デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
3節 国際団体及ビ親善事業
5款 財団法人日華学会
■綱文

第36巻 p.153-155(DK360059k) ページ画像

昭和6年10月5日(1931年)

是ヨリ先、大日本紡績聯合会、中華民国水災同情会ニ寄付セシガ、右同情会ハ中国政府ヨリ寄付受領ヲ拒否セラル。因ツテ当会、大日本紡績聯合会ニ対シ、ソノ撤回サルベキ同情金ノ内、金二万円ヲ改メテ当会事業費トシテ寄付ヲ求ムルタメ、当会常務理事砂田実ヲ同聯合会ニ派遣セントス。是日栄一、砂田ニ同聯合会長阿部房次郎宛紹介状ヲ与フ。


■資料

紹介状往翰(一)(DK360059k-0001)
第36巻 p.153 ページ画像

紹介状往翰(一)             (渋沢子爵家所蔵)

拝啓、秋冷之候益御清適奉賀候、然ば本書持参の砂田実氏は財団法人日華学会常務理事に有之、今般同会の用務を以て、貴台拝訪仕候事と相成候処、同会に付ては老生年来微力を致来、今回の義に付ても御差支無之範囲に於て、御高配被下度希望罷在候次第に御座候、就ては同氏参趨の節は御差繰御引見被下事情御聴取願上度、一書相付候義に御座候
右御紹介旁得貴意度、所労中の為乍略儀代筆如此御座候 敬具
  昭和六年十月五日
                     渋沢栄一
    阿部房次郎様


財団法人日華学会書類(一) 【(写) 謹啓 時下益御清穆奉賀上候、陳者財団法人日華学会事業費援助請願ノ件…】(DK360059k-0002)
第36巻 p.153-155 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。