デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
6款 ニュー・ヨーク日本協会協賛会
■綱文

第35巻 p.490-491(DK350074k) ページ画像

昭和2年12月16日(1927年)

是ヨリ先、当会名誉書記小野英二郎死去ス。是日栄一、当会名誉会長トシテ弔詞ヲ贈ル。又ソノ後任ヲ一宮鈴太郎ニ託ス。


■資料

紐育日本協会協賛会書類(DK350074k-0001)
第35巻 p.490 ページ画像

紐育日本協会協賛会書類         (渋沢子爵家所蔵)
    小野俊一様
拝啓、然ば故御尊父小野英二郎様には本会の創立に種々御尽力被下、爾来引続き名誉書記として御多忙にも不拘本会の為に御尽力被下候は本会の深く感謝する処に御座候、玆に御逝去に会し往事を追懐して誠に哀悼の至に不堪、乍延引謹て弔意を表し候 敬具
  昭和二年十二月十六日
              紐育日本協会協賛会
               名誉会長 子爵 渋沢栄一


紐育日本協会協賛会書類(DK350074k-0002)
第35巻 p.490-491 ページ画像

紐育日本協会協賛会書類         (渋沢子爵家所蔵)
(朱書)

    一宮鈴太郎様        紐育日本協会協賛会
             (栄一鉛筆)
              一覧      渋沢栄一
拝啓、時下益御清適奉賀候、然ば先年創立の際種々御尽力を蒙り候紐育日本協会協賛会の義は、爾来小野英二郎氏名誉書記に、福井菊三郎氏名誉会計に、又老生名誉会長に在職致居候処、先般不幸にして小野英二郎氏逝去せられ候に付ては、乍御迷惑貴台に同氏の後任を御引受願度と存候、同会をして権威を保たしむるには、如何しても米国の事情に通し、米人の多数を友人に有する貴台に御願致候外無之と福井とも協議の上、玆に御願致候次第に御座候間、枉て御承諾被下度候、右に就ては不日福井氏御面会の上、同会の経過現状等委曲御話致す筈に御座候間御聴取被下度候 匆々拝具
 - 第35巻 p.491 -ページ画像 
  昭和二年十二月十六日


(一宮鈴太郎)書翰 渋沢栄一宛昭和二年一二月二九日(DK350074k-0003)
第35巻 p.491 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕日米関係委員会往復書類 (二)(DK350074k-0004)
第35巻 p.491 ページ画像

日米関係委員会往復書類 (二)     (渋沢子爵家所蔵)
    覚書                     明六
○上略
○尚同日○四月一四日予テ在米松平大使ヨリ紹介シ来レル紐育日本人会角田書記長ノ、米国ニ対シ日本ノ書物寄送ノ件ニ就キ小村○欣一次長ニ談話セラレ、右紹介状並角田ノ持参シタル趣意書ヲ同氏ニ渡シ置カレタリ
  昭和二年四月十四日
   ○四月十四日栄一外務省ヲ訪ヒ、出淵外務次官及ビ小村情報部次長ト会談セリ。右掲載資料中「紐育日本人会」トアルハ「ニュー・ヨーク日本協会」ヲ指ス。