デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
7款 インド詩人タゴール招待
■綱文

第38巻 p.602(DK380069k) ページ画像

大正5年8月16日(1916年)

是日栄一、インド詩人ラビンドラナート・タゴールヲ、飛鳥山邸ニ招キテ午餐会ヲ催ス。是ヨリ先七月二日、栄一、日本女子大学校主催タゴール歓迎茶話会ニ臨ミ、更ニ同十三日、帰一協会幹事トシテ横浜原富太郎邸ニタゴールヲ訪問ス。


■資料

集会日時通知表 大正五年(DK380069k-0001)
第38巻 p.602 ページ画像

集会日時通知表 大正五年         (渋沢子爵家所蔵)
七月二日  日 午後六時半 成瀬仁蔵氏ヨリ御案内(日本女子大学タゴール氏来ル)
  ○中略。
七月十三日 木 午後四時  横浜市ニタゴール氏ヲ御訪問(原富太郎氏邸)
             (成瀬・浄田両氏同伴)
  ○中略。
八月十六日 水 正午    タゴール氏午餐会(飛鳥山邸)


東京市養育院月報 第二八一号・第一頁大正一三年一二月 予とタゴール翁 子爵渋沢栄一(DK380069k-0002)
第38巻 p.602 ページ画像

東京市養育院月報 第二八一号・第一頁大正一三年一二月
   予とタゴール翁
                   子爵渋沢栄一
 タゴール翁とは八年前に来られた時、日本女子大学校長成瀬仁蔵氏の紹介で始めて会つた、其時翁は横浜の原富太郎氏の三渓園に滞在して居られたので、成瀬氏と共に御訪ねして御飯を一緒に喰べ、通訳によつて談話を交へたのであつた
○下略
  ○七月十三日タゴールト会談ノ資料ハ、本編第一部第六章学術及ビ其他ノ文化事業所収「帰一協会」大正五年七月十三日ノ条参照。