デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
4節 国際記念事業
5款 其他 4. ERIC KNIGHT JORDAN RESEARCH FELLOWSHIPS IN GEOLOGY
■綱文

第38巻 p.527-534(DK380053k) ページ画像

大正15年10月6日(1926年)

是ヨリ先、アメリカ合衆国スタンフォード大学名誉総長デーヴィッド・エス・ジョルダンノ息、エリック死去ス。六月一日、栄一ハジョルダンニ供花料金五十ドルヲ贈ル。ジョルダン、之ヲ Eric Knight Jordan Reseach Fellowships in Geologyニ寄付セリ。仍ツテ是日栄一、右ニ対シ更ニ金二百ドルヲ寄付ス。


■資料

渋沢栄一書翰 控 デーヴィッド・エス・ジョルダン宛 大正一五年六月一日(DK380053k-0001)
第38巻 p.527 ページ画像

渋沢栄一書翰 控 デーヴィッド・エス・ジョルダン宛 大正一五年六月一日
                    (渋沢子爵家所蔵)
                  (栄一鉛筆)
                  十五年六月一日一覧
    案
 加州スタンフォード大学
  デヴヰツド・スター・ジョルダン博士殿
                   東京 渋沢栄一
拝啓、然ハ令息ナイト氏去る三月十日自動車事故の為め遂ニ逝去せられたる由を承知致し、驚愕措く所を知らざる次第にて真に痛惜之至りに候、尊台並令夫人之御愁傷ハ如何許り哉と深く御同情申上候、就てハ右御同情の意を表度、桑港の滝本為三氏を経て小生の微衷を貴台に呈し、尚御墓前に花輪を供ふる様致候間、此儀御了承被下度願上候
尚故牛島氏に関して御認め被下候御感想ハ之を翻訳せしめ、去る五月十二日追悼会の際同氏の略歴と共に印刷に付し、参列者に配布致し候に付一言相添へ申添候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十五年六月一日付ニテ発送セラレタリ。


(デーヴィッド・エス・ジョルダン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二六年六月一八日(DK380053k-0002)
第38巻 p.527-528 ページ画像

(デーヴィッド・エス・ジョルダン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二六年六月一八日
                     (渋沢子爵家所蔵)
DAVID STARR JORDAN
  STANFORD UNIVERSITY P. O.
      CALIFORNIA
                   June 18, 1926
Viscount Shibusawa,
  Tokyo, Japan
My dear Viscount:
  I thank you for your very kind words. It is comparatively easy to enjoy beautiful memories, but Eric was the most hopeful student I have had for forty years and we have lost a great hope for ourselves and for humanity for he was in splendid health and unblemished character.
  I was very fond of George Shima who was one of the ablest and best business men of our state.
              Very truly yours,
             (Signed) David Starr Jardan
 - 第38巻 p.528 -ページ画像 
DSF:T
(右訳文)
                 (栄一墨書)
                 十五年七月二十日一覧
 東京市                 (七月七日入手)
  渋沢子爵閣下
      スタンフオード大学、一九二六年六月十八日
            デヴヰツド・スター・ジヨルダン
拝啓、倅エリツクの死亡に関しては御親切なる御弔辞を忝ふし難有奉深謝候、死後の思出は比較的容易に之れを忍び得るも、エリツクは小生が四十年間教育せし学生中最も優秀なるものにして、私共自身の為めに又は人類の為めに大に嘱望せし学生を失ひし心地致候、同人は強き健康と清浄なる人格とを有ち居りしが為め、一層此感を深ふする次第に有之候
小生はジヨージ・シマ(牛島謹爾)を好み候、同氏は加州に於ける最も有力にして、且つ立派なる実業家に候き 敬具


(デヴィッド・エス・ジョルダン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二六年七月二日(DK380053k-0003)
第38巻 p.528-531 ページ画像

