デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

2章 労資協調及ビ融和事業
1節 労資協調
2款 財団法人協調会
■綱文

第31巻 p.457-464(DK310072k)

大正7年11月9日(1918年)

是ヨリ先労働問題漸ク擡頭スルニ及ビ政府亦之ガ対策ヲ講セントス。是日栄一、内務大臣床次竹二郎ノ請ニ応ジテ其ノ意見ヲ開陳ス。次イデ貴族院議長公爵徳川家達・衆議院議長大岡育造・子爵清浦奎吾等ト屡々資本労働問題協議会ヲ開キテ、民設ノ労資協調機関ノ設立ヲ計リ、翌八年七月二十五日銀行集会所ニ都下新聞社代表者ヲ招待シテ当会設立趣意内示会ヲ開ク。


■資料リスト