デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
3節 国際団体及ビ親善事業
8款 聖路加国際病院
■綱文

第36巻 p.241-243(DK360076k) ページ画像

昭和4年7月26日(1929年)

是日、当病院評議員会、当病院ニ於テ開催セラレ、栄一出席ス。


■資料

集会日時通知表 昭和四年(DK360076k-0001)
第36巻 p.241 ページ画像

集会日時通知表  昭和四年      (渋沢子爵家所蔵)
七月廿六日(金) 午前十一時半 聖路加国際病院評議員会(同病院)


聖路加国際病院書類(一) 【聖路加国際病院評議員会報告】(DK360076k-0002)
第36巻 p.241-243 ページ画像

聖路加国際病院書類(一)         (渋沢子爵家所蔵)
    聖路加国際病院評議員会報告
      時日―昭和四年七月二十六日午前十一時半開会
         同         午後二時半閉会
      場所―於聖路加国際病院
 - 第36巻 p.242 -ページ画像 
 出席者氏名(来会受付順)
  末延道成殿  長与又郎殿  渋沢栄一殿
  阪谷芳郎殿  徳川家達殿  江口定条殿
  阪井徳太郎殿 福井菊三郎殿 関屋貞三郎殿
  樺山愛輔殿  岡田和一郎殿 久保徳太郎殿
第一、予定募集金額           三、五〇〇、〇〇〇弗
第二、在米院長ドクトル・トイスラー氏、最近募金運動報告次ノ如シ
     総額…………………………………一、九〇二、〇〇〇弗
      内訳 現金 ……………………一、四〇二、〇〇〇弗
         基本金……………………… 五〇〇、〇〇〇弗
          ロツクフエラー氏寄附… 四〇〇、〇〇〇弗
           ホール氏遺産ヨリ寄附…一〇〇、〇〇〇弗
第三、関税ニ関スル事項報告
  昨年五月トイスラー氏出発前、評議員会ニ於テ決議セシ事項
  第一項 聖路加国際病院新築ニ要スル建築材料ハ、関税規則ニ違反セサル限リ、関税ヲ免除スルコトヲ当局ニ依頼スルコト
第二項 関税規定ニ依リ建築材料ヲ無税ニテ輸入スルコト不可能ナルトキハ、評議議員会ニ於テ其ノ総額ヲ負担スルコト
   「説明」右建築材料其ノ他暖房・給水・電気装置ニ要スル材料ニシテ、米国ヨリ輸入スル総額ノ関税ハ、レーモンド建築設計会社ノ予測スルトコロニ依レハ、十五万千五十参円ナリ、是レ昨年評議員会ニ於テ予想セシ関税ノ半額ナリ
   関税問題ニ関シテハ特ニ阪谷男爵ノ御尽力ニ依リ、当局ノ諒解ヲ得タリ、今其ノ要点ヲ略記スレハ左ノ如シ
     「昭和二年十一月二十八日阪谷男爵態々藤井主税局長ヲ訪問サレ、其ノ節ノ局長ノ言ニ依レハ、従量税五万弐千円余従価税七万千円余トナル由、就テハ従価税ノ方可成寛大ニ取扱フコトニ可致トノコト、尤モ価格ヲインボイスニ記入アル分ハ、其ノ価格ヨリ安クスルコト能ハス云々ノ話有之候、右ニ付従量税五万弐千円余ヲ全部、其ノ外従価税若干ヲ納ムルモノトセハ、日本篤志家ノ負担ニ訴フヘキ金高ハ最初ノ予定参拾万円ヨリ余程減セラレル訳ニテ、此ノ中浅野総一郎氏ヨリ既ニセメントヲ以テ寄附申込ノ分ヲ金高ニ見積リテ差引シ、其ノ残額タケハ結局評議員諸氏ノ尽力ヲ煩シ、寄附金募集ノコトニ相成可申存候」云々
