デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
3款 日米関係委員会
■綱文

第34巻 p.14-15(DK340007k) ページ画像

大正12年5月21日(1923年)

是日栄一、当委員会会員阪谷芳郎・法学博士添田寿一・法学博士山田三良・内田嘉吉・頭本元貞等―、兜町渋沢事務所ニ会シ、日米問題ニ対スル陳述書其他ニ就イテ協議ス。翌二十二日及ビ二十四日、シドニー・エル・ギューリック博士ト同所ニ会シテ引続キ協議ス。次イデ二十八日、本問題ニ関シ委員会開カル。


■資料

集会日時通知表 大正一二年(DK340007k-0001)
第34巻 p.14 ページ画像

集会日時通知表  大正一二年       (渋沢子爵家所蔵)
五月廿一日 月 正午    日米問題ニ関シ阪谷・添田・山田・内田・頭本之諸氏ト御会見ノ約(兜町)
五月廿二日 火 午前十一時 ギユーリツク氏来約(兜町)
  ○中略。
五月廿四日 木 午前十一時 ギユーリック氏・阪谷男・山田博士来約(兜町)
  ○中略。
五月廿八日 月 午後四時 ギユーリク・熊崎両氏送別会(帝国ホテル)


(増田明六) 日誌 大正一二年(DK340007k-0002)
第34巻 p.14-15 ページ画像

(増田明六) 日誌  大正一二年     (増田正純氏所蔵)
五月廿一日 月 雨
○上略
正午事務処ニ於て、ギユウリツク博士起案日米問題ニ対する陳述書ニ付き協議会あり、出席して之が記録を作る
○下略
 - 第34巻 p.15 -ページ画像 
  ○中略。
五月廿八日 月 小雨
○上略
午後四時帝国ホテルニ於ける日米関係委員会の小委員会ニ出席した、協議事項ハ、一、二重国籍問題解決ニ関する件、二、渋沢子爵の日米問題ニ関する陳述書ニ関する件、三、日米関係委員会の同問題ニ関する宣言書ニ関する件であつた
午後七時より、ギユリツク博士及ボウルス博士の帰米ニ対する送別会に出席し、午後十一時帰宅
○下略


(阪谷芳郎) 日米関係委員会日記 大正一二年(DK340007k-0003)
第34巻 p.15 ページ画像

(阪谷芳郎) 日米関係委員会日記  大正一二年
                      (阪谷子爵家所蔵)
○十二、五、二四 兜町邸ニテ渋沢・阪谷・添田・山田・姉崎・ギユーリツク・小畑午餐ヲ共ニシ、華府会議後ノ日米問題ニ付日米関係委員ノステートメント、及渋沢子ノ米人ニ宛タル書翰ノ文案ニ付協議ス
  ○中略。
○十二、五、二八 日米関係委員送別ギユーリツク及ボールス ホテルニテ余ハ半坐ス決議文及意見書アリ
         此日金子氏ハ加藤首相ノ同意ヲ得テ来ル