デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
3節 国際団体及ビ親善事業
13款 社団法人国際聯盟協会
■綱文

第37巻 p.243-248(DK370055k) ページ画像

昭和3年12月27日(1928年)

是日栄一、当協会会長トシテ、当協会阿片委員会ノ議定ニ基キ「阿片及痲薬物取締に関する建議書」ヲ内閣総理大臣田中義一・外務大臣田中義一○兼任・内務大臣望月圭介及ビ司法大臣原嘉道ニ提出ス。


■資料

国際聯盟協会報告(二)(DK370055k-0001)
第37巻 p.243-245 ページ画像

国際聯盟協会報告(二)         (渋沢子爵家所蔵)
拝啓
当協会内に阿片委員会を組織し、阪谷副会長を委員長として、阿片及痲薬問題につき調査を続け居りたりし処、今般阿片の国内取締に関する決定を見たるに付去二十四日張伯苓氏歓迎懇談会に於て、出席の理事の同意を得、之を内閣総理大臣、外務・内務・司法各大臣へ会長名義に於て建議致置候に付、御承知置被下度、此段報告申上候 敬具
  昭和三年十二月二十七日
                      国際聯盟協会
    渋沢会長殿
(写)
    阿片及痲薬物取締に関する建議書
阿片が帝国にとり有する重要性に顧み、本協会は朝野専門家に嘱して阿片委員会を組織し、予てより阿片及痲薬の問題を諸方面より調査し其病弊の救治及阿片に関する一九二四年の協定、一九二五年の条約が効力発生の場合に於て執るべき措置につき、研究を続け来りたる処、今般阿片及痲薬類の国内取締に関し、別紙の措置に出づるの必要を議定仕候に付、此段及建議候 敬具
  昭和三年十二月廿七日
                国際聯盟協会会長
                    子爵 渋沢栄一
    総理 外務
    内務 司法 各大臣
(別紙)
    阿片及痲薬類の国内取締に関する国際聯盟協会決議
一、内地及新領土に於ける阿片及其他の痲薬類取締の為、阿片中央局又は委員会を設け内閣直属機関とすること。
 理由 我国には阿片及其他の痲薬濫用の弊比較的少なく、又台湾に
 - 第37巻 p.244 -ページ画像 
於ける阿片政策の如きは、世界の範たるに係らず、我国は痲薬に関する限り兎角列強の誤解を受くるは、之れが監督の統一機関なきに因る処尠からず、政府も玆に鑑み曩に阿片及其他の痲薬類に関係ある諸官庁間の連絡委員会なるものを設け、事務上の打合せをなし来れりと聞く。然れども阿片其他の痲薬原料の輸入を始め、生産薬品の輸出等に関する実際上の運用に至りては、未だ遺憾の点尠しとせず、従て外列強の疑惑を解くを得ず、内政党者流の利用する処となるの惧あり、是全く権威ある統一機関なきに因るものと信ず、故に前記連絡委員会組織の精神を徹底拡充し、内閣直属の阿片中央局、又は常設阿片中央委員会を設け、関係官庁の官吏及民間の学識経験あるものを、其職員又は委員に任命して、阿片其他痲薬類に関する一般的方針を立てしめ、同時に国際聯盟等に提出する報告等の審査に当らしめ、以て統一せる監督の実を挙ぐるの途に出ずべきこと最も緊要なり。現に北米合衆国の如きは、海牙阿片条約の実施に臨み阿片中央局を設け、専ら国内の痲薬取締を励行することゝなし居れり。又一九二五年の寿府阿片条約に基き、今回国際聯盟に於て新に阿片中央委員会は組織せらるゝを以て、此等と相照応して我国に於ても、国内の阿片及痲薬類の取締を統一する阿片中央機関を新設するは、機宜の方策なりと信ず。
二、刑法の改正に際し阿片煙に関する罪を、一般阿片及痲薬類に属する罪として規定せらるゝ様法制審議会に進言すること。
 理由 我帝国の刑法は夙に阿片煙に関する罪を規定して、阿片吸飲の害毒を未発に防ぎ、阿片法の制定によりて阿片は之を政府の専売とする等、夫々取締の方法を講じ居り、幸に国内に於ては阿片及痲薬類濫用の弊風を防止し得たるも、阿片の吸飲の弊害は阿片煙のみに限らざるに付、煙用以外の阿片濫用者に対しても之を処罰するにあらざれば、其目的を達し得らざるべし、而して痲薬類の濫用は、文化民族の一脅威にして、近年漸く其弊風の瀰蔓せんとするの実例を見るに至れり。我国に於ても今日に於て大に之に戒飭を加へざれば、臍を噛むの悔なしとせず、然るにモルヒネ、コカイン及其等の誘導体等の痲薬類に関しては、内務省令によりて之が取締をなすに過ぎず、而かも多くは対外的規定にして、且其の違反行為に対する罰等も、之を阿片に関する断罪に比するときは、甚だしく権衡を失するものあるやの感あり。
 生阿片及コカ薬を原料として製出せらるゝ諸種の痲薬の濫用は先づ欧米に始まり、支那・印度等に波及せり。殊に欧洲大戦後人心の廃頽は益々痲薬の濫用を甚しからしめ、近時北米に於ては其弊風青少年者にも及び、痲薬耽溺者の数実に百万余と称せらる。一九二七年度に於て米国政府が痲薬取締の為、支出せる費用は百十一万弗余の巨額に上れりと云ふ。蓋し痲薬濫用の如きは享楽主義の一表現に外ならず。近時我国に於ける思想は悪化し、青少年者の間に克己の念は益薄らぎ、徒らに欧米の悪弊を追ふの傾向は愈々甚しからんとす然るに一方には欧洲大戦中、医薬自給の為に興れる製薬業は発展して、痲薬類の生産額も亦激増し、其産額は国内の必需量を遥に超過
 - 第37巻 p.245 -ページ画像 
するに至れり。享楽主義の浸淫と痲薬類の汎濫とは、遂に無智の徒を駆りて痲薬の耽溺者たらしめずと誰か保証し得ん。且又モルヒネコカイン等の濫用によりて生ずる害毒は、遥に阿片の吸飲に勝るものあり。故に其弊の未だ起らざるに先ち、痲薬に関する罪を刑法中に明記し、以て国民に警告を与ふるは、時相に徴し最も緊要なりと信ず。
   ○本款昭和三年二月二十五日ノ条参照。



〔参考〕国際知識 第八巻第一一号・第一―四頁昭和三年一一月 阿片条約批准せらる(DK370055k-0002)
第37巻 p.245-248 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。