デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
3款 日米関係委員会
■綱文

第35巻 p.78-81(DK350015k) ページ画像

昭和3年4月30日(1928年)

是日、当委員会主催アメリカ合衆国人ジェームズ・ダブリュー・ジェンクス招待晩餐会、丸ノ内東京
 - 第35巻 p.79 -ページ画像 
銀行倶楽部ニ催サル。栄一病気ニヨリ出席スルヲ得ズ、阪谷芳郎代リテ司会ス。


■資料

(ジェームズ・ダブリュー・ジェンクス)書翰 渋沢栄一宛 一九二八年四月一日(DK350015k-0001)
第35巻 p.79-80 ページ画像

(ジェームズ・ダブリュー・ジェンクス)書翰  渋沢栄一宛 一九二八年四月一日
                    (渋沢子爵家所蔵)
          American Mail Line
              Off Hongkong, April 1, 1928
Dear Viscount Shibusawa,
  I am expecting to arrive in Tokyo via Kobe on about the 25th of April to remain until the 2'd of May. I shall stay at the Imperial Hotel. I should like very much to have a talk with you while I am in Tokio, and if you will be good enough to send me word at the hotel, telling me when I can see you, I shall be pleased to call on you.
  I am coming via the Philiphines and China when I have spent some four weeks and more. I recall that years ago you were much interested in a currency system for China. I fear that China must still wait some time for the reform of her currency ; and yet I find people in China still talking on the question, and strange to say, rather hopefully.
  Hoping to see you soon, I remain,
           Very Sincerely yours.
               (Signed) J. W. Jenks
(右訳文)
          (栄一鉛筆)
          三年四月十四日一覧
          本人到着ノ時ヲ見計ラヘ小畑氏先ツ訪問シテ引合致シ、小晩餐会ナリトモ相催シ可申事
          (別筆)
          四月三十日阪井男爵主人側代表小宴《(阪谷男爵)》を銀行倶楽部に催ふせり
 東京市                  (四月十日入手)
  渋沢子爵閣下
         於香港沖、アメリカン・メール汽船にて
          一九二八年四月一日
              ジエー・ダブルユー・ジエンクス
拝啓、益御清栄奉賀候、然者四月廿五日頃小生は神戸を経て東京に到着し、五月二日迄同地に滞在の予定に御座候、帝国ホテルに逗留の予定に御座候へば、在京中一度拝眉の栄を得度と存候間、御面会の時日につき同ホテル気附にて御一報被下候はゞ欣んで拝趨可致候
小生は比律賓及支那を旅行致し候処、支那にては四週間以上を送り申候、数年前閣下には支那に於ける貨幣制度に対して深く興味を抱かせられ候儀小生は想起致候、支那が其貨幣制度を改革致候為めには暫時待たざるべからざる事と存候、乍併支那人は今以て此問題に関し談話致居候が、不思議にも之れが有望なるべきやの口吻を漏らし居候
 - 第35巻 p.80 -ページ画像 
遠からず拝眉の栄を可得と存じ楽み居候 拝具


日米関係委員会往復書類 (二)(DK350015k-0002)
第35巻 p.80 ページ画像

日米関係委員会往復書類 (二)      (渋沢子爵家所蔵)
拝啓、益御清適奉賀候、然ば今般来邦の紐育大学教授ジエームス・ダブルユー・ジエンクス博士を招待し、来る三十日(月)午後六時丸の内東京銀行倶楽部に於て晩餐会相催候間御差繰御来会相願度、此段御案内申上候 敬具
  昭和三年四月廿六日
                日米関係委員会
                 常務委員 渋沢栄一
  追て、同博士は先年は米国政府の命を以て支那の貨幣制度を調査致候間、之等に関し有益の談話可有之と存候
  尚乍御手数御諾否御回示願上候


