デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
7款 大日本平和協会
■綱文

第35巻 p.498-501(DK350077k) ページ画像

明治45年3月7日(1912年)

是日栄一、当協会ニ金五百円ヲ寄附ス。


■資料

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 明治四五年(DK350077k-0001)
第35巻 p.498-501 ページ画像

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 明治四五年
                 (阪谷子爵家所蔵)
 - 第35巻 p.499 -ページ画像 
○二月十四日○中略
 午後二時半佐竹作太郎氏ヲ訪ヒ、寄付金ニ関スル従来ノ経過ヲ開キ、将来ノ打合ヲ為ス
 事務所ニテ為貝・道又両氏ト会ス、規則印刷其他
○二月十五日、渡瀬氏ト電話ス、商業会議所ニテ演説ノ件、帝国劇場切符ノ件、為貝ノ件、佐竹氏ニ昨日面会ノ件
 一、樋口勘治郎氏ト電話ス、十九日午後四時集会其他ノ件、英語ノ名称ハボールス氏ト打合アリ度云々
 一、渋沢男ニ書面ヲ送リ、佐竹氏寄付金ノ話、商業会議ニテ演説ノ話、其他状況ヲ報告ス
  ○中略。
○二月十九日、樋口氏回答アリ
  ボールス氏電話宮岡ノ件、沢田(?)ノ件、渋沢男及添田氏ニ面会ヲ求ムル件
  ○中略。
○二月二十二日○中略
  堀越善重郎氏ニ書面ヲ送リ、渡米実業団諸氏寄付金五千円ノ取纏メ方ヲ頼ム
  ボールス氏ニ書面ヲ送リ、寄付金ノ状況ヲ述ヘ浪費ノ警戒スヘキヲ云フ
○二月二十三日、堀越氏回答アリ、更ニ当方ヨリ電話ス
○中略
  堀越善十郎氏《(堀越善重郎)》ヨリ電話、渡米実業団寄付ニ付打合ス
○二月二十四日、中野氏ニ電話ス、差支アリ、其旨ヲ堀越氏ニ通ス、樋口氏来宅左ノ反訳ヲ託ス
    平和ニ及ホス商業団体ノ勢力
   一大隈伯序文
    渋沢男題辞 文明之人道
   一英米仲裁々判条約
   一昨年五月五日英国両党ノ決議状況
   一昨年十一月七日タフト氏ノ演説
   一ラムマツシユ氏ノ論評
   一平和ト商業団体トノ関係
  以上
   ○中略。
○二月二十六日
○中略
  堀越善重郎氏ヨリ電話ニ曰ク、中野君三百円、渋沢男五百円、承諾(先日左右田君三百円、大谷君若干承諾)ナリ、尚余ヨリ根津氏(嘉一郎)ヘ一書ヲ差出サレ度云々
○中略
○二月廿七日○中略
 ○堀越氏ト電話ス、実業団ノ寄付金ニ付中野氏ニ交渉ノコトニ付テナリ(根津氏ヘ余ヨリ書面ヲ出スノハ見合)
 - 第35巻 p.500 -ページ画像 
  ○中略。
○三月二日、為貝・中野・堀越三氏ニ書面ヲ送ル、渡米実業家団体諸氏ノ賛成ヲ求ムル為メ、伯爵大隈会長ヨリ渋沢男ニ依頼ノ件ナリ(為貝宛ノ分ハ樋口経由ス)
  ○中略。
○三月四日○中略
  堀越氏ヨリ電話ニテ渋沢男ヲ煩ハスコト如何トノ注意アリ、事情ヲ説明ス
○中略
○三月五日、渋沢男ニ書ヲ送ル(四日付)、渡米実業団寄付金ノ件ナリ
○中略
  渋沢男来宅ニ付、渡米実業団寄付ノコト請願ス
○三月六日○中略
  堀越君ニ電話ニテ渡米団寄付ノコトヲ話ス
  為貝氏ニ堀越君ノ関係ヲ電話ス
○中略
○三月七日、堀越ヨリ来状、渡米団寄付ノ件
  八十島ヨリ来状、渋沢男五百円寄付ノ件
  右ニ付電話ニテ日本興業銀行ヘ払込ノコトヲ話ス
  シヤンド氏ニ書ヲ送ル、平和事業ニ尽力ノ旨ヲ述フ
  左右田金作氏ヨリ来状、渡米実業団ノ件ニ付回答
○三月八日○中略
  為貝氏ト電話ス、渋沢男ヘ礼状ノ件
○三月九日、ボールス氏ヘ書ヲ送ル、雑誌送付ノ礼、渋沢男五百円寄付、今朝米国電報仲裁条約修正通過云々ニ付失望ノ旨並事情ヲ速ニ承知致度旨云々申述ヘタリ
  為貝氏ヨリ電話、渋沢男ヘ礼ノ件
  ○中略。
○三月十一日○中略
 一、兜町渋沢男邸ニテ男並堀越善重郎君ニ面会シ、渡米実業団体ヨリ寄付ノコトヲ依頼ス
  ○中略。
○三月十四日○中略
  樋口来訪ス、米国上院仲裁々判条約通過ノ件、平和ト商業団ノ序文(大隈・渋沢)ノ件、平和館ノ件ト話ス
○中略
  渋沢男樋口氏ヲ紹介ス
  ○中略。
○三月二十日、増田明六電話、渋沢男ヨリ平和協会々長宛回答書ヲ発ス云々
  ○中略。
○三月廿五日、八十島氏ヨリ、渋沢男ヨリ渡米団諸氏ヘ寄付金勧誘状発送ノ旨電話アリ
○三月廿八日、道又渋沢男ノ回答持参ス
 - 第35巻 p.501 -ページ画像 
○三月三十一日、堀越善重郎氏ヨリ来状、渡米実業家ノ寄付種々申越アリ
   佐竹作太郎三〇〇円(外八〇〇既出) 小池国三二〇〇円若クハ三〇〇
   日比谷  三〇〇          岩原謙三二〇〇
   清水満之助三〇〇          渡瀬  一〇〇
   中野   三〇〇          根津
   左右田  三〇〇          町田
   大谷   三〇〇
  右書ヲ為貝氏ニ送ル
  ○中略。
○四月廿九日、王子邸ニテ渋沢男ヨリ実業団員寄付ニ付話アリ○中略
○五月四日、道又ヘ六日三時ヨリ五時マテ幹事会ヲ開クコトヲ通知ス
  為貝氏来訪、毎月計算検印、渡米団員寄付金ニ付渋沢男ヨリ寄付者ヘ礼状文案、ヘーグ・デー演説者渋沢男・大隈伯・寺尾(又ハ高橋作衛)依頼ノ件、青年会館借料等十五円、印刷物千枚、又雑誌一ケ月八円位ニテ印刷費ハ出来ル云々、公告料ノ収入ヲ見込ムナリ、其他ハ編輯費ナリ