デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.352-354(DK390199k) ページ画像

大正15年4月16日(1926年)

是日栄一、アメリカ合衆国スパイヤ商会ノリチャード・シュスタート、飛鳥山邸ニ於テ会見ス。


■資料

(ヘンリー・ダブリュー・タフト)書翰 渋沢栄一宛一九二五年一月一四日(DK390199k-0001)
第39巻 p.352-353 ページ画像

(ヘンリー・ダブリュー・タフト)書翰 渋沢栄一宛一九二五年一月一四日
                     (渋沢子爵家所蔵)
Cadwalader, Wickersham & Taft
                        40 Wall Street
                         New York
                    October 14, 1925
 - 第39巻 p.353 -ページ画像 
Viscount E. Shibusawa
  Tokyo, Japan
My dear Viscount:
  This will serve to introduce to you Mr. Richard Schuster, a member of the important international banking house of Speyer & Co., who is about to make a visit to Japan. I am very glad to have the opportunity of bringing him and you together. I am sure that the acquaintance will be agreeable to you, and I know that it will be both agreeable and instructive to him. Anything that you can do for him while he is in Japan will be very much appreciated by me.
          With kind regards, I am
               Very sincerely yours,
              (Signed) Henry W. Taft
HWT-cpr
(右訳文)
       (別筆)
       四月十六日午後三時半王子邸に於て御会見
       (栄一鉛筆)
       十五年四月廿八日一覧
       相当之回答状相発し申度候事
 東京市               (四月十四日入手)
  子爵渋沢栄一閣下
            紐育、一九二五年十月十四日
               ヘンリー・ダブルユー・タフト
拝啓、有力なる国際銀行業者スパイヤ商会の一員リチヤード・シユスター氏、今回日本へ旅行被為致候に付御紹介申上候、御引見被下候はば欣幸に存候、同氏と御知合となられ候事は閣下の愉快とせらるべきのみならず、同氏としても幸甚且つ教訓多き事と存じ申候
同氏の日本滞在中何なりと御援助御与へ被下候はヾ難有存じ奉り候
                                      敬具


渋沢栄一書翰 控 ヘンリー・ダブルュー・タフト宛大正一五年七月二〇日(DK390199k-0002)
第39巻 p.353-354 ページ画像

渋沢栄一書翰 控 ヘンリー・ダブルュー・タフト宛大正一五年七月二〇日
                   (渋沢子爵家所蔵)
                (栄一鉛筆)
                十五年七月九日一覧
    案
 紐育市ウオール街二三
  ヘンリー・ダブルユー・タフト殿
                   東京 渋沢栄一
拝復、益々御清適奉賀候、然ば昨年十月十四日付尊翰を以て御紹介被下候リチヤード・シユスター氏は、過般来遊せられ候処、本邦滞在期間如何にも短少なりし為め緩々御待遇申上くるを得ず、四月十六日飛鳥山拙宅に於て御談話致候のみに終り候、折角の御紹介に対し失礼の段何卒御諒恕被下度候
同氏は今回の旅行に大なる興味を感ぜられ候由にて、遠からず再遊を試み度しと申居られ候間、其節は是非御歓待致度と期し居候
 - 第39巻 p.354 -ページ画像 
同氏はスパイヤ商会をして、将来日本に接近せしめ度旨申聞けられ、又貴台が廿五年の長き同商会の顧問として国際金融の為め斡旋せられ候由を談話せられ候に付、老生は同氏に対し、貴台の顧問たる会社ならば御希望を達すること容易なるべく、日本に於ては必ず歓迎することゝ存候旨回答致置候
最早同氏とは御面会せられ、老生の近況等親しく御聴取被下候義と存候処、老生近来健康旧の如く日夜社会公共の為め活動致居候間、乍他事御省念被下度候
右御挨拶旁々得貴意度如此御座候 敬具
   ○右英文書翰ハ大正十五年七月二十日付ニテ発送セラレタリ。


(小畑久五郎)書翰控 リチャード・シュスター宛一九二六年四月一五日(DK390199k-0003)
第39巻 p.354 ページ画像

(小畑久五郎)書翰控 リチャード・シュスター宛一九二六年四月一五日
                  (渋沢子爵家所蔵)
           (COPY)
                 K.Obata
                 Shibusawa Jimusho,
                 No.1, Eirakucho, Nichome,
                 Kojimachiku, Tokyo.
                  April 15, 1926
Mr. Richard Schuster,
  Imperial Hotel, Kojimachiku, Tokyo.
Dear Mr. Schuster:
  I presented the letter you brought with you to the Viscount shortly after you left our office yesterday. He said that he will be pleased to see you at his Asukayama villa tomorrow Friday the 16th at 3:30 p.m. You can easily ascertain the way to his place, enquiring at the hotel counter. I will be there at the villa, waiting for you. It takes about 25 minutes to get there by motor car.
  This morning I telephoned to the hotel, and had an opportunity to talk with a gentleman who took my words to convey to your good self. I shall phone you again to-morrow morning between 9 and 10, so that I can be quite certain as to your response which I hope will be favorable one.
           Yours very cordially,
               (Signed) K. Obata
                      Secretary