デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
9款 其他関係諸団体 2. シアトル日本協会
■綱文

第35巻 p.619-624(DK350133k) ページ画像

大正14年2月5日(1925年)

シアトル日本協会ノ発議ニヨル東洋実業視察団ハジェームズ・エス・ギブソンヲ団長トシテ去ル一月二十七日シアトルヲ発ス。是日栄一、外務次官出淵勝次ヨリ右ニツキ報告ニ接ス。


■資料

外務省関係書類(三)(DK350133k-0001)
第35巻 p.619-620 ページ画像

外務省関係書類(三)              (渋沢子爵家所蔵)
                          別紙添付
通二普通第七〇号
  大正十四年一月二十日
             外務次官 出淵勝次外務次官之印
   子爵渋沢栄一殿

   「シアトル」実業団ノ東洋訪問ニ関スル件
本件ニ関シ今般在「シヤトル」大橋領事ヨリ別紙写ノ通電報有之候ニ付右玆ニ及御送附候間、委細右ニテ御了知相成、可然御配慮相煩度此段申進候也
*(欄外別筆)
 常務委員
 幹事             明六
      服部 小畑
(別紙)
 - 第35巻 p.620 -ページ画像 
 東京着 大正十四年一月十七日 在「シアトル」大橋領事 来電Seattle Commercial Commission to the Orient《沙市東洋商業視察団》ハ一月二十七日President Mckinley《大統領マツキンレー》ニテ出発、二月八日横浜着、翌日同地発十日神戸着上海ニ向ケ出発ノ予定ナリ、団員三十数名、内婦人約十名ナル処団長J. S. Gibson《ジエー・エス・ギブソン》氏ハ三井・郵船等ト関係アル当地ノ有力者ニシテJapan Society《日本協会》ノ最熱心ナル幹部ノ一人ナリ、其ノ他当地会議所会頭ニシテ若手有力者タルDavid Whitcomb《デヴィット・ホイトカム》氏始メ各方面ノ代表者ヲ含ミ居ルニ付テハ、本団渡日ノ節ハ簡易通関、関係会議所・通商団体トノ聯絡歓迎方等可然御配慮ヲ望ム、本団ノ目的ハ当地方ノ貿易増進ヲ東洋ニ感謝シ実業家トノ交際ヲ暖メ、且六月二十六日当地ニ開カルヘキNational Foreign Trade Council《全国外国貿易会議》第十二回年会ニ東洋実業家ノ参加ヲ勧誘スルニアリ、右年会ハ昨年「ボストン」ニ開カレ、従来米国内実業家ニ限ラレタルヲ、本年ハ特ニ外国ヨリノ代表ヲ招ク計画ナリト云フ、本団滞在日数ハ京浜及阪神ニ各一日乃至一日半ニ止リ、視察ノ目的ヲ達シ難キヲ憂ヒ、研究ヲ重ネタルモ名案ナク、唯団員中団長始メ主要分子ハ帰途日本ニ寄リ十日程滞在スヘシトノコトナルニ付、其ノ際出来得ル限リ便宜御供与アリタシ、往路東京ヨリ鉄道ニテ阪神ニ至リ滞在期日ヲ永メントスル議アルモ未決ナリ、就テハ差当リ京浜阪神ノ各会議所ヨリ当地会議所ニ対シ、本団ヲ歓迎スル旨打電方希望ス、其ノ他委細判明次第電報スヘシ


外務省関係書類(三)(DK350133k-0002)
第35巻 p.620-623 ページ画像

外務省関係書類(三)            (渋沢子爵家所蔵)