日米関係委員会集会ニ関スル控(DK350015k-0003)
第35巻 p.80 ページ画像

日米関係委員会集会ニ関スル控   (日米関係委員会所蔵)
昭和三年四月三十日(月)午後六時於銀行倶楽部
 ジエー・ダブルユー・ジエンクス博士招待晩餐会
 日米関係委員会主催
    (太丸・太字ハ朱書)
   ○ジエー・ダブルユー・ジエンクス博士 欠子渋沢栄一
                      ○男阪谷芳郎
               ○若杉要氏  欠 井上準之助
               欠児玉謙次氏 ○ 添田寿一
               欠白岩竜平氏 欠 新渡戸稲造
                      欠 団琢磨
                      欠 串田万蔵
                      欠 姉崎正治
                      ○ 頭本元貞

                      欠 増田明六
                      ○ 小畑久五郎


日米関係委員会集会記事摘要(DK350015k-0004)
第35巻 p.80-81 ページ画像

日米関係委員会集会記事摘要     (渋沢子爵家所蔵)
 昭和三年四月三十日 (木)《(月)》 於東京銀行倶楽部ジエー・ダブルユー・ジエンクス博士招待晩餐会 (午後六時)
 出席者
 来賓 ジエー・ダブルユー・ジエンクス博士、若杉要氏(外務省)
 委員 阪谷男爵・添田博士・頭元氏《(頭本氏)》
 幹事 小畑
    懇談の概要
阪谷男爵 渋沢子爵が病気の為め引籠つて居られますので私に可然取計らへとの依頼でありました。又子爵よりジエンクス博士に呉れ呉れも宜敷御伝へする様にとの事でありますから先づ此事を申上げて置きます、子爵の病気は心配する程のものではありませんが、何分にも八十九歳の高齢に達して居らるゝので易しく恢復を見る事が出
 - 第35巻 p.81 -ページ画像 
来ない有様であります、本夕は出席者が甚た少数でありますが、然し懇談致すには結構な機会と思ひますから互に腹蔵なく意見の交換を行ひ度いと思ひます。
ジエンクス博士 渋沢子爵が御病気の為め御引籠との事を承りまして御気の毒に存上げます、此事を男爵より子爵へ御伝へを願ひます。彼の一千九百二十四年の移民法に就ては、私は初めからコータ制度を東洋諸国に応用する様に主張して居つたものでありますが、近来の趨勢は益々此方面に向きつゝある様に見へます、云々……
右の外支那問題に関し主客の間に心行くばかりの懇談あり、九時頃閉会、添田博士自働車にてジエンクス博士を帝国ホテルまで見送れり


(ジェームズ・ダブリュー・ジェンクス)書翰 小畑久五郎宛 一九二八年五月八日(DK350015k-0005)
第35巻 p.81 ページ画像

(ジェームズ・ダブリュー・ジェンクス)書翰 小畑久五郎宛 一九二八年五月八日
                  (渋沢子爵家所蔵)
         DOLLAR STEAMSHIP LINE
        ORIENT AND ROUND THE WORLD
                      ON BOARD
                  S. S. PRESIDENT JACKSON
                     May 8, 1928
Dear Mr. Obata,
  Won't you kindly tell Viscount Shibusawa how highly I appreciate his kindness in providing for me the opportunity of meeting his guests at dinner? Tell him also how sorry I am that he was himself unable to be present, and that I hope that by this time he is fully recovered.
  He furnished me the best opportunity I had while in Tokyo of talking frankly with men who knew about the political problems now confronting Japan. That is a great service which I much appreciate.
          Very sincerely yours,
              (Signed) J. W. Jenks
(右訳文)
                   (栄一鉛筆)
                   七月二十三日一覧
 東京市                 (五月廿五日入手)
  小畑久五郎殿
           ダラー汽船にて
            一九二八年五月八日
              ジエー・ダブルユー・ジエンクス
拝啓、渋沢子爵閣下は御親切にも小生の為めに晩餐会を催され来客各位と会見する事を得しめられ候段誠に難有、何卒貴下より宜敷く御伝声被下度候、尚ほ子爵には御列席不被為叶遺憾此事に存候、只今にては御全快遊ばされ候事と存上候、併而此儀御伝へ被下度候
子爵の御蔭を以て小生は在京中に日本の当面の政治問題に精通せられ候方々と腹蔵なく談話すべき絶好の機会に遭遇致候、右に対し小生は深く謝意を奉表候 敬具