デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

2章 労資協調及ビ融和事業
3節 内鮮融和
7款 内鮮融和関係諸資料
■綱文

第31巻 p.787-788(DK310118k) ページ画像

 --


■資料

渋沢栄一 日記 大正八年(DK310118k-0001)
第31巻 p.787 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正八年      (渋沢子爵家所蔵)
六月十八日 晴 暑
○上略 渡瀬常吉氏来リ、朝鮮騒動ノ実況ト善後策ニ付意見ヲ述フ ○下略
六月十九日 晴 暑
(欄外記事)
過般朝鮮地方ニ勃発セシ騒擾ハ、其原因ヲ究メテ大ニ政府ヘ注意スヘキ必要アルニ付、金子・八代・阪谷・島田氏等ト種々協議スル所アリタリ
六月二十日 晴 暑
○上略
昨夜ノ朝鮮問題ニ付、八代氏ヨリ電話アリテ其筋トノ談話有望ノ事ヲ報シ来ル
○下略
六月二十一日 雨 暑
○上略 午後内務大臣ヲ官舎ニ訪フテ ○中略 朝鮮政度ノ事ヲ談ス ○下略
   ○中略。
六月二十三日 晴又雨 暑
○上略 午後 ○中略 原首相ヲ訪ヘ ○中略 朝鮮ノ官制ニ関スル事ヲ談ス ○下略


竜門雑誌 第三七九号・第五二―五三頁 大正八年一二月 ○朝鮮事情講演会(DK310118k-0002)
第31巻 p.787 ページ画像

竜門雑誌  第三七九号・第五二―五三頁 大正八年一二月
○朝鮮事情講演会 朝鮮並に満洲の経済事情を調査し、又之を宣伝するを目的とする在京城東亜経済会にては、去十月一日を以て同会創立一周年を迎ふる事と成りしより記念として内鮮有力者の賛成を得「朝鮮事情講演会」を内地の重なる都会に於て開催する事と成り、先づ第一着手として、東京商業会議所後援の下に、同月十五・六両日正午より、神田青年会館、及び東京高等商業学校に於て右講演会を開催し、阪谷男爵・大隈侯爵・塩沢博士其他の講演ありたる由なるが、十六日は青淵先生も同会の切なる懇請を容れられ、臨席の上一場の講演を試みられたる由。
   ○是日ノ栄一日記、並ニ講演筆記ヲ欠ク。


渋沢栄一 日記 大正一二年(DK310118k-0003)
第31巻 p.787 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正一二年     (渋沢子爵家所蔵)
三月四日 晴 寒
○上略 内鮮協会設立ニ付テノ趣旨書修正、又ハ猶興会ニ付与スル書翰案ノ作文等、種々文書ノ調査ヲ為ス ○下略


渋沢栄一 日記 大正一五年(DK310118k-0004)
第31巻 p.787-788 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正一五年     (渋沢子爵家所蔵)
二月二十三日 曇又雨 寒
○上略 朝鮮学生援護ノ件ニ付、李軫鎬及二氏来リテ援助ヲ請ハル、他日総督又ハ総監ヨリ実況ヲ詳知シテ何分ノ助力スヘキ事ヲ答フ ○下略
 - 第31巻 p.788 -ページ画像 
   ○中略。
三月五日 朝雪後曇 寒
○上略
午後朝鮮総督府財務局長草間秀雄氏来リ、過日李氏来話ノ朝鮮書生援助ノ件ニ付談話ス
○下略
   ○中略。
三月十日 雨又曇 寒
○上略 鮮人李軫鎬氏来訪、学生補助方法ノ事ヲ談ス ○下略


朝鮮教化問題大講演会(広告)(DK310118k-0005)
第31巻 p.788 ページ画像

朝鮮教化問題大講演会(広告)      (渋沢子爵家所蔵)
(印刷物)
    朝鮮教化問題大講演会 (傍聴無料)
  □時日 三月十八日午後六時三十分開会
  □場所 神田美土代町青年会館
朝鮮半島壱千五百万の同胞に対する満腔の同情は吾人が教化運動の最大動機なり。吾人は開始以来八年間の状況を報告し、更に諸君の深厚なる愛心を齎らし、諸君に代つて彼等を慰励し、信仰を基とせる彼等の進歩発展を一層徹底せしめんことを期す。時局は日鮮人の霊的交感を一層濃厚にし、愈々同心一体の理想を実現するの緊要なるを暗示す請ふ同感の諸君奮つて御来聴あれ。
      演題
◇朝鮮同胞の復活          小崎弘道君
◇朝鮮教化の大精神  朝鮮伝道主任 渡瀬常吉君
◇朝鮮教化運動賛成の理由   男爵 渋沢栄一君
◇世界の大勢と朝鮮の教化      海老名弾正君
 ○当夜は聖歌隊の合唱及声楽家青木児氏の独唱あり
   ○右広告ノ年次未詳、栄一講演筆記ナシ。

渋沢栄一伝記資料 第三十一巻 終