(デヴィッド・エス・ジョルダン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二六年七月二日
                   (渋沢子爵家所蔵)
DAVID STARR JORDAN
   STANFORD UNIVERSITY P. O.
    CALIFORNIA
                    July 2, 1926
My dear Viscount:
  Mr. Tamezo Takimoto, President of the local Japanese Association, has just made me a visit, and left with me a check from you for fifty dollars, to purchase flower for the grave of our gifted and beloved son, Eric.
  We of the University have followed the practice of cremation and the ashes of Eric are still in the urn. Mrs. Jordan thinks of placing it in a high mountain of the Sierra Nevada, lately named Mount Jordan and which was a favorite peak to him in his geological rambles away the great mountains.
  For that reasen a friend suggested that instead of flowers, you so kindly offered, that the sum be added to the principal of the Eric Knight Jordan Fellowships, of which Dr. James Perrin Smith, Eric's favorite teacher, whose assistant and successor Eric was to be in 1927, is just to-day issuing a descriptive circular.
  I trust that this arrangement will be agreeable to you. In all my fifty years of teaching―have never known a student so gifted in geological study and none of greater promise in character and behavior.
  I am
            With greatest respect,
            (Signed) David Starr Jordan
 - 第38巻 p.529 -ページ画像 
  To you and to Madame Shibusawa, Mrs. Jordan joins me in kindest regards.
(欄外・別筆)
 [滝本為三氏ハ在米日本人会書記長
(右訳文)
          (栄一鉛筆)
          花輪ノ料金トシテ送リシ五拾弗ヲ奨学資金トスル由ナルニ付テハ幾分増額ノ必要ナキヤ増田氏抔ト審議有之度事十五年八月四日伊香保客舎ニテ一覧
 東京市               (七月廿三日入手)
  渋沢子爵閣下
         スタンフオード大学、一九二六年七月二日
              デヴヰツド・スター・ジヨルダン
拝啓、益御清適奉賀候、然ば在米日本人会書記長滝本為三氏来訪相成り、曩に偉才を抱いて逝ける愛児エリクの墓前に花輪を供へよとて、閣下より賜はりし金五十弗の小切手を拝受仕候
スタンフオド大学に関係ある私共は遺骸を荼毘に附するの習慣に有之候を以て、伜の遺骨は只今骨壷に収め置き候、妻は故人が生前好んで地質学の探求を試みたるシエラ・ネヴアダの高峰にて、最近ジヨルダン山の名称を附与せられたる土地に埋葬しては如何など申居候
右の理由により御親切なる御申越に与りたる花輪の代りに、此金をエリク・ナイト・ジヨルダン奨学金の内に加へん事を一友人より奨められ候、此奨学金の件に関しては、エリクの恩師にして、来年を待ちて故人がその助手兼後継者となるべき筈なりしジエームス・パーリン・スミス博士より本日説明書を公にする事と相成居候
閣下に於かれても定而此処置には御賛成可相成と存候、小生五十年間の教職在任中、地質学の天才として故人の如きは其の比を見ざると共に、人格・行状に於ても同人の如き将来に多くの望みを嘱せられし人物を見たる事無之候 敬具
 小生は妻と共に閣下並に令夫人に対し、謹んで敬意を奉表候
(同封説明書)
     CONCERNING THE ERIC KNIGHT JORDAN
       FELLOWSHIPS IN GEOLOGY
  Dr. and Mrs. David Starr Jordan have lately established a fund for research fellowships to be known as the Eric Knight Jordan Research Fellowships in Geology. To the sum of $5,000 already turned over to Stanford University, the founders expect to add later, and they cherish the hope that friends of their son as well as of themselves may in time make further contributions.
  With this gift, two stipulations only are made:
  First: that the name of Eric Knight Jordan shall be perpetuated in the foundation, it being believed that he gave promise of becoming a rare worker in geology, his chosen subject;
 - 第38巻 p.530 -ページ画像 
  Second: that the principal sum be forever kept inviolate, only its earnings to be used for any purpose whatsoever.
  In accepting the original gift on behalf of the University, President Wilbur made the following comment:
  "As years go on Eric Jordan's name will be a source of inspiration to many workers in his own field of geology, in which he had already achieved signal successes, although a young man, and in which he gave promise of a brilliant future. The conditions of the gift are, I think, the wisest I have yet seen in any scholarship or fellowship foundation because they permit sufficient elasticity to meet changing conditions."
  Knowing that among Stanford men and women there are some who will be glad to join with Dr. and Mrs. Jordan in the purpose specified, we would call attention to this foundation for geological research in memory of a son of Stanford's first president.
           JAMES PERRIN SMITH
           ROBERT VAN VLECK ANDERSON
           LEO GEORGE HERTLEIN
STANFORD UNIVERSITY
  July 1, 1926
(右訳文)
    エリツク・ナイト・ジヨルダン地質学奨学金に就て
デブヰツド・スター・ジヨルダン博士夫妻は、最近エリク・ナイト・ジヨルダン地質学研究奨学金なるものを設け、已に金五千弗をスタンフオード大学に交附せられ、今後尚ほ追加ある見込みなり、今後博士の友人及その子息の友人の寄附を希望す。
此奨学金の寄附に関する附帯条項二あり。
第一、此奨学金にはエリツク・ナイト・ジヨルダンの名を附し永久に伝ふること。本人は其撰択せる地質学に於て稀に見る研究者たるべき望を嘱せられたるが為めなり。
第二、基本金は永久に動きなきものとし、其れによりて得る利息を以て諸種の目的に使用する事。
ウヰルバー学長は此奨学金を大学に受入るゝに際し左の如く述べたり
 「年を経るに従ひエリク・ジヨルダンの名は地質学の多くの研究者に多大の感動を与ふべし。氏は若年なりしにも不拘已に多くの成功を遂げ、将来望みを嘱されし人なるが故なり」
スタンフオードの男女の学生中には、ジヨルダン博士夫妻の有する前記目的に対して喜んで賛助を与ふべきを信じ、我大学最初の総長の令息を記念すべき地質学研究奨学金に対して、大方の注意を喚起する次第なり。
  スタンフオード大学、一九二六年七月一日
           ジエームス・パーリン・スミス
           ロバート・ヴアン・ヴレク・アンダスン
 - 第38巻 p.531 -ページ画像 
           レオ・ジヨージ・ハートライン


