デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
4節 国際記念事業
4款 グラント将軍植樹記念碑建設
■綱文

第38巻 p.446(DK380046k) ページ画像

昭和3年1月27日(1928年)

是日、世古孝之助・小松緑、小畑久五郎ト共ニ、飛鳥山邸ニ栄一ヲ来訪、上野公園内グラント将軍並ニ同夫人ノ植樹ノ傍ニ、記念碑建設ノ件ヲ勧誘ス。栄一、益田孝ニ意ヲ通ズ。


■資料

渋沢栄一 日記 昭和三年(DK380046k-0001)
第38巻 p.446 ページ画像

渋沢栄一日記 昭和三年            (渋沢子爵家所蔵)
一月二十七日 曇寒
午前八時起床 ○中略 小松緑・小畑久五郎・世古孝之助三氏来リテ現ニ上野公園内ニ存在、先年米国前大棟梁グランド氏夫妻来朝ノ時、上野公園内ニ植樹ノ事アリシヲ、此際建碑シテ将来ニ記念セントノ意見ヲ述ヘラル、依テ小松氏ニ其記念碑建設ノ手続及碑文ノ原案等作成ノ事ヲ協議ス ○下略
  ○中略
二月十八日 晴 寒気強シ
○上略 午後一時東京市庁ニ抵リ、市来市長ニ会見シテ、上野公園ニ現在セル、グランド将軍夫妻ノ植樹記念ノ事ニ付談話ス、市長モ余ノ案ニ同意ニテ、直ニ公園掛ニ命シテ調査セシム ○下略


集会日時通知表 昭和三年(DK380046k-0002)
第38巻 p.446 ページ画像

集会日時通知表 昭和三年           (渋沢子爵家所蔵)
一月廿七日 金 午前九時半 小松緑・世古○孝之助両氏来約(飛鳥山邸)
  ○中略。
二月廿八日 火 午後一時半 小松緑・矢田茂氏来約(事務所)


(益田孝)書翰 渋沢栄一宛 昭和三年二月二日(DK380046k-0003)
第38巻 p.446 ページ画像

(益田孝)書翰 渋沢栄一宛 昭和三年二月二日 (渋沢子爵家所蔵)
                   (別筆)
                   昭和三年二月二日
恭啓、野崎氏ヘ御伝言之趣承り候、グランド将軍手植之樹其まゝ置きては、将来知るものもなくなる故小碑を御建可被成御案ハ、至極御名案と賛成仕候、当時歓迎会ハ三井銀行楼上にて挙行せし縁故も有之、三井八郎右衛門も此挙ニ御加ハヘ被下而ハ如何、夫々当時共々心配せし大倉・浅野両君抔も如何、従元加盟好まざれバ強て依頼するには不及候ヘ共、御高見次第大倉氏ヘハ此地ニ於而相談可仕候
只文章ニ至つては恐入候共、尊手を御下し被成下度候、貴命ニ対し不取敢御受申上候、時下厳寒御自愛奉祈候 謹具
  昭和三年二月二日
                         孝拝
    渋沢老子爵閣下