デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
3節 国際団体及ビ親善事業
21款 太平洋問題調査会
■綱文

第37巻 p.542-545(DK370118k) ページ画像

大正15年10月1日(1926年)

是日、当調査会第四回理事会、丸ノ内東京銀行倶楽部ニ開カレ、栄一出席ス。


■資料

集会日時通知表 大正一五年(DK370118k-0001)
第37巻 p.542 ページ画像

集会日時通知表  大正一五年     (渋沢子爵家所蔵)
九月廿三日 木 午前十一時 井上準之助氏来約(永楽町事務所)
十月一日  金 正午    太平洋問題研究会(銀行クラブ)


(増田明六)日誌 大正一五年(DK370118k-0002)
第37巻 p.542 ページ画像

(増田明六)日誌  大正一五年      (増田正純氏所蔵)
大正十五年十月一日 小雨 金           出勤
正午、銀行倶楽部ニ於ける太平洋問題研究会理事会ニ出席
 問題ハ主として、明年ホノルヽニ開催せらるゝ太平洋諸国問題協議会ニ関する件なり
出席者、渋沢子・阪谷男・井上準之助(理事長坐長)・石井徹・鶴見祐輔・高木八尺・斎藤惣一の諸氏と小生なり
会後、午食を共ニす、此席ニ恰も来邦中のホーンベツク博士も列席す食後博士の講話ありしも、小生ハ事務多忙の為め退席す


太平洋問題調査会書類(一)(DK370118k-0003)
第37巻 p.542-543 ページ画像

太平洋問題調査会書類(一)       (渋沢子爵家所蔵)
 - 第37巻 p.543 -ページ画像 
拝啓
時下秋冷の候に相成申候処、益々御清栄の段奉慶賀候
陳者来る十月一日(金曜日)正午より午後二時迄、丸ノ内銀行集会所に於て太平洋問題調査会第四回理事会相開き申候に就ては、御出席の御快諾を得深謝仕候、当日は今秋初回の集会に有之、種々重要なる事項に付、御協議相煩し度存居候事とて、御臨席の御承諾を拝承し欣喜罷在候 草々敬具
  大正十五年九月廿三日    太平洋問題調査会
                  理事長 井上準之助
    子爵渋沢栄一殿
          御侍史


太平洋問題調査会書類(一)(DK370118k-0004)
第37巻 p.543-544 ページ画像

太平洋問題調査会書類(一)       (渋沢子爵家所蔵)
 (以下七行別筆)
 当日出席者、渋沢子爵・井上準之助・阪谷男爵・斎藤惣一・鶴見祐輔・石井徹・増田明六諸氏ナリ、議事ハ大シタルコトナシ、只来年ノ会ノ議題ニ付、井上氏ヨリ移民問題ニ付、何時迄モ彼是云フハ面白カラザルニ付、今回ハ表面移民問題ヲ提出セザル方ニシテハト云ハレ、之ニ対シ鶴見氏ハ本邦ノ輿論ヨリ見テモ、之ヲ論ズル方適当ナルベシトノ意見ヲ開陳シ、渋沢子爵モ亦是非議題トシタキ旨、希望セラレタル由ナリ
    太平洋問題調査会第四回理事会順序
        時 大正十五年十月一日(金曜日)正午ヨリ午后二時迄
        所 丸ノ内銀行集会所
一、前回記録朗読
二、報告
  (一)七月八日夕、星ケ岡茶寮ニ於テ、ハワイ前総領事青木新氏夫妻ヲ歓迎シ、渡欧ノ斎藤常務理事送別ヲ兼ネ、晩餐会ヲ開ク、出席者主客併セテ十八名
  (二)七月十七日、本会事務担当者ハ、銀行倶楽部ニ井上理事長ヲ訪問シ、本会ノ活動状況ヲ報告シ、併セテ爾後ノ処置ニ関シ、指令ヲ仰ケリ
  (三)前回ノ決議ニヨリ、サキニ新聞紙ニ報道サレシ、カナダニ於ケル排日問題ニツキ問合セタルニ、八月十六日附ヲ以テ、ネルソン氏ヨリ回答ニ接セリ(別紙○略ス参照)
  (四)ニユージーランドヨリコンドリフ教授著「史上ニ於ケル第三地中海」七十五冊ヲ受領
  (五)井上理事長ノ命ニヨリ、本会事務担当者ハ「太平洋ニ於ケルケーブルサービス」ノ研究ニ従事ス
  (六)本会発行「太平洋の諸問題」ニ関スル報告・配本・販売
三、協議事項
  (一)今回東京ニ於テ開催セラルヽ、第三回汎太平洋学術会議代表者中本会ニ関係アルウイルバー博士、其ノ他ニ対シ、歓迎会ヲ開クノ件
 - 第37巻 p.544 -ページ画像 
  (二)本会ノ内容ヲ簡単ニ説明スル「パンフレツト」出版ノ件
  (三)明年度大会ニ提出スベキ議題及研究科目決定ノ件
  (四)右ニ出席スベキ代表者選定ノ件
  (五)新会員募集ノ件
  (六)明年度大会期日決定ノ件
  (七)本会々計ノ件
    大会出席旅費、研究費、現在残金有高
                    一九二六、九、三〇


