デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
4節 国際記念事業
5款 其他 5. ジャッジ・バーク銅像建設
■綱文

第38巻 p.534-542(DK380054k) ページ画像

昭和元年12月28日(1926年)


 - 第38巻 p.535 -ページ画像 

アメリカ合衆国人ジャッジ・ティー・バーク、平和主義者トシテ名アリ。大正十四年十二月四日、ニュー・ヨークニ於テ演説中急逝ス。栄一、ジェームズ・ディー・ローマンニ対シ弔電ヲ送ル。後、シアトルニバーク記念委員会設立セラレ、委員長ローマンハ、シアトル駐箚日本領事川村博ヲ経テ、其銅像建設資金ノ寄付方ヲ希望ス。仍ツテ栄一、日米関係委員会ノ手ニヨリ寄付金九千七百余円ヲ得、是日、之ヲ外務省ニ交付シシアトルヘ転送ヲ依頼ス。


■資料

渋沢栄一電報控 ジェームズ・ディー・ローマン宛 大正一四年一二月九日(DK380054k-0001)
第38巻 p.535 ページ画像

渋沢栄一電報控 ジェームズ・ディー・ローマン宛 大正一四年一二月九日
                      (渋沢子爵家所蔵)
    電報
 シヤトル
  ジエー・デイ・ローマン殿
                       渋沢
ジヤツジ・バーク逝去の由新聞にて承知し、哀悼に堪へず、此旨御遺族に御伝達請ふ
  大正十四年十二月九日


(ジェームズ・ディー・ローマン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二五年一二月七日(DK380054k-0002)
第38巻 p.535-536 ページ画像

(ジェームズ・ディー・ローマン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二五年一二月七日
                      (渋沢子爵家所蔵)
J. D. LOWMAN
          SEATTLE, WASHINGTON,
       LOWMAN BUILDING, FIRST AVENUE AND CHERRY STREET
                   December 7, 1925
Viscount Shibusawa,
  2 Kabutocho Nihonbashi,
  Tokyo, Japan.
My dear Viscount:
  As you no doubt know before this, Judge Burke died in New York Friday December fourth while attempting to deliver a speech at a luncheon given for the purpose of urging our Government to join the National Peace Court.
  He died while in the midst of a sentence pleading for justice and courtesy toward the Japanese nation, a position which he has pleaded for on all occasions for many years, and it was a very fitting, wonderful climax to his life to die while doing this among a lot of his most intimate friends and important people of this country.
  Not only we, but the whole world has lost a friend who supported peace and fair dealing and I know that your people of Japan feel it as much as his friends here do.
 - 第38巻 p.536 -ページ画像 
  Mr. Ohashi, the previous Consul General here, now residing at Los Angeles, will be here representing your country, as an honorary pall bearer at the funeral on Friday December eleventh.
  Hoping that your health is good, and with my kindest regards, I am,
                     Very sincerely yours,
                      (Signed) J. D. Lowman
JDL:rd
(右訳文)
          (栄一墨書)
          十五年一月四日一覧
          成ルベク最近ノ日ヲ以テ丁寧ナル回答発送致度事、而シテ其回答ニハ東洋ニ古来言ヘ伝シラレタル斃而後止といふ格言ノ実行者ト賛辞ヲ呈スル旨認メ申度候事
 東京市               (十二月廿五日入手)
  子爵 渋沢栄一閣下    沙市、一九二五年十二月七日
                 ジエー・デイー・ローマン
拝啓、既に御承知の事とは存候得共、ジヤツジ・バークは十二月四日紐育市に於て国際平和裁判所に我政府を加入せしむべき事を主張するの目的を以て催されたる、午餐会の席上に於て演説中死去相成候
氏は多年凡有機会に臨み、常に主張したりし対日的正義と礼譲とを説きつゝありし真最中に斃れしものにて、此演説中に多数の親友と我国に於ける重要人物とに囲まれて死したりしは、同氏の生涯に於て最も適当且つ不可思議の臨終と存ぜられ候
吾等のみならず全世界は、平和と公正とを主張したりし友人を失いたるものにて、日本の友人諸氏も当地の友人と御同感と存ぜられ候
当地駐在の前総領事大橋氏は、目下ロサンゼルス市に在住せられ候処同氏は日本を代表し来る十二月十一日執行さるべき葬儀に、名誉棺側として参列せらるゝ由に有之候
閣下の御健康を祈り、猶ほ謹んで敬意を奉表候 敬具
  ○Ohashiハ大橋忠一。


