デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.309-311(DK390182k) ページ画像

大正14年7月7日(1925年)

是日栄一、アメリカ合衆国リヴァーサイドノ親日家、フランク・エー・ミラー夫妻ヲ、飛島山邸ニ招キテ午餐会ヲ催ス。


■資料

招客書類(二) 【大正十四年七月七日正午、於飛鳥山邸 ミラー氏招待午餐会】(DK390182k-0001)
第39巻 p.309 ページ画像

招客書類(二)             (渋沢子爵家所蔵)
 大正十四年七月七日正午、於飛鳥山邸
  ミラー氏招待午餐会
                 (太丸ハ朱書)
                  ○フランク・ミラー
                   ○同夫人
                   ○ミセス・リチヤドソン
                   ○山口幸子
                   ○大山卯次郎
                   ○同夫人
                   ○阪谷芳郎
                   ○添田寿一
                   ○堀越善重郎
                   ○同夫人
                   ○渋沢美枝子
                   ○渋沢鄰子
                   ○渋沢子爵
                   ○小畑久五郎
          以上拾四人
            内 出席 全員人
              欠席 ―人
 一、料理 帝国ホテル


(フランク・エー・ミラー)書翰 渋沢栄一宛一九二五年七月二三日(DK390182k-0002)
第39巻 p.309-310 ページ画像

(フランク・エー・ミラー)書翰 渋沢栄一宛一九二五年七月二三日
                    (渋沢子爵家所蔵)
              THE
            FUJIYA HOTEL
          NATURAL HOT SPRING
            MIYANOSHITA,
             JAPAN.
                     July 23, 1925
Viscount Shibusawa,
  Tokyo.
My dear Viscount :
  As a token of my deep appreciation of your great kindness
 - 第39巻 p.310 -ページ画像 
to my sister, my wife and my self, I am sending you by parcels post a set of the books, "The Days of a Man" by our mutual friend Dr. David Starr Jordan, which he autographed for me. Also my wife and sister are sending at the same time a box of candied grapefruit peel made in @our Mission Inn ktichen, for your wife.
  It was a great privilege and pleasure to us to be entertained by you in your beautiful home and my wife and sister join with me in grateful appreciation and in best wishes to you and your wife.
           Sincerely yours,
              (Signed) Frank A. Miller


渋沢栄一書翰 控 フランク・エー・ミラー宛大正一四年八月一四日(DK390182k-0003)
第39巻 p.310 ページ画像

渋沢栄一書翰 控 フランク・エー・ミラー宛大正一四年八月一四日
                   (渋沢子爵家所蔵)
    案
 箱根宮ノ下 白石
  フランク・エー・ミラー殿
   大正十四年八月十四日 東京 渋沢栄一
拝復、七月二十三日附尊翰難有拝誦仕候、然ば先般御在京中拙宅に御招待申上候に対し、特に御丁寧なる御挨拶に接し恐縮千万に御座候、其節は著者ジヨルダン博士の自署ある「或る人の生涯」と題する書籍を御恵投被下、又令閨及令妹より貴ミツシヨン・インに於て御製造のグレープフルーツ皮糖菓を荊妻に御贈与被下、共に正に拝受御厚意に対し厚く御礼申上候、右御礼迄得貴意度如此に御座候 敬具
   ○右英文書翰ハ同日付ニテ発送セラレタリ。



〔参考〕(フランク・エー・ヴァンダーリップ)書翰 渋沢栄一宛一九二六年六月七日(DK390182k-0004)
第39巻 p.310-311 ページ画像

(フランク・エー・ヴァンダーリップ)書翰 渋沢栄一宛一九二六年六月七日
                   (渋沢子爵家所蔵)
             EARTH-SKY-SEA
            PALOS VERDES RANCH
           SAN PEDRO, CALIFORNIA
                     June 7, 1926
Viscount Shibusawa
  1 Nichome Yeirakucho Kojimachiku
  Tokyo, Japan
My dear Viscount Shibusawa :
  I have taken the liberty of opening your letter addressed to Mrs. Vanderlip as she is at present in Italy with my son and daughter.
  It is a real joy to me to learn that your health is better and that you are able to continue your good works. My own health continues to improve really remarkably and I am on the whole in a better position physically than I was when I visited you in Japan.
 - 第39巻 p.311 -ページ画像 
  I recently had the pleasure of entertaining the Japanese Consul and also the pleasure of speaking at a dinner given him by Mr. Miller of Riverside.
  We are building a home here in California and shall feel nearer to Japan because we are on the shores of the Pacific.
  I am sending your letter on to Mrs. Vanderlip for I know she will be very glad to read what you so generously say in regard to her work.
           Very sincerely yours,
             (Signed) F. A. Vanderlip
FAV:C



〔参考〕渋沢栄一書翰 控 フランク・エー・ヴァンダーリップ宛大正一五年八月一九日(DK390182k-0005)
第39巻 p.311 ページ画像

渋沢栄一書翰 控 フランク・エー・ヴァンダーリップ宛大正一五年八月一九日
                   (渋沢子爵家所蔵)
         (栄一鉛筆)
         十五年八月四日伊香保宿舎ニテ一覧
         本案ノ通リ早々発状可成事
         但先頃ロスアンゼルスニ於テ開催スル外国研究会ノ事ニ付発セル書状ノ事モ此序ニ申添ヘ度候事
    (案)
 サンペドロ
  フランク・エー・ヴアンダーリツプ殿
   大正十五年八月十九日      東京 渋沢栄一
拝復、六月七日附貴書正に落手難有拝見致候、然ば令夫人宛の拙書御不在中の為め尊台に於て御開封被下候義拝承尊台にも御覧被下候義却て仕合と存候、又御自署の尊書久し振りに拝受致候義は真に喜ばしく候、然も御宿痾全癒せるのみならず先年日本へ御来遊の当時よりも一層御壮健となられ最近日本領事を招待せられ、又ミラー氏の招待宴にも御臨席の上演説せられ候由を承り欣快至極に御座候、思掛けなき好信に夢かとばかり喜び居候、尊示の如く老生も健康恢復致、依旧精励罷在候間乍憚御省念被下度候、終に尊台令夫人並に御家族の益御健康に益御繁栄の程祈上候、愉快不禁不取敢一書得貴度如此御座候 敬具
   ○右英文書翰ハ同日付ニテ発送セラレタリ。
   ○ロス・アンジェルスノ外国関係研究会ニ就イテハ、本資料第三十四巻所収「日米関係委員会」大正十五年六月二十三日ノ条参照。
   ○大正十四年七月九日、日米関係委員会主催ミラー歓迎午餐会開カル。本資料第三十四巻所収「日米関係委員会」同日ノ条参照。