デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
8款 日米協会
■綱文

第35巻 p.597-599(DK350121k) ページ画像

大正12年10月1日(1923年)

是日、当協会第三十四回執行委員会帝国ホテルニ催サル。栄一出席シテ、アメリカ合衆国ニュー・ヨーク日本協会ヨリ当協会ニ対シ、大震災応急救援ノタメ寄贈セラルル義捐金十万弗ノ処分法ヲ議シ、栄一発議シテ之ヲ大震災善後会ニ交付セシムルコトニ決ス。十月十一日当協会ヨリ右金員ヲ善後会ニ引渡ス。


■資料

(日米協会)邦文記録 第参号(DK350121k-0001)
第35巻 p.597-598 ページ画像

(日米協会)邦文記録 第参号 (社団法人日米協会所蔵)
大正十二年度
    第二十一 紐育日本協会ニ於テ協会ノ為メ義捐金募集ノ件
紐育日本協会ニ於テ今回ノ大震火災ニ付一般義捐金応募ノ外、本協会関係ノ向ニ対スル応急救護ノ為義捐金拾万弗募集中ナル旨、在紐育総領事ヨリ電信アリタル趣ヲ以テ、九月十五日外務次官ヨリ通牒アリタリ、本電信ハ単ニ募集中トノミニシテ其後具体的ナル通信ニ接スベキヲ期待シタルモ何等消息ナク、時日ヲ経過スルニヨリ取散ヘズ電信ニテ謝意ヲ表シタリ
○中略
 - 第35巻 p.598 -ページ画像 
    第二十五 第三十四回執行委員会
一、時日 大正十二年十月一日正午
二、場所 帝国ホテル
三、司会者 徳川名誉副会長(金子会長遅刻ノ為メ)
四、出席委員 渋沢名誉副会長、阪谷名誉副会長○以下十五名氏名略ス
五、協議事項 日本協会ヨリ日米協会ニ寄贈シ来レル寄附金ノ処理ニ関スル件
  浅野幹事○良三 紐育日本協会ヨリ今回ノ震火災ニ関シ特ニ本協会ニ宛テ協会ノ裁量ニヨリテ適当ニ処理スル様トノ条件ニテ、米金拾万弗ノ寄附金ヲ蒐メ居レリトノ電信ニ接セリ
  阪井委員○徳太郎 特ニ協会ヲ指定シ来リタルモノナレバ、本協会ニ於テ案ヲ立テ寄贈ノ目的ニ添フ様ニシタシ
  姉崎委員○正治 久里浜記念碑等如何ニナリ居ルヤ不明ナルモ、是等特ニ日米関係ノ事物ニ関シ必要ナル費途多カルベシ
  渋沢名誉副会長 本寄附金ノ目的ハ罹災者ニ対スル応急救護ニアリテ其他ニ使用スベキニアラズ、此目的ノ為メニ特設シタル機関、例セハ大震災善後会ノ如キモノアレバ其方ニ寄附スルヲ適当トス
  其他種々意見アリタルモ渋沢子爵ノ提議ニ賛成者多数ニシテ本寄贈金ヲ大震災善後会ニ寄附スルコトニ決定ス
右終テ午後零時五十分午餐会ニ移レリ
○中略
    第二十七 紐育日本協会ヨリノ震災寄附金処分ニ関スル件
第三十四回執行委員会ノ決議ニヨリ、紐育日本協会ヨリ特ニ本会ノ為メ募集シタル寄附金ヲ大震災善後会ニ寄附スルコトトナリシニ付、同会ノ趣旨・組織等ニ関スル英訳文ヲ添ヘ深厚ナル謝辞ト共ニ十月八日日本協会々長ヘンリー・タフト氏宛書面ヲ送レリ、尚ホ現金ハ通信機関杜絶ノ為大阪府ニ廻送セラレ甚ダシク遅着シ、十月十一日大震災善後会ニ引渡セリ
   ○大震災善後会ニ就イテハ本資料第三十一巻所収「関東大震災善後会」ノ条参照。


(堀越善重郎)電報 渋沢栄一宛一九二三年一二月二八日(DK350121k-0002)
第35巻 p.598 ページ画像

(堀越善重郎)電報 渋沢栄一宛一九二三年一二月二八日
                  (渋沢子爵家所蔵)
 Radio Newyork
Viscount Shibusawa, Tokio     Desember 28, 1923
Vanderlip gosendoruokutta henjinaitoyuuke tottakasuguhen horikoshi
(右翻字)
ヴアンダリツプ五千弗送つた返辞無いと云ふ受取つたか直ぐ返
                           堀越
              (大正十二年十二月廿九日入手)
 - 第35巻 p.599 -ページ画像 


渋沢栄一電報 控 堀越善重郎宛大正一二年一二月二八日(DK350121k-0003)
第35巻 p.599 ページ画像

渋沢栄一電報 控 堀越善重郎宛大正一二年一二月二八日
                  (渋沢子爵家所蔵)
            (COPY)
Z Horikoshi, Newyork
Denmitakifukin uketorisugu daishinsaizengo kaiewatashita
Doshiefumishita sayodentatsuoko Shibusawa
(右翻字)
         (別筆)
         十二月廿八日
                大震災善後会経由発信
電見た寄付受取直《(金脱)》ぐ大震災善後会へ渡した
同氏へ文した左様伝達を乞ふ
                       渋沢
  紐育 堀越

在米日本人往復(一)(DK350121k-0004)
第35巻 p.599 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。