渋沢栄一書翰控 ジェームズ・ディー・ローマン宛 大正一五年一月一二日(DK380054k-0003)
第38巻 p.536-537 ページ画像

渋沢栄一書翰控 ジェームズ・ディー・ローマン宛 大正一五年一月一二日
                    (渋沢子爵家所蔵)
                  (栄一鉛筆)
                  十五年一月八日一覧
    案
 ワシントン州シヤトル市
  ジエー・デイー・ローマン殿
                   東京 渋沢栄一
拝復、益御清適奉賀候、然ば去月七日付御芳墨正に落手拝誦仕候、御来示のジヤツジ・バーク氏逝去の件は、当時新聞紙上紐育電報にて承知致、驚愕之余早速十二月九日貴台に対し「ジヤツジ・バーク氏逝去
 - 第38巻 p.537 -ページ画像 
の由新聞にて承知し哀悼に堪へす、此旨御遺族に対し御伝達を請ふ」と電報致置候間、可然御取計被下候義と拝察仕候、ジヤツジ・バーク氏は殊に正義人道の観念に富み、強者の横暴を制し弱者を擁護し、終始一貫嘗て愉ることなく、其高風欣慕に堪へず、老生の常に敬意を表したる一人に有之候、逝去の際の如き実に斃而止むといふ東洋の格言を徹底的に実行せられしものと称すべく、我政府が故人在世中御地に駐在せし、現ロスアンゼルス駐在の大橋総領事を、任地より特に派遣して其葬儀に列せしめたるは当然の義にして、老生の満足する所に有之候、老生は御遺族中に存上候方も無之候間、直接弔意相表し兼候に付甚た恐縮ながら貴台より重ねて老生の衷情御伝達被下度懇願仕候
右御回答旁々得貴意度如此御座候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十五年一月十二日付ニテ発送セラレタリ。


外務省関係書類(三)(DK380054k-0004)
第38巻 p.537-539 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

外務省関係書類(三)(DK380054k-0005)
第38巻 p.539 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

雑綴 (日米関係委員会)(一)(DK380054k-0006)
第38巻 p.539-540 ページ画像

雑綴 (日米関係委員会)(一)         (渋沢子爵家所蔵)
 大正十五年十一月十五日         横浜正金銀行
                           (時枝)
                      頭取席庶務課(印)
   日米関係委員会
     子爵 渋沢栄一殿
拝啓
ヂヤツヂ・バーク氏銅像建設寄附ニ関スル十一日付一宮鈴太郎氏宛御書面拝接致候ニ付テハ、別紙金壱千五百円ノ小切手御届致候ニ付、御取纏メ御送金被下候様願上候
 - 第38巻 p.540 -ページ画像 
 追テ寄附者名義ハ横浜正金銀行(東京支店ニハ無之)トシテ御取扱下度候    以上
庶各第一、一四〇号
                      日本郵船株式会社
  日米関係委員会御中
    大正十五年十一月十八日
拝啓、予而御照会有之候故ヂヤツチ・トウマス・バーク氏銅像建設費中へ寄附ノ儀、当社ヨリ金壱千五百円也醵出可致、右金額封中小切手ヲ以テ御届申上候間御査収ノ上、受領書御回附被成下度、右得貴意候
                           敬具


雑綴 (日米関係委員会)(一)(DK380054k-0007)
第38巻 p.540 ページ画像

雑綴 (日米関係委員会)(一)          (渋沢子爵家所蔵)
拝啓、愈御清祥奉賀候、陳者シヤトル市に於ける親日家ヂヤツヂ・バーク氏記念銅像建設費中へ寄附之件に関し、再三之御書面拝誦仕候、尚ほ頃日出淵外務次官より各社割当額に関する書翰写相添へ、取纏方御依頼相蒙り候処、右割当は相当額と被存候に就而ハ従来御尽力之関係も有之旁取纏方に付ても乍此上御配慮被下候様願度、此段得貴意候
                           敬具
  十一月十八日 ○大正十五年      白仁武
                     一宮鈴太郎
  日米関係委員会
    子爵 渋沢栄一殿


日米関係委員会緊要書類(DK380054k-0008)
第38巻 p.540 ページ画像

日米関係委員会緊要書類              (渋沢子爵家所蔵)
    仮受取証
一金九千七百弐拾五円四拾壱銭也
右ジヤツヂ・バーグ銅像建設寄附金トシテ、シヤトル川村領事へ送金ノ為正ニ受取申候也
   昭和元年十二月廿八日    通商局第三課
                    石射猪太郎(印)
  日米関係委員会幹事
    小畑久五郎殿


外務省関係書類(三)(DK380054k-0009)
第38巻 p.540 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日米関係委員会緊要書類(DK380054k-0010)
第38巻 p.541 ページ画像