(滝本為三) 書翰 増田明六宛 大正一五年七月六日(DK380053k-0004)
第38巻 p.531 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(リチャードソン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二六年八月一七日(DK380053k-0005)
第38巻 p.531-532 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一書翰控 デーヴイツド・エス・ジヨルダン宛 大正一五年一〇月六日(DK380053k-0006)
第38巻 p.532 ページ画像

渋沢栄一書翰控 デーヴイツド・エス・ジヨルダン宛 大正一五年一〇月六日
                     (渋沢子爵家所蔵)
     案                   明六
 加州スタンフオド大学
  デイ・エス・ジヨルダン博士殿
    大正十五年 月 日     東京市 渋沢栄一
拝啓、益御清適奉賀候、扨先般令息御逝去の際御同情の意を表し度、桑港日本人会書記長滝本為三氏を経て、花輪を御墓前に捧け度金五十弗送附致候処、同人は貴台の御意思を受け今般令息記念の為め設置せられたる、エリツクス・ジヨルダン地質学研究財団の資金中へ之を寄附したる由詳細の申越有之、小生は彼の小額の金員が如此有益の資金中に編入せられたるを深く悦居候次第に御座候
小生は、地質学研究の為に短かき世涯を献けられたる令息を記念する為に、斯る財団の設けられたるは、学者を尊重し又後進を誘掖する上に於て最も当を得たるものと衷心より敬服致候、就ては乍些少金弐百弗を追加寄附致度、別紙手形を以て送附致候間、御手数乍ら貴台より当局者へ御廻附被成下候はゞ本懐不過之候 匆々敬具
  ○右英文書翰ハ大正十五年十月六日付ニテ発送セラレタリ。
  ○ジョルダン博士ハ大正十一年我国ニ渡来セリ。本資料第三十九巻所収「其他ノ外国人接待」大正十一年十月十二日ノ条参照。


