デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
3節 国際団体及ビ親善事業
13款 社団法人国際聯盟協会
■綱文

第36巻 p.621-622(DK360219k) ページ画像

大正13年10月13日(1924年)

是日、イギリス国ロンドンニ開カレタル、国際聯盟協会聯合会理事会ニ於テ、栄一、同聯合会副議長ニ推薦セラル。


■資料

国際聯盟協会書類(一) 【謹啓、今朝御病臥中御伺申上長座仕り…】(DK360219k-0001)
第36巻 p.621 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(国際聯盟協会) 会務報告 第二五輯 自大正一三年九月一八日至同年一〇月二八日(DK360219k-0002)
第36巻 p.621 ページ画像

(国際聯盟協会) 会務報告  第二五輯 自大正一三年九月一八日至同年一〇月二八日
                     (渋沢子爵家所蔵)
(謄写版)
    一〇、聯合会関係
従来安達駐白大使が聯合会の副議長の一人たりしが、諸種の関係上、十月十三日倫敦に於ける聯合会理事会を機とし、副議長を辞任され、渋沢本会々長を推薦されたる処、満場一致可決し、尚ほ日本側より、支那協会の王寵恵氏を副議長に推薦したる処、之亦可決されたり、支那側ハ本協会の右の推薦に深き謝意を表し居れり。


社団法人国際聯盟協会会務報告 大正十三年四月より大正十四年三月に至る 同協会編 第二三―二四頁大正一四年四月刊(DK360219k-0003)
第36巻 p.621 ページ画像

社団法人国際聯盟協会会務報告  大正十三年四月より大正十四年三月に至る 同協会編
                    第二三―二四頁大正一四年四月刊
    一六、国際聯盟協会聯合会関係
 聯合会理事会 十月十三日より十五日まで、倫敦に於て開催、○中略尚ほ従来聯合会の副議長の一人であつた安達氏は、この理事会を機として辞任し、渋沢会長代つて就任した。但し聯合会関係の諸会議には渡欧中の本邦人をして、臨時代理として出席せしめることゝした。


(青木節一)書翰 渋沢栄一宛 大正一四年一月五日(DK360219k-0004)
第36巻 p.621-622 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。