日米関係委員会緊要書類            (渋沢子爵家所蔵)
(控)
拝啓 益御清適奉賀候、然ば過般米国沙市故ジヤツヂ・バーク氏銅像建設に付、御寄附金の義得貴意候処、御賛同被下難有奉謝候、右御寄附金は旧臘本会に於て取纏の上、外務省を経て先方へ送付致置候処、今回同建像委員長ローマン氏より各位に対する謝状、外務省を経て本会へ送り越候に付、御廻送申上候間御落手被下度、先は得芳意度如此御座候 敬具
  昭和二年五月廿日       日米関係委員会
                  常務委員 渋沢栄一
    (別筆)
    各寄附会社宛


日米関係委員会緊要書類(DK380054k-0011)
第38巻 p.541 ページ画像

日米関係委員会緊要書類            (渋沢子爵家所蔵)
    覚
故ジヤツヂ・バーク氏紀念銅像建設寄附金割宛額

  金額      会社      受領日附  受領取扱者
 壱千円也   大阪商船株式会社 十二月十五日 小畑久五郎
 七百円也   鈴木商店(東京) 十二月十四日 小畑久五郎
 五百円也   鈴木商店(神戸) 十二月一日  小畑久五郎
 壱千五百円也 横浜正金銀行東支 十一月十八日 小畑久五郎
 壱千円也   住友合資会社   十一月廿九日 白石喜太郎
 壱千五百円也 日本郵船株式会社 十一月十八日 小畑久五郎
 五百円也   浅野物産株式会社 十二月十三日 小畑久五郎
 五百円也   山下汽船株式会社 十二月六日  小畑久五郎
 五百円也   辰馬汽船株式会社
 壱千円也   三菱商事株式会社 十二月二日  小畑久五郎
 五百円也   太洋海運株式会社 十二月十日  小畑久五郎
 壱千円也   三井物産会社   十一月廿七日 小畑久五郎

        本証は三井合名の阪井徳太郎宛願ひ度しとの事


(ジェームズ・ディー・ローマン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二七年二月二日(DK380054k-0012)
第38巻 p.541-542 ページ画像

(ジェームズ・ディー・ローマン) 書翰 渋沢栄一宛 一九二七年二月二日
                    (渋沢子爵家所蔵)
    THOMAS BURKE MEMORIAL COMMITTEE
     215 Columbia Street,Seattle,Washington
               Seattle,February 2,1927
Viscount Eiichi Shibusawa
American-Japanese Relations Committee
Dear Viscount Shibusawa :
  The Japanese consul, Mr. Kawamura, has turned in to the Judge Thomas Burke Memorial Committee the funds sent over by your committee and augmented it by $200.00 from the consulate, and this, together with what our Japanese friends here have subscribed, amounts to about $6,500.00.
 - 第38巻 p.542 -ページ画像 
  I am sending to each one of your subscribers at home a separate receipt for their subscriptions and want to especially thank you and Mr. Fujiyama for your very successful efforts in raising this fund in Japan.
  I also want to thank you personally for the historical booklet regarding the Daiichiginko Bank and congratulate you on having started such successful enterprise which must be a great graitfication to you at this time.
  I also received, a few days ago, a very beautifully gotten up record of the annual meeting of the London-Japan Society, which is wonderful history of work done that far away from home, and makes us here in America feel that we have not quite kept up to date.
  Thanking you again for your efforts in behalf of the Judge Burke Memorial Committee, I am
             Very sincerely yours,
                     (Signed)
                    J. D. LOWMAN
                     CHAIRMAN
JDL/HJ
(右訳文)
                     (栄一鉛筆)
                     五月廿五日一覧
                     (五月十七日入手)
 東京市、日米関係委員会
  子爵 渋沢栄一閣下
           沙市、一九二七年二月二日
            トーマス・バーク記念委員会委員長
                ジエー・デイー・ローマン
拝啓、益御清栄之段奉大賀候、然ばジヤツヂ・バーク記念委員会に対する貴方よりの寄附金及領事館よりの追加寄附金二百弗、川村領事より拝受致候、右寄附金に当市に於ける日本友人諸氏よりの分を加へ、約金六千五百弗と相成申候、貴国の寄附者各位には夫々領収証を送附致度候間宜敷願上候、日本に於ける寄附金募集に成功せられたる御努力に対し、特に閣下並に藤山氏に厚く御礼申上候
猶ほ第一銀行五十年史を御送附被下たる事に対しても謹んで御礼申上け、併せて如此成功せる事業を御経営遊はされ候閣下に対し、祝意を表し候と共に、定而御満足の義と推察仕候
小生は数日前倫敦日本協会総会の美麗なる記念帖を入手致候、右は故国を遠く離れてなされたる驚くべき事業史に有之、且吾等米国人は之を見て時代遅れの感なきを得さる次第に御座候
擱筆するに当りジヤツヂ・バーク記念委員会を代表し、重ねて御礼申上候 敬具
  ○Lowman ハ、明治四十二年渡米実業団ノ渡米ニ際シテ、其接待委員長タリシ人ナリ。本資料第三十二巻所収「渡米実業団」ノ条参照。