デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.364(DK390204k) ページ画像

大正15年6月3日(1926年)

是日、東京府・東京市・東京商業会議所聯合主催中華民国実業団歓迎茶会、帝国ホテルニ開カレ、栄一出席ス。


■資料

集会日時通知表 大正一五年(DK390204k-0001)
第39巻 p.364 ページ画像

集会日時通知表 大正一五年       (渋沢子爵家所蔵)
六月三日 木 午後二時半 東京市長・知事・商業会議所会頭催、中華民国実業団歓迎茶話会(帝国ホテル)


竜門雑誌 第四五四号・第一〇五頁大正一五年七月 青淵先生動静大要(DK390204k-0002)
第39巻 p.364 ページ画像

竜門雑誌 第四五四号・第一〇五頁大正一五年七月
    青淵先生動静大要
      六月中
三日 ○上略 東京府・市・商業会議所催渡日民国実業団歓迎会(帝国ホテル)


商工月報 第一巻・第三号大正一五年八月 中華民国実業団歓迎茶会(DK390204k-0003)
第39巻 p.364 ページ画像

商工月報 第一巻・第三号大正一五年八月
    中華民国実業団歓迎茶会
大正十五年六月三日、午後二時三十分帝国ホテルに於て、東京府・東京市・東京商業会議所聯合主催の下に、中華民国実業団一行の為めに歓迎茶会を開催したり、出席者は主賓団長虞洽卿氏・余日章氏・郭外峰氏・郭東泉氏以下一行一同、陪賓片岡商工大臣・汪駐日中華民国公使・四条商工次官・矢吹外務次官・木村亜細亜局長・渋沢子爵・清浦子爵・大倉男爵・浅野総一郎氏等朝野の名士並に著名の実業家、主催者側平塚東京府知事・中村東京市長・当所稲茂登・大山両副会頭・森歓迎委員長以下議員特別議員等にして、出席総数約四百名なり、午後二時三十分開会、中日国歌の奏楽、終りて先つ稲茂登副会頭より開会の辞を述へられ、平塚東京府知事及片岡商工大臣より相次きて歓迎の辞を述へられ(前者は西田公使館二等書記官、後者は速水外務省嘱託通訳)たる後、団長虞洽卿氏より之に対する謝辞を述べられ(郭東泉氏通訳)たり、右終りて稲茂登副会頭発声の下に万歳を三唱し、次ぎて虞団長発声の下に再ひ万歳を三唱し、主客一同歓談の後午後四時三十分未曾有の盛会裡に散会したり
右茶会閉会後、東京府・市・本商業会議所聯合主催にて一行を歌舞伎座に招待、観劇会を開催せり