     右ハ阪谷男爵ノ報告ヲ其ノ儘評議員会ニ報告ス
第四、新築病院ニ隣接スル三角地面買入ノ件
   「説明」新築病院建築ニ要スル金額ハ、其ノ敷地ヲ合シテ凡ソ壱千万円ニ価スルモノナレハ、其ノ内部ノ設備ハモトヨリ外観ニ於テモ確カニ東京市ノ異彩ヲ呈スルモノナリ、故ニ此ノ建築ニ隣接スル区域モ病院地帯トシテ、先ツ第一ニ清潔ヲ旨トシ雑沓ヲ避クルヲ肝要トス、而シテ次ノ表ニ示スカ如ク弐百六拾九坪余ノ三角地面アリ、之ヲ小公園トシテ保存スルカ、或ハ之ヲ購入シテ病院ノ地域ニ加フルトセハ
 - 第36巻 p.243 -ページ画像 
完全ニ右ノ主旨ヲ実現セシムルコトヲ得ルナリ、是レ年来ドクトル・トイスラー氏ノ希望ニシテ、屡々市当局ニモ諒解ヲ得シモノナリ、然ルニ其ノ土地ハ市ノ所有地ニ非ラスシテ個人所有ニ属スルモノナレハ、其ノ地面ヲ得ルニハ購入スルヨリ外ニ途ナシ、其ノ金額ハ次ノ表ニ示スカ如シ、而シテ病院建築ニ要スル総額ニ比スレハ比較ニナラサル少額ナレトモ、之カ東京市民ノ後援ト同情ニ依リテ獲収シ得ラルヽモノトスレハ、米国ノ同情者ニ影響スルコト偉大ナルモノナリ、依テ玆ニ何等カノ法案ヲ以テ此ノ地面ヲ購入スルニハ、京橋ノ有志家ニ依頼スルハ如何カト云フ協議ヲ遂クルニ至レリ
○中略
第五、七月二十七日堀切市長訪問
   右三角地面ニ関シ、市長ノ諒解ト協賛ヲ得ル為ニ、阪谷男爵・岡田博士・久保副院長(樺山伯爵・阪井評議員緊急要件ノ為同行セス)ノ三人市長ヲ訪問シテ、特ニ阪谷男爵ヨリ聖路加国際病院ノ使命・歴史ヲ説明シタル後、新築病院ニ近接スル地面ノ関係ヲ具申シ、此ノ三角地面ニ関スル病院側ノ希望ヲ述ヘテ、将来ニ於ケル東京市ノ施設ニ矛盾セサル限リ深大ノ援助アランコトヲ依頼シ市長モ病院ノ設立趣旨又現在ノ事業ヲ諒解シテ、権能ノユルス限リ之ヲ援助スルコトヲ諾サレ、現在新道路トナルヘキ北側ニシテ病院ニ接シタル地面ハ、病院ニ対スル好意トシテ市ニテハ当分其ノ儘ニ保存シ、樹木ニテモ植ヱ付ケ置クトノ東京市主任者ノ内話アリタリ


聖路加国際病院書類(一) 【昭和四年七月廿六日開催ノ聖路加病院評議員会ハ、久保徳太郎氏主人位置ニテ…】(DK360076k-0003)
第36巻 p.243 ページ画像

聖路加国際病院書類(一)         (渋沢子爵家所蔵)
昭和四年七月廿六日開催ノ聖路加病院評議員会ハ、久保徳太郎氏主人位置ニテ種々ノ説明アリタル由、渋沢子爵モ定刻午前十一時三十分ニ出席シ、腹部ノ具合悪カリシ為メ午餐ヲ辞退シテ、退出セラレタル趣ナリ
  ○右ハSTATEMENT OF CUSTOM DUTIES; TO CLAIM EXEMPTION FROM, FOR THE NEW ST.LUKE'S INTERNATIONAL HOSPITALト題スル英文タイプ刷ノ「表」ノ欄外ニ墨書サレタルモノナリ。