デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.183-185(DK390101k) ページ画像

大正9年1月6日(1920年)

是日栄一、アメリカ合衆国カリフォルニア州上院議員チャールズ・ビー・ビルズヲ、飛鳥山邸ニ招キテ午餐会ヲ催ス。又、三月三日、東京銀行倶楽部ニ於テ開カレタル日米関係委員会主催送別会ニモ、栄一出席シテ送別ノ辞ヲ述ブ。


■資料

渋沢栄一 日記 大正九年(DK390101k-0001)
第39巻 p.184 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正九年         (渋沢子爵家所蔵)
一月五日 晴 寒
○上略 六時三田浅野氏邸ニ抵リ、米人ビルス氏招宴ニ列席ス、種々ノ饗応且余興アリ、夜十時散会帰宅ス○下略
一月六日 晴 寒
○上略 午前十時ヨリ兼約ノ米国人ビルス氏及ニユーマン氏、沖某等ト来訪ス、蓋シ客年末ニ約セシ為メナリ、当日ハ金子・阪谷・添田・梶原・目賀田其他ノ諸氏モ来会シテ、午飧前晩香廬ニ於テ意見ヲ交換シ、午後一時食卓ヲ開キ、会食中モ種々ノ談話ヲ為シ、後又晩香廬ニテ再度ノ談話会ヲ為シ、四時過散会セリ○下略
   ○中略。
三月一日 晴 寒
○上略 六時米人ビルス氏ノ招宴ニ応シテ帝国ホテルニ抵リ、食卓上一場ノ謝詞ヲ述フ
金子・添田二氏ノ演説アリ、夜十時頃散会ス、来会者二十余名ナリ、但シビルス氏近日帰国ニ付留別ノ為メ知人ヲ饗宴シタルナリ
○下略
   ○中略。
三月三日 曇 寒
○上略 正午日米関係委員会主催ニテ、米人ビルス氏一行ヲ銀行倶楽部ニ招宴ス、同氏送別ノ宴ナリ、食卓上一場ノ送別辞ヲ述ブ、阪谷氏モ一場ノ演説アリ午後三時散会○下略

集会日時通知表 大正九年(DK390101k-0002)
第39巻 p.184 ページ画像

集会日時通知表 大正九年 (渋沢子爵家所蔵)
一月五日 月 午後六時 浅野総一郎氏ヨリ御案内(田町同邸)
一月六日 火 午前十時 セネター、ビル氏招待午餐会(飛鳥山邸)
   ○中略。
三月一日 日 午後七時 ビルス氏ヨリ御案内(ホテル)
三月三日 水 正午 日米関係委員会(銀行クラブ)


(増田明六) 日記 大正九年(DK390101k-0003)
第39巻 p.184 ページ画像

(増田明六)日記 大正九年        (増田正純氏所蔵)
六日○一月火 曇
○上略 正午ニ桑港ヨリ来リシビル氏ヲ午餐会ニ招キ○下略


(阪谷芳郎)日米関係委員会日記 大正九年(DK390101k-0004)
第39巻 p.184 ページ画像

(阪谷芳郎)日米関係委員会日記 大正九年
                     (阪谷子爵家所蔵)
 ○九、三、一 ホテルニテビル氏一行(ニユーマン沖)帰米ニ付留別、ビル氏・渋沢男・金子子・添田氏演説ス、日米親交ヲ約シ排日ノ挙ナキヲ望ムニ一致ス、外、余・佐々木・土方・串田・神谷○忠雄 加藤(辰弥)・小野・小畑其他(岩崎清七・浅野総一郎・近藤廉平)
 ○九、三、三 銀行クラブ午餐、ビル氏一行送別、余演説(原首相ノ日米親交説及公正会ニテ余ノ話シタルコト二件)○下略
 - 第39巻 p.185 -ページ画像 


竜門雑誌 第三八二号・第四〇頁大正九年三月 ○ビルス氏送別会(DK390101k-0005)
第39巻 p.185 ページ画像

竜門雑誌 第三八二号・第四〇頁大正九年三月
○ビルス氏送別会 米国前加州上院議員セネター、ビルス氏は日米親善に資する為め、加州に日米共同の銀行及缶詰製造会社創立するの目的を以て旧臘来朝し、爾来青淵先生・目賀田男爵・阪谷男爵、其他京浜地方の重なる実業家と協議を進めつゝありしが、今回其要務を了へ帰国の途に上ることゝなりしを以て、日米関係委員会主催の下に同氏一行の送別会を催す事となり、三月三日正午東京銀行集会所に於て午餐会を開き、席上青淵先生の送別辞、ビルス氏の答辞に次ぎ、阪谷男爵亦一場の演説を試みられ、一同和楽の裡に散会せりと云ふ。
   ○尚本編第二部第三章商工業所収「日米缶詰工業株式会社」ノ条参照。