デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

1章 社会事業
4節 保健団体及ビ医療施設
1款 社団法人東京慈恵会
■綱文

第31巻 p.51-54(DK310005k) ページ画像

昭和5年11月1日(1930年)

是日当会付属医院新築落成開院式挙行セラレ、栄一副会長トシテ之ニ臨ム。次イデ七日皇太后陛下当会ヘ行啓ニ付キ栄一出向ス。


■資料

竜門雑誌 第五〇七号・第八一頁 昭和五年一二月 青淵先生動静大要(DK310005k-0001)
第31巻 p.51 ページ画像

竜門雑誌  第五〇七号・第八一頁 昭和五年一二月
    青淵先生動静大要
      十一月中
一日  東京慈恵会附属医院新築落成式・開院式及び同会理事会(同医院) ○下略


東京慈恵会書類(三) 【落成開院式次第(昭和五年十一月一日)】(DK310005k-0002)
第31巻 p.51-52 ページ画像

東京慈恵会書類(三)          (渋沢子爵家所蔵)
    落成開院式次第(昭和五年十一月一日)
一総裁竹田宮昌子内親王殿下 御台臨
一午前十時 職員・会員、其他門内ニ整列奉迎
一午前十時十分 御着
   理事・評議員其他御車寄ニ奉迎
   会長御先導、御休憩室ヘ
一拝謁  会長・副会長、重ナル来賓、理事・監事・顧問・商議医員評議員、主ナル寄附者、有功・終身会員、其他
一午前十時二十分 会員其他総会場ニ着席
一午前十時三十分 総会場ヘ御台臨
           会長御先導
一君が代
一式辞        会長
一建築報告      建築専任委員
一建築関係者表彰
一祝辞        来賓
           内閣総理大臣
           内務大臣
           警視総監
           東京府知事
           東京市長
           其他
一挨拶        副会長
  右畢テ
一御退場 会長御先導、御休憩室ヘ
一院内御巡視 会長御先導
 - 第31巻 p.52 -ページ画像 
一午前十一時三十分 職員其他門内ニ整列
一御帰還 会長御先導、理事・評議員其他御車寄ニ奉送
 備考
  一奉迎後拝謁者ハ便殿二階廊下ニ、正会員其他ハ総会場ニ集合セラレタシ
  二昼食ノ準備致置候間、総裁宮御巡視後屋上ニ御出ノ程願上候

    開院式辞
皇室ノ御下賜金ト、篤志家ノ寄附金ヲ資金トシテ、医院ノ改築ヲ計画シ、起工以来一年有半、其間建築委員ノ熱誠ナル尽力ト工事担任者ノ非常ナル努力トニ依リ、玆ニ斧鉞声ヲ収メ更生ノ医院落成ヲ告グ
思フニ設計ハ最新ノ学理ヲ応用シ、設備ハ新式ノ方法ヲ適用シテ、通風採光ニ遺漏ナク、衛生上欠点ヲ認メス、以後本院ニ従事スル者ハ本院ノ伝統的精神ヲ尊重シ、益之ヲ発揮シテ一層ノ好成績ヲ挙ケ、以テ皇恩ノ万分ノ一報ヒ奉リ、且ツ篤志家ノ深甚ナル後援ニ副ハンコトヲ期ス、所感ヲ述ヘテ開院ノ式辞トナス
  昭和五年  月 日
            東京慈恵会々長 公爵 徳川家達
   ○徳川会長不在ニ付キ栄一代読。