(太平洋問題調査会) 理事会評議員会書類綴(DK370118k-0005)
第37巻 p.544-545 ページ画像

(太平洋問題調査会) 理事会評議員会書類綴
                  (太平洋問題調査会所蔵)
    太平洋問題調査会第四回理事会
        時 大正十五年十月一日(金曜日)正午ヨリ三時迄
        所 丸ノ内銀行集会所
出席者(ABC順)
評議員会長  子爵渋沢栄一氏
理事長      井上準之助氏
    石井徹氏    増田明六氏
  男爵阪谷芳郎氏   沢柳政太郎氏
    斎藤惣一氏   高木八尺氏
    鶴見祐輔氏 幹事武田胤雄氏
                  以上十名
前回ノ記録朗読ヲ省略シ、直チニ協議ニ入ル
一、明年度大会ニ提出スベキ議題及研究科目
  イ、人口及食糧問題ノ研究(井上理事長提出)
  ロ、米国移民法ニ対シ、国際信義ノ上ヨリスル研究討議(鶴見氏提案)
  ハ、太平洋ニ於ケルケーブルト無電
  ニ、汎アジヤ主義ノ研究
  ホ、比律賓問題
  ヘ、精神生活ノ問題
二、今回東京ニ於テ開催セラルヽ、第三回汎太平洋学術会議中、本会ニ関係アルウイルバー博士其ノ他ニ対シ、十一月上旬歓迎会ヲ開クコト
三、明年度大会開会期ニ関シ、ハワイ中央委員会ヨリノ問合セニ就テハ、七月十五日トシテ差支ナキ旨、返答スルニ決ス
四、朝鮮人中ヨリ会員及役員ヲ選任スルコト
五、前回ニ於テ未了ノ儘トナレル会員募集ニ関シテハ、更ニ理事及評議員ノ推薦ニ基キ、決定スルコト
六、明年度大会ニ出席スヘキ代表者ヲ、幹部各員ニ於テ詮衡、理事会ニ提出スルコトニ決ス
猶、大方針トシテハ、日本ハ次期ノ会議ヲシテ一層学術的討究的ナラシメ、時事問題ヨリモ実質的研究ニ努力スルノ態度ヲ持スルコトニ一致ス。
 - 第37巻 p.545 -ページ画像 
昨年ハワイ会議ニ、米国代表トシテ出席シタルホーンベツク博士、幸ニ滞京中ナリシヲ以テ、同氏ヲ招待シテ中餐ヲ共ニス。
                    午后三時半散会