(デーヴィッド・エス・ジョルダン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二六年一〇月二九日(DK380053k-0007)
第38巻 p.532-534 ページ画像

(デーヴィッド・エス・ジョルダン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二六年一〇月二九日
                       (渋沢子爵家所蔵)
DAVID STARR JORDAN
   STANFORD UNIVERSITY P.O.
     CALIFORNIA
                 October 29, 1926
 - 第38巻 p.533 -ページ画像 
My dear Viscount:
  Let me assure you that Mrs. Jordan and myself appreciate most highly your kind thoughtfulness in relation to the Eric Jordan Fellowships.
  Nothing could have hit us so hard as his untimely and purely accidental death, due to failure in the steering gear of an automobile in which he had driven 2500 miles to the center of Lower California and back―returning to be married to a delightful classmate, who is still studying to be a portrait painter.
  Eric was the best student in his line I have ever had, with a distinct genius in the study of rocks and fossils, a splendid physique, and a moral character above reproach. In science, he was familiar along than I was at his age, and in much the same lines, and just before his death at 22, he was graduated as "Master of Arts, with great Distinction."
  Mrs. Jordan is well and sends her kindest regards.
  President Wilbur, my successor, is now in Japan. He will certainly present himself to you, and I am sure that you will find him always a good friend to Japan ― which is a friend of fair play.
          I am
             Very sincerely yours,
             (Signed) David Starr Jordan
Viscount
Eiichi Shibusawa ―
(右訳文)
          (栄一鉛筆)
          エリツク氏之経歴並奨学資金等之事詳細ニ報告有之度候事 昭和二年一月五日一覧
 東京市               (十一月二十日入手)
  渋沢子爵閣下
        スタンフオード大学、一九二六年十月廿九日
              デヴヰツト・スター・ジヨルダン
拝啓、益々御多祥奉大賀候、然ばエリツク・ジヨルダン奨学資金に対し、御親切にも追加御寄附金を賜はり候段、御厚志誠に難有、私共夫妻より謹んで御礼申上候、同人が全く不慮の死に遭ひたるは私共に取り無上の恨事に有之候、実は同人は下加州の中央二千五百哩の地点迄自動車を馳り帰途に就き候処、自動車の舵機に故障を生じたる為めに遂に一命を失ふに至りしものにして、帰着の上は快話する級友の婦人と結婚する事に相成り居候、此婦人は肖像画家たらんとして依然研究を続け居候
エリツクは其従事したりし学科に於ては最も優秀なる成績を挙げ、岩石及化石の研究上特異の才能を抱き、体躯偉大にして清き品性を有する学生に候き、学問上に就ては同人の年歯に於て小生が有せし学力よ
 - 第38巻 p.534 -ページ画像 
りも遥に勝り、且つ小生と殆ど同一の経路を辿りし次第に有之候、而して同人は死亡前二十二歳にて已に成績優秀なる「マスター・オヴ・アーツ」として卒業致候
荊妻も亦頗る健全にして閣下に対し敬意を表し候
小生の後任者ウヰルバー総長は、只今日本に滞在中に候、同氏は必ず閣下に敬意を表候事と存候、同氏は常に日本の善良なる友人、換言すれば正義の友たる事を御了解被下候事と存候、右得貴意度如此御座候
                            敬具
  ○欄外別筆ニテ左ノ記入アリ、小畑久五郎ノ筆ナリ。
    七日飛鳥山邸へ出頭詳細を申上けて御了解を得たり。
  ○Dr. Wilbur ノ来訪ニツイテハ、本資料第三十四巻所収「日米関係委員会」大正十五年十一月三日、第三十七巻所収「太平洋問題調査会」大正十五年十一月五日ノ各条参照。


(リチヤードソン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二六年一二月三日(DK380053k-0008)
第38巻 p.534 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。