東京慈恵会並同医院建築工事概要(DK310005k-0003)
第31巻 p.52-53 ページ画像

東京慈恵会並同医院建築工事概要    (渋沢子爵家所蔵)
 (印刷物)
一、所在地  東京市芝区愛宕町弐丁目一〇五番地
       地鎮祭及起工            昭和四年三月十七日
一、工程
       竣成                昭和五年九月三十日
一、敷地面積 二三、一四七・四三七平方米(七、〇〇二・二八坪)総面積
一、敷地内新築建物面積               七二三・三〇八坪
一、同上総延面積                二、三七九・〇一四坪
    内訳
一、本館      階数           面積
                         (単位坪)
          地階           一二六・八九七
          壱階           六九四・〇七一
          弐階           六六六・二〇三
          参階           六八四・〇〇三
          四階           一六六・八七四
          屋階            一一・七二九
           計         二、三四九・七七七
一、附属建物  木造平家建  門衛所       七・三二七
        同  外来患者待合所      二〇・四一〇
        同      喞筒室       一・五〇〇
               計        二九・二三七
            総計       二、三七九・〇一四
                         (単位円)
一、工事費      総工費         九〇三・〇〇〇
           建築工事        六四七・〇〇〇
        内訳
           設備工事        二五六・〇〇〇
 - 第31巻 p.53 -ページ画像 
一、様式    近世復興式
○下略


竜門雑誌 第五〇七号・第八一頁 昭和五年一二月 青淵先生動静大要(DK310005k-0004)
第31巻 p.53 ページ画像

竜門雑誌  第五〇七号・第八一頁 昭和五年一二月
    青淵先生動静大要
      十一月中
○中略
七日  皇太后陛下東京慈恵会へ行啓に付、同院へ出向。


行啓次第 (印刷物) 行啓次第(昭和五年十一月七日)(DK310005k-0005)
第31巻 p.53 ページ画像

行啓次第             (渋沢子爵家所蔵)
 (印刷物)
    行啓次第(昭和五年十一月七日)
一、皇太后陛下午後一時三十分御出門
一、午後一時三十分  職員・会員其他門内ニ整列奉迎
一、臨御       御車寄ニテ下御
    総裁殿下・名誉会員・理事・評議員其他奉迎
    会長御先導、総裁殿下扈従、便殿ヘ着御
一、拝謁       総裁殿下・名誉会員・会長・副会長・理事・監事・顧問・商議医員・評議員・有功・終身会員其他
一、会長建築ニ関スル報告
一、午後二時二十分 会員其他総会場ニ着席
一、午後二時三十分 総会場御座所ヘ臨御、会長御先導
一、医院内一階・二階・三階・四階御巡覧 会長御先導
  右畢テ
一、便殿ヘ入御
一、午後四時還御  奉送、臨御ノ時ニ同シ
  備考 奉迎後拝謁者ハ便殿二階廊下ニ、正会員其他ハ総会場ニ集合セラレタシ


東京朝日新聞 第一五九九一号 昭和五年一一月八日 皇太后陛下慈恵院行啓 各宮妃殿下も御そろひで(DK310005k-0006)
第31巻 p.53-54 ページ画像

東京朝日新聞  第一五九九一号 昭和五年一一月八日
    皇太后陛下慈恵院行啓
      各宮妃殿下も御そろひで
東京慈恵会医院では去る一日新築落成したので開院式を挙行したが、皇太后陛下には特別の思召を以て、七日午後一時半大宮御所御出門、同病院に行啓遊ばされた
 この日同院には、総裁竹田宮妃殿下をはじめ、秩父宮妃・伏見大将宮妃・賀陽宮妃・久邇宮妃・同大妃・梨本宮妃・朝香宮妃・東久邇宮妃・閑院若宮妃・李王妃各殿下、御十一方にも台臨あらせられ
皇太后陛下には御着と共に妃殿下方と御対顔の後
 渋沢副会長・高木院長・実吉副院長等役員に謁を賜ひ、午後二時二十分総会会場に臨ませられ
それより各妃殿下と共に医院内くまなく御巡覧、よるべなき施療患者等をいたはらせ給ひ、一同御仁慈に感泣した、かくて陛下には午後四
 - 第31巻 p.54 -ページ画像 
時御出門、還啓あらせらる