デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
3款 日米関係委員会
■綱文

第33巻 p.492-493(DK330051k) ページ画像

大正8年5月31日(1919年)

是日、当委員会、東京銀行倶楽部ニ開カレ、栄一出席、在米日本人会ヨリ派遣セラレタル神崎驥一ヲ招ジ、アメリカ合衆国カリフォルニア州在留日本人ノ状況ニ関スル報告ヲ聴取ス。此会合ニ於テ当委員会規約第五項ヲ修正ス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正八年(DK330051k-0001)
第33巻 p.492 ページ画像

渋沢栄一日記 大正八年           (渋沢子爵家所蔵)
五月十七日 曇 軽寒
○上略十一時、桑港アレキサンダー、リンチ二氏及町田豊千代・神崎驥一氏等来訪、日米関係ノ事ヲ談話ス、米人帰後神崎氏等ト午飧ヲ共ニシ○下略
  ○中略。
五月三十一日 晴 軽暑
○上略午後五時ヨリ銀行倶楽部ニ抵リ、日米関係委員会ヲ開ク、通常事務ヲ議決シテ後、桑港ナル在米日本人会長牛島氏ヨリ派遣セラレタル神崎驥一氏ノ同地在留民ノ状況ニ関スル報告アリ、畢リテ金子・阪谷及余ヨリ意見ヲ神崎氏ニ述ヘテ、夜十一時頃散会ス


(阪谷芳郎)日米関係委員会日記 大正八年(DK330051k-0002)
第33巻 p.492-493 ページ画像

(阪谷芳郎)日米関係委員会日記 大正八年
                  (阪谷子爵家所蔵)
八、五、三一 渋沢・藤山・金子・浅野・串田・早川・田中都吉・埴原正直等、神崎驥一(桑港日本人会書記長)土地法修正ノ件ニ付報告アリ、資金運用其他種々有益ノ意見ヲ交換ス、委員ノ数二十四名以内ヲ三十名以内
 - 第33巻 p.493 -ページ画像 
ニ改ム、英文書記トシテ菱田氏ノ件話アリ



〔参考〕(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正八年(DK330051k-0003)
第33巻 p.493 ページ画像

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正八年
                 (阪谷子爵家所蔵)
○八年五月廿一日、神崎驥一来宅(桑港在米日本人会書記長)土地法改正運動頓挫ノ状況並其善後案ニ付テ語ル、ジヨンソン氏元秘書ナイラン氏モ頗ル同情ス云々
 (五月三十一日日米委員会ニテ神崎氏ノ報告ニ付論議ス渋沢・藤山両氏主幹ノ日米委員会ナリ七月三十日再会合ス)


〔参考〕日米関係委員会諸取調書類(一)(DK330051k-0004)
第33巻 p.493 ページ画像

日米関係委員会諸取調書類(一)  (渋沢子爵家所蔵)
    日米関係委員会規約
○上略
 一本会員ノ定数ニ《(ハ)》二十四名以内《(三十ト修正)》トス
  但シ欠員ヲ生シタルトキハ全会員ノ投票ヲ以テ代員ヲ補塡ス
○下略
 (欄外記事)
 [大正八年五月三十一日ノ会議ニ於テ修正