デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
3節 国際団体及ビ親善事業
13款 社団法人国際聯盟協会
■綱文

第36巻 p.535-536(DK360194k) ページ画像

大正13年1月24日(1924年)

是日栄一、日本銀行ニ理事深井英五ヲ訪ネ、当協会ノ会計監督タランコトヲ乞ヒ、承諾ヲ得。


■資料

集会日時通知表 大正一三年(DK360194k-0001)
第36巻 p.535 ページ画像

集会日時通知表 大正一三年 (渋沢子爵家所蔵)
一月廿四日 木 午前十時 日本銀行ヘ御出向
   ○出向ノ用件ハ深井日銀理事ヘ会計監督依頼ノ為ナラン。次掲鹿野ガ訪問依頼セル旨ノ白石宛書状ガ本二十四日付ナレドモ、栄一ハ予テ訪問ノコトヲ志シテ是日出向キタルモノニテ、鹿野ノ書状ハ適々同日ニ発送セラレタルナリ。(白石喜太郎談)


(鹿野直司)書翰 白石喜太郎宛(大正一三年)一月二四日(DK360194k-0002)
第36巻 p.535-536 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕(木村清四郎)書翰 渋沢栄一宛(大正一三年一月)二二日(DK360194k-0003)
第36巻 p.536 ページ画像

(木村清四郎)書翰 渋沢栄一宛(大正一三年一月)二二日
                     (渋沢子爵家所蔵)
謹啓、益々御清祥奉賀候、陳者国際聯盟協会々計監督担任の件ニ付き添田氏より御依嘱の次第も有之侯処、小子義従来公務以外の此種の事務ニは一切関与せさる事ニ致居候ニ付き、尊台の御統轄被遊候同協会の事務ニて、折角の御申付ニハ御座候得共、右の次第ニて添田副会頭へ先日御断申上置候間、此義何卒御諒察の上、不悪御海恕被下度奉願上候、今朝御電話被下候御用件も、若しや此事ニ関聯したる義ニも無之やと被存候まゝ、為念右事情拝陳御詫申上候 匆々頓首
  廿二日
                      木村清四郎
    渋沢子爵殿
       御侍史