸種の事情に依りて義務教育を受くる能はざりし十二歳以上の少年少女の為には、別に特殊夜学部の設けありて、尋常小学一年より四年迄の課程を二年間に教ふる事とせり、此の夜学部に通学する学生は、各商店の小僧又は各工場の職工・工女等にして、近きは附近の商店、及び山崎工場・護謨会社等より、遠きは千住方面の各工場、又はサツポロビール工場等より通ひ居れど、工場の方は雇主の都合によりて就業屡々変更せらるゝが為め、半途退学するもの多く、一女生徒の如きは泣いて退学せし例もあれど商店より雇主又は父兄の頼み来るは容易に退校するものなく、其成績も亦良好なり、此等学生の年齢は十二歳以上と云へど極めて不同にて二十歳前後の生徒も少なからず、前学期に卒業せる女生徒の如きは、看護婦を志望して勉学の必要を感じ、其子と共に相携へて登校し居りしと
△父兄の職は百一種 而して今学期に於ける学生全部の父兄の職業を調査したるに、其の種類は
 車夫・賃仕事・日雇・職工・車力・鼻緒職・石炭運送・露店・魚行商・大工・人夫・靴工・古物商・女工・土方・畳職・革職・左官・桶職・玩具製造・八百屋・漬物行商・鍛冶屋・アサリ行商・指物・紙屑買・行者・アキ俵商・小使・飾職・竹細工・石工・菓子小売・建具職・研職・清潔屋・形付職・造花・瓦職・下駄歯入・農・軽子機業・理髪・花屋・植木屋・足袋職・女髪結・筏乗・鼈甲細工・渋紙商・帽子真田縮・蔦屋・髪製造・鉄葉職・おでんや・羅宇職・印刷業・飴売・しんこ屋・彫工・荷馬車屋・納豆売・染物職・綿打・裁縫・井戸屋・豆売・荒物商・ペンキ職・ボール紙商・帽子職・鳥屋・箱屋・針製造・鋸目立・綿打・下駄職・筒屋・揉療治・郵便配達・提灯屋
其他百一種なるが、中にも最も多きは車夫にして、此は草鞋と蝋燭さへあれば、借車にて何時にても業に就き易きが為なりと