                           別紙添付
通二普通合第一九三号
  大正十四年二月五日
           外務次官 出淵勝次外務次官之印
    子爵渋沢栄一殿
    「シアトル」東洋視察団ノ来訪ニ関スル件
本件ニ関シ曩ニ在「シアトル」大橋領事ヨリ来電ノ次第ハ一月二十日附通二普通第七〇号ヲ以テ申進置候処、今般同領事ヨリ更ニ別紙写ノ通報告越候ニ付、為御参考右玆ニ及御送附候也
(別紙)
公第一一号
  大正十四年一月八日 在シヤトル
写 領事 大橋忠一
   外務大臣男爵幣原喜重郎殿
    当地会議所東洋派遣団ニ関スル件
当地商業会議所東洋派遣団(Seattle Commercial Commission to the Orient)ハ愈々来ル一月二十七日当地発「プレジデント、マツキンレイ」号ニテ出発、二月八日横浜着ノ上、其使命ヲ果シタル後「マツキンレイ」号又ハ鉄道ニテ阪神地方ニ赴キ、二月十一日神戸発上海ニ向ヒ、同地ニ二日、香港ニ一日滞在ノ後「マニラ」ニ赴キ、同地ニテ解散スルコトトナレリ
 - 第35巻 p.621 -ページ画像 
本旅行団ハ当初当地「ジヤパン・ソサイテイ」ノ発議ニ依ルモノナレトモ、旅程ノ作製ヲ「アドミラル・ライン」ニ依頼シタル結果、本団カ団体トシテ日本ニ滞在シ得ルハ「マツキンレイ」号カ碇泊スル二日間ニ止マリ、斯クテハ日本視察ノ目的ヲ達スルコト不可能ナリトノ議論盛ニテ、当方ニテ種々対策ヲ研究シタルモ名案ナク、結局帰途団体ノ大部分一団トナリテ渡日、約十日間滞在シ、各方面ノ視察、名士トノ会見、商業団体トノ聯絡ヲ遂クルコトニ一応内定シタル模様ナルニ付、其際出来得ル限リノ便宜御供与方御配慮相煩シタシ
団員ハ本日迄ノ処三十二名、内婦人十名ニテ今後多少ノ増減アルモ知ルヘカラス、内団長「ギブソン」氏ハ当地「ジヤパン・ソサイテイ」ノ最モ熱心ナル評議員ニシテ、居常在留邦人ノ為メ尽力スル処頗ル大ナリ、同氏ハ曾テ同様ノ団体ヲ率ヒテ渡日シタルコトアリ、其際故大隈侯・故近藤男ノ熱心ナル歓迎ヲ受ケタルヤニテ、今回渡日ノ際ハ右両氏ノ基地ニ参拝シ度キ旨洩シ居タリ、本団実行委員ノ一人「ダビツト・ホイツトカム」氏ハ当地会議所会頭ニシテ「ジヤパン・ソサイテイ」終身会員ナリ、同氏ハ当地ノ素封家ニシテ前途アル若手有力者ナリ、同シク実行委員「ギルマン」氏ハ日本郵船会社ト特殊ノ関係アル大北鉄道会社ノ副社長ニシテ親日家ノ一人ナル処、九日同氏ノ本官ニ語ル処ニ拠レハ急用出来タル為メ渡日ハ多分不可能ナルヘシトノコトナリ、「ドーナルド・エガマン」氏ハ「ジヤパン・ソサイテイ」ノ評議員トシテ活動シ、当地三菱・鈴木・高田等ノ顧問弁護士ナリ、「ミス・グード」ハ当地会議所外国貿易部主任、且ツ本団幹事ニシテ極メテ親日的ノ婦人ニシテ「ジヤパン・ソサイテイ」会員ナリ、英氏ハ木材輸出業者ニシテ唯一ノ本邦人加入者タリ、「ジエー・シー・ハーブスマン」氏ハ当地「チヤイナ・クラブ」ノ書記長ニシテ「ボリチシヤン」ナリ、「オリエンタル・ライン」ト聯絡シテ支那ノ為メ宣伝之レ努ムルモ、日本ニ対シテ必スシモ悪シカラス「ジヨージ・ビー・ラムピング」氏ハ昨秋当州々知事候補ニ立チ、一時優勢ナリシモ結局失敗ニ帰シタリ
日本ニ対シ好意ヲ有ス
本団々員中未タ「ジヤパン・ソサイテイ」ニ加入シ居ラサルモノ多数ナル処、「ギブソン」氏ハ出発前全部会員タルヘク勧説スヘシト言ヒ居レリ
委曲前記ノ次第ナルニ付、本団渡日ノ上ハ各地商業団体ト御協議ノ上出来得ル限リ歓迎セラレ、日本ニ対シ好感ヲ抱イテ帰米スル様御配慮相成度及御依頼候 敬具
  本信写送付先 在米大使
 追而同団々長「キヤプテン・ギブソン」ヨリ発シタル「アナウンスメント」何等御参考迄添付候条御査閲相成度候也
   ○添付セルアナウンスメントハ次掲ノモノナリ。

           (COPY)
          Seattle Commercial Commission
          to the Orient
 - 第35巻 p.622 -ページ画像 
          Under Auspices of
          Seattle Chamber of Commerce

