デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.303-304(DK390179k) ページ画像

大正14年2月24日(1925年)

是日栄一、アメリカ合衆国法律家モーリス・ハドレート飛鳥山邸ニ於テ会見ス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正一四年(DK390179k-0001)
第39巻 p.304 ページ画像

渋沢栄一日記 大正一四年        (渋沢子爵家所蔵)
二月二十四日 半晴 軽寒
○上略 午前十時小畑久五郎氏来ル、後、米人ハドレー氏来訪ス、氏ハエリオツト氏ノ紹介状ヲ持参セルナリ、ハドレー氏ハ米国資本団ヨリ我邦ノ電力会社ニ対シ、社債ノ応募ノ事ヲ以テ来レル法律家ノ由ニテ、会見後其顛末ヲ話ス、且日米両国々交ニ付テモ種々談話アリテ、十一時過辞去ス○下略


集会日時通知表 大正一四年(DK390179k-0002)
第39巻 p.304 ページ画像

集会日時通知表 大正一四年       (渋沢子爵家所蔵)
二月二十四日 火 午前十時 米国法律家モーリス・ハツドレー氏来約(飛鳥山)


渋沢栄一書翰 控 ハワード・エリオット宛大正一四年二月二八日(DK390179k-0003)
第39巻 p.304 ページ画像

渋沢栄一書翰 控 ハワード・エリオット宛大正一四年二月二八日
                    (渋沢子爵家所蔵)
    案
 紐育市ナツソウ街三四
  ハーワード・エリオット殿      東京
                      渋沢栄一
拝復、益御清適奉賀候、然ば一月十三日付を以て友人モーリス・ハドレー氏を御紹介被下候御書面は、同氏当市着後老生まで郵送有之拝誦仕候、後、本月二十四日拙邸に於て会見種々懇談仕候、同氏はエール大学前学長ハドレー博士の令息なる由にて、老生も往年同大学及ニユーヘブン市を訪問せし懐旧談に耽りし次第に御座候、今回ハドレー氏の来訪に接して貴台の御近況を承り、明治四十二年渡米の際御鄭重なる御款待を蒙りたる当時の光景など回想して、感謝の意を新に致候
終りに今回貴兄の御紹介に依り有益なる一友人を得たるを、深く喜居候事を申述へ擱筆仕候 敬具
   ○右英文書翰ハ大正十四年二月二十八日付ニテ発送セラレタリ。