          James S. Gibson, Chairman

        ANNOUNCEMENT
    SEATTLE COMMERCIAL COMMISSION
         TO THE ORIENT
   SAILING ON SS "PRESIDENT MCKINLEY"
           January 27, 1925
  Accompanying find information concerning the SECOND SEATTLE COMMERCIAL COMMISSION TO THE ORIENT.This is being supplied you that you may know the purposes of this Commission and see the advantages in joining this representative group from the Pacific Northwest in its delightful mission to the Far East.
  These emissaries, attesting the appreciation of this section of the United States of the benefits derived from trade with China, Japan and the Philippines, besides carrying with them the greetings and goodwill of the Pacific Northwest, will bear invitation to the heads of business organizations in these countries to attend the National Foreign Trade Convention in Seattle, June 24, 25 and 26, 1925. This makes of it an historic body, one which will stand out in the annals of trade expansion between this country and the Far East.
  Contacts will be formed on this Commission, foundations laid for future mutual prosperity―knowledge and business insight and understanding gained, the value of which is not to be compared to the slight outlay involved which secures at the same time and for the same price a two and a half months, vacation. Surely the advantages are obvious.
  Already widespread interest in the Commission has been evidenced by cable messages from the various countries indicating appreciation thereof and a welcome.
  The First Commerical Commission to the Orient in April 1921 was a most pleasant and successful one. It was elaborately entertained at all ports by the various commercial and social organizations and by prominent individuals. The results in improved relations between the Pacific Northwest and the countries across the Pacific, and likewise in increased commerce, were most encouraging and beneficial. This Second Commercial Commission no doubt will be even more successful in all respects, and it comes at the most opportune time for accomplishing these purposes, and in bringing splendid results.
  In order that fitting preparations be made, and adequate
 - 第35巻 p.623 -ページ画像 
accommodations be provided for the Second Commercial Commission, which leaves Seattle on the SS "President McKinley" January 27, 1925, it is ncessary to make definite reservation for it as a unit, with the steamship company within the next few weeks. The Foreign Trade Department of the Seattle Chamber of Commerce will furnish particulars.
            Signed: J. S. Gibson
          Capt. J. S. Gibson, Chairman
           SEATTLE COMMERCIAL COMMISSION
           TO THE ORIENT COMMITTEE.


外務省関係書類(三)(DK350133k-0003)
第35巻 p.623 ページ画像

外務省関係書類(三) (渋沢子爵家所蔵)
 別紙添付
通二普通合第三一四号
  大正十四年三月二日
             外務次官 出淵勝次外務次官之印
  日米関係委員会
   常務委員子爵渋沢栄一殿

    「シアトル」東洋派遣実業団長逝去ニ関スル件
曩ニ本邦渡来ノ「シアトル」実業団長「ギブソン」氏ハ客月二十一日「マニラ」ニ於テ急死セラレタル趣ヲ以テ今般在「シアトル」大橋領事ヨリ別紙写ノ通電報有之候ニ付、委細右ニテ御了悉ノ上同氏生前ノ功ニ顧ミ、適当ナル弔問方可然御取計相成様致度此段為念御通報旁々申進候也
*欄外別筆
 常務委員
 幹事  小畑
(別紙)
 東京着 大正十四年二月二十六日
                在「シアトル」大橋領事来電
「シアトル」東洋派遣実業団長Captain J.S.Gibson氏ハ去ル二十一日馬尼剌ニ於テ急死セラレ、遺骸ハ「プレシデント・マツキンレー」号ニテ帰米ノ途上三月六日横浜着ノ予定ナリト、就テハ同氏カ生前日米親交ノ為非常ナル努力ヲ為シ在米居留民ノ感謝シ居ルハ勿論、今回実業団ヲ派遣スルニ至リタルハ成ルヘク多数ノ米人ヲシテ日本ヲ諒解セシメントスル趣旨ヨリ同氏ノ熱心主張シタル結果ニシテ、然モ団長トシテノ任終ラサルニ不幸長逝シタルハ当地方日米人ノ痛歎シ居ル所ニシテ、当地「タイムス」ノ如キハ論説ヲ掲ケテ其死ヲ弔ヘリ、就テハ同氏生前ノ功労ニ顧ミ遺骸横浜着ニ際シ日本政府、関係会議所ヨリ花輪ヲ捧ケラレ、又ハ当地ニ在ル「ギブソン」氏夫人ニ対シ適当ノ慰問品ヲ贈ラレタシ


(デーヴィッド・ホイトコム)電報 渋沢栄一宛大正一四年三月七日(DK350133k-0004)
第35巻 p.623-624 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。